December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

工房にて「12月展」

 

12月22日より、本年最後の展示受注会を、神戸の工房で実施いたします。

お時間ございましたら是非お立ち寄りください。

 

2018.12月展_1.タイトル.jpg

 

『 12月展 』

 

日時

2018年12月22日(土)―12月30日(日)

11:00―18:00 *25日は定休日

 

場所

こうべくつ家

神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

078−732−7740

 

いくつかのトピックに加え、

暖かなインソールやシューケア用品も多数ご用意しております。

皆様お誘い合わせの上、ご来店ください。

 

 

 

2018.12月展_3cs.jpg

□足数限定で復活です

 

馬革・コードバン層と肉の間にあるのがコードバンスプリットという革。

かたいコードバン層はあまりの硬さに白いなめし剤が入っていかず、地肌があらわになっている箇所が顔を覗かせます。

 

かたいスムース部分から徐々にスエード部分へ変化していく様はこの革ならでは。

その描かれるコントラストは無骨であり、粗であり、純朴であり、だからこそ美しいのです。

 

昨年惜しくも廃盤となった素材、コードバンスプリット。

今回、タンナーに眠っていた在庫が見つかったため、足数限定で復活します。

 

見つかった革の在庫は10枚足らず。

足数にすると数足(デザインにより変動します)しか作れません。

また、再生産の目処が立っていないため、ご注文の際はお早めに。

本受注会より先着順にてオーダー開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.12月展_5.sq画像.jpg

2018.12月展_6sq文章.jpg

 

□ブランド史上、最も華奢で、最も優美な靴の選び方

 

2018年夏、多くの期待と不安を背に受けながら、

ココチスクイル(以下スクイル)という新しいブランドが立ち上がりました。

 

何世紀も続く昔ながらのスタンダードな革靴を独自に解釈し、

マテリアル、パターンニング、コンストラクションなど、様々な要素を再構築するブランドがスクイル。

 

今までのココチサンサンサン(以下サンサンサン)とは

全くといっていいほど正反対のブランドから、今回は7センチヒールのレディスシューズがリリースとなります。

 

「Rille(リル)」と名付けられたアッパーのデザインソースとなるのはサドルシューズ。

甲の部分が馬の鞍をつけたような構造で、男性用の革靴ではしばしば見かける昔ながらのデザインとなっています。

 

この古典的なデザインを7センチヒールの女性らしい木型に乗せることで、

エレガントでありながらも、マニッシュさをブレンドさせた作品を目指しました。

 

今回作品のトピックとして面白いのは、ヒールの形状を選ぶことができること。

太くボリュームを持たせたいときはコーンヒール。

また華奢に履きこなしたいときはピンヒールといった具合に、

様々なシチュエーションやコーディネートに合わせてカスタマイズが可能です。

 

これは、サンプル製作の最中に試した数種類のヒール形状が2種類に絞られた時、

どうしてもどちらかに決めることができなかったのが始まりでした。

 

決めきれない、だったら両方使えるようにしてしまおうと、

逆転の発想でブランドが面白い方向に向かうのは、テイストは違えどもサンサンサンと同じです。

 

前作同様、新しい技術に挑戦し、知識を重ねつつ完成までこぎつけました。

通編的な美しいの探求と、独自の解釈で自身の中に生きる美しい。

 

それらを施す場所、その割り合いや量など。

いろいろな「何か」をこの1足に詰め込みました。

 

エレガントでありながらも、マニッシュさをブレンドさせた7センチヒールのリルと名付けられた靴。

ココチ史上、最も華奢で、最も優美な靴に、是非、足を通してみてください。

 

 

 

 

 

Rille (kokochi sqir)

オーダーの際、ヒールのかたちを2種類から選択。

太く安定感を持たせたいときにはコーンヒールを。

シルエットをより華奢に見せたいときにはピンヒールを。

 

アッパーやソールの色・素材も自由に選べるため、

様々なシチュエーションやコーディネートに合わせてカスタマイズが可能。

オリジナリティー溢れる1足を。

高いヒールでありながら、履いた時の安定感にも配慮。

 

価格:63000円+tax

納期:約4か月

サイズ:22.0cm-25.0cm

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

先日、ギャラリー・遊気Qでの展示が無事終了いたしました。

今回で3回目となった展示。

趣のある独特な空間に、靴たちも喜んでいるように感じました。

 

ご来場いただきました皆様、ありがとうございます。

オーダーいただきました靴は、約4ヶ月後のお渡しとなります。

手を抜かず精進いたします。

出来上がりまで今しばしお待ちくださいませ。

 

 

 

 

 

【イベントスケジュール】 

 

2018年


8月18日(土)〜8月26日(日)『 路地裏の靴作家 vol.13 』 @ 神楽坂インタレスト(東京都新宿区)終了しました

9月1日(土)〜9月17日(月・祝)『 DELSQIR 〜デルスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)終了しました

10月10日(水)〜21日(日)『 ハンドメイド靴展 』 @ カフェ&ギャラリー 温々(埼玉県さいたま市)終了しました

11月2日(金)〜11月6日(火)『 森田 と 山田 』 @ カーロアンジェロ(滋賀県彦根市)終了しました

11月29日(木)〜12月5日(水)『 ハンドメイド靴展 vol.3 』 @ 遊気Q(大阪府大阪市)終了しました

12月22日(土)〜12月30日(日)『 2019 1st season DETASQIR 〜デタスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)

 

2019年

 

1月5日(土)〜1月14日(月祝)『 kokochiよい靴音 』 @ BLUE NWON・高知県高知市

 

1月23日(水)〜1月27日(日)『 路地裏の靴作家 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

『 ハンドメイド靴展 vol.3 』@ 遊気Q・大阪

遊気Q_DM.jpg

 

2018年11月29日(木)〜12月5日(水)

『 ハンドメイド靴展 vol.3 』@ 遊気Q・大阪

 

大阪市中央区伏見町2−2−6青山ビル1F / 06-6231-7233

12時から19時まで *2日(日)は青山ビル西側出口をご利用ください。

 

 

今回で3度目となる大阪のギャラリーでのオーダー会です。

オーダーいただける日は、作家在廊日の11月29日(木)、12月5日(水)の2日間のみで、納期は約4ヶ月。

現品販売はその他日程も行なっております。

 

大正時代に建てられた、蔦の絡まる趣のあるビルでの展示です。

お時間ございましたら、是非お立ち寄りください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

【イベントスケジュール】 


8月18日(土)〜8月26日(日)『 路地裏の靴作家 vol.13 』 @ 神楽坂インタレスト(東京都新宿区)終了しました

9月1日(土)〜9月17日(月・祝)『 DELSQIR 〜デルスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)終了しました

10月10日(水)〜21日(日)『 ハンドメイド靴展 』 @ カフェ&ギャラリー 温々(埼玉県さいたま市)終了しました

11月2日(金)〜11月6日(火)『 森田 と 山田 』 @ カーロアンジェロ(滋賀県彦根市)終了しました

11月29日(木)〜12月5日(水)『 ハンドメイド靴展 vol.3 』 @ 遊気Q(大阪府大阪市)

12月22日(土)〜12月30日(日)『 2019 1st season DETASQIR 〜デタスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)

 

 

滋賀、「あの」独特の空気感

 

IMG_6384.jpg

 

少し経ってしまいましたが、滋賀カーロアンジェロでのイベントが終了しました。

ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

 

新しい企画が立ち上がり、

新しいブランド(ココチスクイル)のお披露目があり、

そして、何年か経ち成長した、お客様の靴にも会うことができました。

 

約2年ぶりに訪れた店内は、以前にも増して洗練されつつも、

やわらかな「あの」独特の空気感はそのまま。

在廊中、唯一無二の空間で楽しませていただきました。

 

賜りましたお直しは今月中、

ワークショップ企画の靴は12月初旬、

オーダーいただいたココチスクイル、サンサンサンは3月の納品となります。

 

それぞれ、お手元に届くまで、今しばらくお待ちください。

一生懸命作ります。

 

イベントの企画段階からご協力くださった多くの方々。

そしてご来店いただいた全てのお客様。

 

皆様のおかげで、とてもよいイベントとなりました。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【イベントスケジュール】 


8月18日(土)〜8月26日(日)『 路地裏の靴作家 vol.13 』 @ 神楽坂インタレスト(東京都新宿区)終了しました

9月1日(土)〜9月17日(月・祝)『 DELSQIR 〜デルスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)終了しました

10月10日(水)〜21日(日)『 ハンドメイド靴展 』 @ カフェ&ギャラリー 温々(埼玉県さいたま市)終了しました

11月2日(金)〜11月6日(火)『 森田 と 山田 』 @ カーロアンジェロ(滋賀県彦根市)終了しました

11月29日(木)〜12月5日(水)『 ハンドメイド靴展 vol.3 』 @ 遊気Q(大阪府大阪市)

12月22日(土)〜12月30日(日)『 2019 1st season DETASQIR 〜デタスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)

 

 

『 森田と山田 』滋賀カーロアンジェロにて

 

11月2日(金)より、滋賀県の取引店「カーロアンジェロ 」にて、展示受注会を開催いたします。

 

タイトルは「 森田と山田 」。

ツッコミどころ満載のタイトルですが、そこにはきちんとイベントの趣旨が記されています。

 

内容は以下。

 

 

 

森田と山田.jpg

 

2018年11月2日(金)〜11月6日(火)

『 森田と山田 』@ カーロアンジェロ・滋賀県彦根市

 

11:00〜20:00 *日曜日のみ19:00まで

 

滋賀県彦根市河原2−2−26 / 0749−20−2224

 

https://www.instagram.com/caro_angelo/

 

 

 

 

森田と山田 DM1_edited-2.jpg

【 森田が作る靴 】

 

数ある ココチサンサンサン の中からデザインを選び、

足の採寸、革の種類・色、ソールの形状・製法を自分好みにオーダーすることができます。

唯一無二な自分だけの拘りの靴を作ってみてください。

 

新たなドレスシューズブランド ココチスクイル もオーダーいただけます。

 

オーダーは靴作家・森田在廊日の11月3日(土)、4日(日)のみ賜ります。

 

 

 

 

森田と山田2 DM_edited-1.jpg

【 山田と選ぶ靴 】

 

自分好みの色・パーツを選び、その場で革を裁断。

シンプルにも、左右非対称にも、自由自在に。

 

自分だけの1足を作るための一部工程を、ご自身で行うことができます。

選んだパーツは工房へ送り、プロが組み立て。

約1月後に納品いたします。

 

サイズ:22.5cm~28.5cmで1センチ刻み。

工程:アッパー、ライニング、アウトソール、ゴム底、前貼り、靴紐の色選択、カット、染めなど。

製作時間:1時間30分〜2時間ほど

 

この服にこんな靴。

あの場所にこんな靴を履いていきたい、なんて考える時間が楽しい。

スタッフ山田がご提案させていただきます。

 

 

 

 

森田と山田裏.jpg

 

 

花と、洋服と、雑貨とアート。

古い町家を改装して作られた、とても魅力的なお店です。

心地よい空間をお楽しみください。

 

また、以前にオーダーいただいておりますお客様へ。

久々に彦根にお伺いいたします。

再開、楽しみにしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【イベントスケジュール】 


8月18日(土)〜8月26日(日)『 路地裏の靴作家 vol.13 』 @ 神楽坂インタレスト(東京都新宿区)終了しました

9月1日(土)〜9月17日(月・祝)『 DELSQIR 〜デルスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)終了しました

10月10日(水)〜21日(日)『 ハンドメイド靴展 』 @ カフェ&ギャラリー 温々(埼玉県さいたま市)終了しました

11月2日(金)〜11月6日(火)『 森田 と 山田 』 @ カーロアンジェロ(滋賀県彦根市)

11月29日(木)〜12月5日(水)『 ハンドメイド靴展 』 @ 遊気Q(大阪府大阪市)

12月22日(土)〜12月30日(日)『 2019 1st season DETASQIR 〜デタスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)

 

 

 

ありそうでなかった、ぽってりとしたタッセルローファー 〜こうべくつ家の靴教室〜

IMG_6188.jpg

 

右足一つに左足2つ。。。

どうして?

 

紐靴でなく、履き口の浅い靴の場合、

サイズを間違えれば、踵が浮いたり、足が入らなかったりと、

フィッティングに何かと支障が出てきます。

 

なので、片足を練習も兼ねてまず作る。

そうしてサイズ感を確かめてから、今回は本製作に入りました。

 

1足いきなり作るより、それはそれは時間がかかりますが、

そこは修行だと思って辛抱しつつ、出来上がったのが、グレースエードのタッセルローファー。

 

 

 

 

IMG_6191.jpg

 

テーマは

「ありそうでなかった、ぽってりとしたタッセルローファー」

 

今回のように、巷に売ってない靴を作るというのは、教えている方としてもとても楽しいです。

他の生徒さんの「ありそうでなかったシリーズ」も乞うご期待。

 

S氏、ひとまずは完成おめでとう!

自作の靴、いろんな場所へ連れて行ってあげてください。

 

 

 

 

12月の教室スケジュールを更新いたしました。

靴作りに興味のある方も、こちらから詳細ご覧いただけます。

 

http://www.kutsuya-koubou.com/index.html#workshop

よろしくお願いいたします。

 

12345>|next>>
pagetop