July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

KUDUレザーを使用した、モデファイド・ラストのMUKU

今までより横幅が狭く、甲の低い MUKU の木型を作りました。

その木型に「モデファイド・ラスト」と名前をつけました。

 

そのモデファイド・ラストに、新しく加わった期間限定のマテリアル、KUDU(クーズー)レザーを乗せて、

華奢な足の方でも踵の抜けにくい MUKU を作りました。

 

詳しくは、本記事の後半で。

先に出来上がった靴たちをご覧ください。

 

 

 

 

 

KUDUレザーの「 ガウチョ 」というかカラーを使用。

この色が一番  KUDU らしく、表皮の無数の傷が目立ちます。

 

 

 

 

 

こちらはオータムスパイスという色目。

プルアップレザーとなっており、革のつっぱった箇所は薄くなり、立体感のある表情となります。

 

先述のガウチョほど目立ちませんが、表皮の傷も見受けられます。

非常にオイリーで、肉厚で、しかしながらソフトな質感をしていて、傷だらけという、絶妙なマテリアルとなっています。

 

 

 

 

 

実はこちら、先ほどのオータムスパイスの裏のスエード面を使用したもの。

面の傷だらけの表情とは裏腹に、非常に美しく繊細な表情をしております。

 

MUKU は1枚の革で仕立てられていますが、他デザインで使用する際に、表と裏のコンビにされても面白いのでは?

*KUDUレザーは期間限定で2020年の1月末までご使用いただける革となります。

 

 

 

 

 

こちらは KUDUレザーのブルー・ヌバックです。

 

表皮を毛羽立たせたヌバックといえども、小傷は多くあり、

その美しい毛並みと対照的な傷とのコントラストが、他にはない美しさの要因となっています。 

 

 

 

 

 

 

そしてグレー・ヌバック。

こちらも毛並みが美しく、素朴でありながら、小傷の独特な入り方が特徴的です。

ありそうでない、KUDUならではの素材感がたまりません。

 

 

 

 

 

KUDUレザーの展開は全7色。

スエード面も使えますので、トータル12色となります。

詳しくは追って記事アップいたします。

 

 

 

 

 

 

〈 木型について 〉

今までの MUKU は横幅が広く、しかも紐靴ではないので、

華奢な足の方は新品の状態で踵が浮き、購入を断念した方も多くおられました。

 

ですが今回、モデファイド・ラストができたことで、

華奢な足の方にも、ジャストサイズで MUKU を履いていただけるようになりました。

 

「木型を華奢にすれば、見た目も華奢になるのでは?」

そんな質問も飛んできそうですが、ご心配なく。

 

MUKU の独特な製法のおかげで、華奢な木型を使っても、

従来の MUKU とボリュームはほとんど変わりません。

 

この製法に関しては、今、動画を撮影・編集中ですので、

それを観ていただくと、理解していただけると思います。

 

また、デザインの見た目がほぼ同じで、

木型が2種類(今までのと、今回の)になったということは、

サイズのバリエーションが今までの倍になったということになります。

 

22cm~28cmで13サイズ。

その倍なので26サイズ。

 

例えば23センチの足の方のオーダーサイズは、

モデファイド・ラストの23センチ or 通常の木型の23センチ or 通常の木型の22.5センチのいずれか、

で決めることができるようになるので、よりジャストフィットしたサイズ選びが可能となりました。

 

「 MUKU for everyone(皆のためのMUKU)」が、今回の企画のテーマです。

 

8月17日からは、東京・神楽坂インタレスト、

9月14日からは、神戸の工房にて(他店舗は以降順次)受注会が開催されます。

 

より多くの方々に MUKU の快適な履き心地を体験していただければ幸いです。

 

なお、KUDUレザーについて詳しくは、

追ってブログにてアップいたしますので、こちらもご期待ください。

 

 

 

 

 

追伸

モデファイド・ラスト製作にあたり、

何度も何度もフィッティングに付き合ってくださった

インタレストおよび同点のお客様へ。

 

皆様のおかげで、とてもよい木型が完成いたしました。

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

【 イベントスケジュール 】

8月17日(土)〜8月25日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.15 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

9月14日(土)〜9月23日(月祝) 『 2019年9月展 〜マテリアルズ〜 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

 

華奢な足の方にも・・・Muku For Everyone

 

 

『 Muku For Everyone 』 という企画が始まります。

ぽってりとした木型を使用して作られる MUKU という靴。

 

横幅が広く、ひも履ではないため、足幅が狭く、

甲の薄い方には良いフィッティングが得られず、オーダーいただけないケースが多くありました。

 

そこで今回、本企画が立ち上がりました。

 

今までMUKU で使用していた木型の、甲や横幅などのサイズを調整し、

華奢な足の方々にも履いていただけるようになりました。

 

今はその木型に KUDU(クーズー)という革で作ったアッパーを乗せ、サンプルを製作中です。

リリースは8月の東京・神楽坂インタレストにて行われる展示受注会より。

 

詳細は追ってご報告いたします。

ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 イベントスケジュール 】

8月17日(土)〜8月25日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.15 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

9月14日(土)〜9月23日(月祝) 『 2019年9月展 〜マテリアルズ〜 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸市

山口県の取り扱い店舗

 

山口のみなさまー、お取引が始まりました。
kokochi sun3 見がてら、是非お立ち寄りください。

 

先日僕(森田)もお邪魔してきましたが、
雑味がなく、それでいて洒落がきいている素敵なお店でした。

 

詳しくは以下、「TAGAI YO! 品店」リンクにて。

よろしくお願いいたします。

https://tagaiyohinten.wordpress.com/…/kokochi-sun3-muku-%E…/

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントスケジュール

 

1月7日(土)〜1月15日(日) 『 kokochiよい靴音 vol.4 』 @ BLUE NEON

 

1月25日(水)〜1月29日(日) 『 路地裏の靴作家 SP(仮) 』@ 神楽坂インタレスト・東京

 

2月11日(土)〜2月28日(火) 『 初めまして北九州! (仮)』@ sanbi・福岡県北九州市

 

3月27日(月)〜4月1日(土) 『 2回目の受注会(仮) 』 @ ブティックプチ・兵庫県川西市

 

4月8日(土)〜4月16日(日) 『 路地裏の靴作家vol.10 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

4月29日(土)〜5月14日(日) 『 周年祭・11歳 』 @ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

5月17日(水)〜5月22日(月) 『 日本のものあわせ 』 @ 札幌大丸

 

5月27日(土)〜5月28日(日) 『 クラフトフェアまつもと 』 @ あがたの森公園・長野県松本市

 

*ベントは仮確定であり、日程等予告なく変更する場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kutsuya.koubou/

 

 

白のディアスキンを使って作られた革靴

 

IMG_3129.jpg

IMG_3130.jpg

IMG_3131.jpg

 

kokochi sun3 / MUKU 』42000円〜

 

ここ最近人気なのがディアスキン(鹿革)の白。

 

新作のトレッキングブーツを作って以来、

オーダーいただく数がぐっと増えてきました。

 

画像はそのディアスキンを仕様して作られた MUKU

革本来の質感と相まって、とても優しい印象となりました。

 

こちらの靴は、

名古屋のkarisome さんへ納品させていただいており、

店頭に並んでおりますので、お近くの方は是非履きに。

 

そして、

神戸の直営店でも見ていただけるように、製作してまいりますので、

出来上がりを、楽しみにお待ちください。

 

あと、

「白は汚れるんじゃないの?」

というご質問を多くいただきますが、やっぱり汚れます。

 

白のままをできるだけキープするのであれば

こんなのを使用するのも手です。

 

そしてもう一つは、

タンニンや染料で染めて見るのもありかもしれません。

これ、意外と楽しいですよ。

 

また実験して、ご報告しますー。

森田でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報

10月29日(土)〜11月5日(土) 『 kokochi sun3 受注会 』@ ブティックプチ・兵庫 川西

 

11月11日(金)〜11月20日(日) 『 お久しぶり京都(仮) 』@ Mustard・京都

 

2117年1月7日(土)〜1月15日(日) 『 kokochiよい靴音 vol.4 』 @ BLUE NEON

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kutsuya.koubou/

MUKUっています

 

ここ最近 MUKU っています。

画像はオーダーをいただいたお客様の MUKU 。

 

グリーンのディアスキンのアッパーは柔らかく、

1枚革で仕立てられる MUKU では、それが顕著に出ますので、

とても人気があります。

 

取りに来られたお客様の、

その日のコーディネイトもバッチリでした。

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは

神奈川県のセレクトショップ「gigi’s」へ旅立って行きました。

 

たくさん履いてください。

そしてリペアの際はいつでもお声がけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ工房には、

し掛りの MUKU が数足。

 

こちらは名古屋の新しい取引店舗さん用に。

8月上旬には納品できると思いますので、今しばしお待ちくださいー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、そんなこんな。

ここ最近、工房はなんだか MUKU っています。

 

自分で作っててなんですが、

コンフォータブルでいい靴なんです。

 

脱ぎ履きも楽チンなので、

玄関先にあればこればっかり履いてしまいます。

 

それくらい良い靴なので、

是非是非、一度、

履きに来てみてください。

 

と、最近 MUKU っている工房から、

森田がお送りいたしました〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細は画像をクリック!

只今シューケア・リペアフェア期間中で、

 

他ブランドの革製品も修理・カスタムさせていただいております。

 

お気軽に、お持ち込み、お問い合わせください。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報

7月16日(土)〜8月14日(日)『 革にまつわるエトセトラ 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸

 

8月6日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ エトワスペース・兵庫県姫路

 

8月7日(日)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ カーロアンジェロ・滋賀県彦根

 

8月20日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ グリーンヒル・奈良県生駒

 

8月27日(土)〜 9月4日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.9 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿

 

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫神戸

 









こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

イレギュラー、つま先にペイントを施したレザーシューズ

 

森田、ただいま新作を作っております。

 

新作を作るというのは、

お客様から頂いたオーダーの靴を作るのとはちょっと違っていて、

脳の使う場所が違うというかなんというか。。。

 

新作の出るのは半年に1回。

その時にしか使わない脳のスイッチをオンにすると、たまに使い方を間違えます。

こんな風に。

 

・創作に没頭する自分 → 「お〜、こんなん面白いんちゃうん〜」

・もう一人の自分がツッコミを入れる → 「おいおい、作る靴それちゃうぞー。もどってこーい!」

 

と、一人でノリツッコミをよろしくやりながら、こんなの出来ました。

オンラインショップにものっけましたので、どうぞご覧ください〜

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細は画像をクリック!

只今シューケア・リペアフェア期間中で、

 

他ブランドの革製品も修理・カスタムさせていただいております。

 

お気軽に、お持ち込み、お問い合わせください。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報

7月16日(土)〜8月14日(日)『 革にまつわるエトセトラ 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸

 

8月6日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ エトワスペース・兵庫県姫路

 

8月7日(日)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ カーロアンジェロ・滋賀県彦根

 

8月20日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ グリーンヒル・奈良県生駒

 

8月27日(土)〜 9月4日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.9 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿

 

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫神戸

 









こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

kokochi sun3 ってそんなブランドです

IMG_2508.jpg

画像は MUKU という、アッパーが1枚で作られた靴。
風変わりな生地を革にボンディングして作りました。

生地のグラデーションをうまく使いましたね、オーナーさん。
革ではなかなか表現しきれない顔になりました。





IMG_2510.jpg

生地なので、たくさん履いたら穴が開きますがご心配なく。
空いた穴からヌメ革が顔を覗かせます。

次第にそれが飴色に変化してきて・・・
その頃には生地もくたびれてきて・・・





IMG_2511.jpg

長く履きたい。
履いてくださる方々がそう思ってもらえるような細工を
これからもたくさん考えていこうと思います。




IMG_2513 (1).jpg

kokochi sun3 ってそんなブランドです。
楽しみながら頑張ります。




*画像の生地で作られた靴は限定品であり、
 現在オーダーは受け付けておりません。










こうべくつ家

所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

足元はもう夏


IMG_2403.jpg
IMG_2394.jpg
IMG_2393.jpg
 
周年祭にご来店いただいたお客様の靴たちが、そろそろ夏仕様。
ギャートルサンダルに、素足でMUKU 。
履きこなしも経年変化も素敵でした。
 
ご来店ありがとうございました。
周年祭は本日まで。
皆様、ご来店お待ちしておりますー









5月22日までイベントです。ぜひお立ち寄りください



『 周年祭 〜10年目にして0歳になりまし展〜 』@ こうべくつ家
 

2016年4月29日(金)〜5月22日(日)
11:00 – 20:00 木曜定休 *5月5日は営業

神戸市須磨区須磨浦通5-5-24 / 078-732-7740
www:kutsuya-koubou.com / mail@kutsuya-koubou.com

イベント詳細:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2094








リンク

・  kokochi sun3オンラインショップ → http://kokochi333.fashionstore.jp/

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740
 

作った本人が何色かわからなかったエイジングのすすんだ靴

IMG_2305.jpg

先日ご来店頂いたお客様の MUKU 。
 
これ、何色ですか?
見た瞬間、作った僕が聞いてしまったほど色が変化していました。
 
元の革はディアスキン(鹿革)のブラウンで、
お手入れにミンクオイルを使っているよう。
 
通常、鹿革のふわふわした特性を保つのなら
ミンクオイルはタブーなんです。
 
何故なら、柔らかい繊維の中に
粘度のある動物性の油分が浸透して、
ふわふわではなくなってしまうから。
 
ただ、お客様の目指す経年変化はこれ(画像↓↓↓)だったりするので、
ありっちゃありなケアなのかなと思います。









IMG_2301.jpg

お客様が MUKU を
気に入ってくださったきっかけが右の MUKU です。

これはミュージシャン・丸山茂樹氏が所有するもので、
偶然にもリペアに持ち込まれていたもの。

履きすぎて原型をとどめていないのですが、
とてもかっこいいです。

そして左がお客様の MUKU 。

丸山くんの靴とまではいきませんが、
相当エイジングがかってきていて、こちらもとてもかっこいいです。

中央にあるのができたての MUKU ですから、
作った本人が何色かわからなかったというのもお分かりいただけるのではないでしょうか。










 
この度、須磨の直営店にご来店くださったお客様は、
福岡でジュエリーを手作りしておられる宮田さん。
 
数年前に通販でオーダーをくださって、
大切に、がんがん履いてくださっていました。
 
そして、
いつかお会いしたいなと思っていたので、
ご来店頂いて、とても嬉しかったです。
 
宮田さん、
成長したいい靴を見させていただきました。
本当にありがとうございました!
 
 
【 宮田さんのお店兼アトリエ 】
Shirokuma :http://www.shirokuma.asia









5月22日までイベントです。ぜひお立ち寄りください



『 周年祭 〜10年目にして0歳になりまし展〜 』@ こうべくつ家
 

2016年4月29日(金)〜5月22日(日)
11:00 – 20:00 木曜定休 *5月5日は営業

神戸市須磨区須磨浦通5-5-24 / 078-732-7740
www:kutsuya-koubou.com / mail@kutsuya-koubou.com

イベント詳細:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2094








リンク

・  kokochi sun3オンラインショップ → http://kokochi333.fashionstore.jp/

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

命を大切に繋いでいきますという意味で 「いただきます」という言葉が食卓で使われるように

IMG_1603.jpg

昨年11月に行われたイベントでオーダーいただいた靴が上がってきました。
画像は MUKU という靴を藍で染めた逸品です。
 

染める前の革はヌメ色のヌバック。
それを藍で染め、
その後工房にて加工を施しました。

 

藍の純粋な色を出すため、
比較的淡いヌメ色の革を使用。



そしてより革の奥まで染まっていくようにと、
表革をかすかに毛羽立たせたヌバックを選びました。

 

靴として出来上がったそれは、
藍染職人さんのもとへ送られ、
深い青になります。

 

そこではアクで革の中の不純物を取り除き、
染めを何度も何度も繰り返します。



そうすることによって藍は革の上に膜を作り、
次第に濃く深い青の色に染まっていきます。

 

膜、すなわちレイヤーで出来上がった藍の層は
非常に美しい青となりますが、
代わりに革の中の油分は抜けてしまいます。



そこで、
染めあがった靴は
濡れたまま僕たちの工房へ戻ってきます。

 

戻ってきた靴は
乾燥して縮んでしまわないように、
木型を入れ直し数日間乾燥させます。



そしてある程度乾燥したら、
きちんと革として機能するしなやかさにするために
革に油分を入れてやります。

 

はじめは粘度のない油から始め、
徐々に粘度を上げ、
数日間かけ、より奥まで油分を浸透させます。
 

様々な工程を経て完成した靴は、
手間隙がかかっているため、それなりに高くなってしまいます。



ですがその工程ひとつひとつには意味があり、
どれも省くことはできません。

 

ヌメ色の革を使う理由も・・・
染まった靴を濡れた状態で返してもらう理由も・・・
ゆっくり何日もかけて油を染みこませていく理由も・・・


全ては長く、
かっこよく履いていくためのものです。

 

kokochi sun3 の靴は、
使い込んで、
育っていき、
リペアをしながら長く履ける靴です。



僕たちは
「使えなくなったら捨てる靴」を
作るつもりは微塵もありません。

 

生ある動物が人間の食料となるため屠殺され、
その副産物として剥いだ皮を僕たちは使っています。



皮が革となる過程には多くの人々の手が加わっていて、
放っておいたら死んでしまう皮の命を繋いでいます。



それを僕たちが靴にして、皆さんにお届けしています。
 




IMG_1607.jpg 
 
命を大切に繋いでいきますという意味で、
「いただきます」という言葉が食卓で使われるように、
 

革を扱う者として、
それと同じような気持ちで、靴を繋げていこう・・・
 

と、ふと考えてみる
とある靴職人の戯れ言でした。

 


(写真と文:森田) 









只今開催中の直営店イベント

セール2016冬web.jpg

2016年2月5日(金)〜3月6日(日)
『 sale! 』 @ kokochi sun
 直営店・神戸
 
店頭出し試着用サンプルとして1年以上経ち、革の色味が変化してしまった靴や試作サンプルなどが対象となるセールを開催いたします。

期間は2月5日(金)から3月6日(日)まで。

皆様、お誘い合わせの上お気軽にご来店下さい。
 

kokochi sun3直営店 
10:00 - 20:00 木曜定休
神戸市須磨区須磨浦通5−5−24−1F <map>
078-732-7740
mail@kutsuya-koubou.com




kokochi sun3 イベントスケジュール


2月5日(金)〜3月6日(日) 『 sale! 』 @ kokochi sun3直営店・兵庫

2月27日(水)〜3月7日(月) 『 ココチとミスミくつ展 』 @ misumi・長野

3月12日(土)〜3月27日(日) 『 新作受注会 』 @  kokochi sun
3直営店・兵庫

4月1日(金)〜4月12日(火) 『 マイウェイ2 』@ Caro Angelo・滋賀

4月6日(水)〜4月12日(火) 『 日本のものあわせ 』 @  大丸梅田店・大阪

4月29日(金)〜5月22日(日) 『 周年祭 〜10年目なんてほぼ奇跡(仮)〜 』 @ kokochi sun
3直営店

5月28日(土)〜6月19日(日) 『 シュールケアリズム vol.3 』 @ kokochi sun
3直営店
 

*各イベント詳細につきましては kokochi sun3 ホームページにて。または各会場へお問い合わせください。
*イベント名及び日程は予告なく変更する場合がございます。
*直営店の営業日は上記の直営店イベントのみとなります。

 
1234>|next>>
pagetop