August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

テーマは「ラピュタの巨神兵」だったりする靴

柿渋で染め、オイルを塗り込んで完成した靴(画像)。

これに何かしらの変化を加えられないだろうか。

 

と、

とあるお客さんと一緒に考えてたのが数ヶ月前。

 

あの時は、数種類の革を掌ほどの大きさに切って、

その場で染めながら、あーでもないこーでもないとやりながらでした。

 

そして最終的に決まった、

とても興味深いマテリアルで作られたサーカス。

 

テーマはズバリ「ラピュタの巨神兵」。

 

 

 

 

 

『 kokochi sun3 / CIRCUS 』 64000yen~

 

使用されたマテリアルは真っ白な革。

・・・の、裏側のスエード部分。

 

はじめは、

表革部分に柿渋を塗ってみたのですが、あまり良くなくって。。。

 

あ〜あ、ダメだと思いつつ、

それを裏返してみたら、勝手に染まっていた裏がとっても良くって。

 

でも、

何か物足りないなってなって、

起毛された毛をいろんな方法で寝かせて完成したのがこのマテリアルです。

 

 

 

 

前述の通り、

テーマは「ラピュタの巨神兵」。

 

岩や土や、その他の自然と溶け込みながら、

ワントーンでありつつも、立体感を感じる色・素材感が出したい。。。

 

と、

店頭にて、

 

こんな訳のわからぬ妄想と実験を、

お客さんとやりつつ出来上がったのがこの靴です。

 

 

 

 

 

ソールにもアッパーにも柿渋を塗りこんでいるので、

個人的に、このあとの経年変化がとっても気になります。

 

きっと、

画像の色よりも焼け色がつき、

そうこうしている間に、つま先が反り上がり、

より一層「巨神兵」っぽくなってくれるんじゃないかって思っています。

 

 

 

 

あー、あれで作ったらかっこいいだろうなと、

たぶん僕はザンパノで作ります。

 

というほど、かっこいいマテリアルができちゃいました。

 

 

 

 

 

ときにお客さんのアイデアで、

ときに作家・森田の妄想で、

 

色を変え、形を変え、

感覚に重きを据えながら生きていくのが kokochi sun3 なんだと思います。

 

だから、「こんなの作れないの?」

とか、普通にお店に来て言っちゃってください。

 

そしたら僕の脳は、ぐるぐると動き出し、

とんでもないものを作っちゃうかもしれないので。

 

せっかくオーダーするんだったら。。。

楽しみましょう!

 

文:森田圭一

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細は画像をクリック!

只今シューケア・リペアフェア期間中で、

 

他ブランドの革製品も修理・カスタムさせていただいております。

 

お気軽に、お持ち込み、お問い合わせください。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報

7月16日(土)〜8月14日(日)『 革にまつわるエトセトラ 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸

 

8月6日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ エトワスペース・兵庫県姫路

 

8月7日(日)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ カーロアンジェロ・滋賀県彦根

 

8月20日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ グリーンヒル・奈良県生駒

 

8月27日(土)〜 9月4日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.9 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿

 

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫神戸

 









こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

キャンバス使いの革靴

 

 

『 kokochi sun3 / CIRCUS 』64000yen~

 

ヌメ革の上にキャンバスを貼り、仕立てられた靴。

 

履きこむうちにキャンバスが磨耗して、

下からヌメ革が顔を覗かせるという仕組みです。

 

 

 

 

 

今回のオーダーで秀逸だなと思ったのが、

全てのパーツをキャンバスにしなかったこと。

 

所々、ヌメ革が使用されているのはかっこいいなー。

と、作りながら思っていました。

 

 

 

 

そしてもう一足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 kokochi sun3 / bal 』52000yen~

 

こちらは上のキャンバス・サーカスと一緒にオーダーをいただきました。

奥様の靴。

 

素材はディアスキン(鹿革)のグリーン。

繊維質が柔らかで、ふわふわしていて、とても柔らかな印象。

 

 

 

 

 

グリーン × ベージュ

アッパー以外をベージュで統一することで、シンプルに仕上がったと思います。

 

ソールは革本来の素材感を残すため、

加工を極力施さず仕上げたので、

 

時間とともに色味が濃くなり、

数年後にはまた違った表情の靴になってくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に2足並べて撮影をしました。

 

こうやって玄関先で並んでいる手作りの靴を想像して、

微笑ましく思うのは作り手だからでしょうか。

 

M氏、オーダーの際は

遠方からご来店ありがとうございました。

 

たくさん履いてください。

そしてリペアが必要になりましたら、お気軽にご相談ください。

 

また、お会いいたしましょう。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細は画像をクリック!

只今シューケア・リペアフェア期間中で、

 

他ブランドの革製品も修理・カスタムさせていただいております。

 

お気軽に、お持ち込み、お問い合わせください。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報

7月16日(土)〜8月14日(日)『 革にまつわるエトセトラ 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸

 

8月6日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ エトワスペース・兵庫県姫路

 

8月7日(日)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ カーロアンジェロ・滋賀県彦根

 

8月20日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ グリーンヒル・奈良県生駒

 

8月27日(土)〜 9月4日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.9 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿

 

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫神戸

 









こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

お客さんからライバルへ

IMG_2224.jpg

数年前、路地裏の旧工房に現れたとある男。
20代後半のその男はどこかしら、悶々とした様子を醸し出していた。
 
俺、鞄作りたいんっす。
靴の試し履き、結びかけた靴ひもの手が止まった。
 
それから数ヶ月後、
彼は見事、某有名鞄メーカーの採用通知を手にいれた。
 
その後、
就職が決まった彼は、奥さんと親御さんを説得し単身で関東に向かった。
そして半年後、関東へ奥さんを迎え入れた。
 



IMG_2227.jpg

やりたいことはやってみればいいねん、人生一回きりやもん。
僕が言ういつもの言葉。
 
その言葉で行動を起こす人はほとんどいない。
そりゃそうだ、見えない未来は怖いもの。
 
先日、そんな彼と久々に再会した。
 




IMG_2225.jpg

あの時の言葉のおかげっす。
澱みのない彼の笑顔が、今の充足感を物語っていた。
 
別れ際、握手を交わす。
次会うときに、どっちが手に豆をいっぱい作ってるか勝負やな。
 
俺負けませんよ。
いたずらに笑う彼が逞しかった。
 
お客さんからライバルへ。
負けてたまるか。




文・森田圭一








GWのイベント、どうぞお越しください



『 周年祭 〜10年目にして0歳になりまし展〜 』@ こうべくつ家
 

2016年4月29日(金)〜5月22日(日)
11:00 – 20:00 木曜定休 *5月5日は営業

神戸市須磨区須磨浦通5-5-24 / 078-732-7740
www:kutsuya-koubou.com / mail@kutsuya-koubou.com

イベント詳細:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2094








リンク

・  kokochi sun3オンラインショップ → http://kokochi333.fashionstore.jp/

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

インディヌバックという変幻自在の革で、靴を作ってみた。

【直営店の営業日のお知らせ】

8月、9月の kokochi sun3 直営店の営業日のお知らせです。
8月23日(日)までは木曜日を定休日とし、8月24日(月)〜9月25日(金)までお休みをいただきます。

上記期間中は各地イベントへ出店いたします。
詳細は以下。

つなぐ日本のものあわせ』9月16日(水)〜9月22日(火・祝)@大丸梅田店・1階・東イベントスペース
*その他決定次第、詳細アップいたします。








ところで、なかなかいい革が出来上がりました。
その革で CIRCUS を作ってみて、この革に秘めたポテンシャルに驚いております。
今回の記事は「インディ・ヌバック」という革について。








DSC09480.jpg
kokochi sun3 ではおなじみのデザインとなった CIRCUS 。
トゥーの反り上がりや、踵に向かって下がっていくデザインの履き口が何とも愛らしいやつです。

この CIRCUS のアッパーに使用されているのが インディ・ヌバック という革。
もともとスムースレザーであった、インディというキャメルの革の表面を薄くやすり、毛羽立たせました。

毛羽立たせる前のインディは、もっと濃いキャメルだったのですが、
表面の革を起毛さすとこのような表情になります。


DSC09481.jpg
・・・で?

ここまでの説明なら、僕たちもそうは驚かない「なんとなく雰囲気のいい革」で終わってしまうんですが、
この革の経年経過の素晴らしさを考えると、その今後に期待が膨らみます。








【 どう育てるか1 〜お手入れにスムースレザー用のオイルを塗る〜 】
DSC09482.jpg
とにかく薄く、ごくごく薄く銀面を起毛しているので、指で強くこするとスムースレザーのようになります。
そして、こすったその部分だけが濃くキャメル色になり、わずかに艶が出てくるでしょう。



自然に当たりが出て、擦れた部分の毛が寝て濃くなり、艶になる。
それが待てない人は、スムースレザー用のオイルを塗る。
そうすると、スムースレザーとはまた違った、絶妙な艶が出てくれます。








【 どう育てるか2 〜ヌバックを楽しむ〜 】
DSC09483.jpg
せっかく起毛させた革なので、そのままの優しい風合いを楽しむのもいいとおもいます。
その時のケア方法は、軽く汚れを消しゴムなどで落とした後で、ヌバック用のスプレーをします。

使い続けるうちに、擦れたところの毛が寝て、
起毛している箇所とのコントラストを楽しんでいただけると思います。








DSC09486.jpg
DSC09492.jpg
只今、この革を使用して、
様々なデザインの靴や小物をたくさん製作しています。

そして画像の CIRCUS は、モリタの私物として製作しました。
今後の経年経過も、お伝えしていければと思います。

今回の記事は、
インディヌバック と名付けられた新しいマテリアルのポテンシャルの、
ほんの一端をご紹介しました。

ほんの一端?
はい、ほんの一端です。

凄い革が出来上がりましたよー
ひとまずご報告をば!








【infomation】

「いちにちで作れるレザーサンダルの教室」好評開催中!詳しくは、こちらをご覧下さい

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740
---------------------------------------------------------------------------------

【イベントスケジュール】

つなぐ日本のものあわせ』9月16日(水)〜9月22日(火・祝)@大丸梅田店・1階・東イベントスペース

------------------------------------------------------------------------------------------------------

 【店休日のお知らせ】

8月:木曜日定休・23日から9月下旬までクローズ

シボのあるホースレザーで作られた、デザインの異なった、3足の靴たち


オーダーを頂く際に選んで頂ける革の種類は、色、素材を合わせ約40種類ほど。
その中でも、ブラウンのホースレザーが、なかなか良い味を出しています。
本日は、そのブラウンのホースレザーを使用した、デザインの異なった3足をご覧ください。




DSC04611.gif
DSC04628.gif
DSC04612.gif
DSC04629.gif

『 kokochi sun³ / CIRCUS 』64000yen~(w/o tax)

大きなシボのあるホースレザーを使用し、ざっくりとした印象を持つ靴となった本作。
重厚感をも感じさせる佇まいは、その大きなシボのせいでしょう。

この革のベースとなっている色は、実は見た目より一色薄いブラウン。
そこに、しぼ加工を施し、その後で濃い色のブラウンのペイントを施します。

そうすることで、より立体感のある革になってくれます。
靴になる前の革の段階で、もうすでに革に奥行きがあるという、すごい革です。






DSC05647.gif
DSC05649.gif
DSC05650.gif

『 kokochi sun³ / largo 』59000yen~ (w/o tax)

こちらはマッケイタイプの largo 。
昨年リリースした、コバの貼りだした、グッドイヤータイプのものと、また違う仕様の largo です。

全体を大きなシボのある革で覆いつつ、
甲の部分の1つのパーツだけ、比較的つるっとした箇所を使用しています。

同じ1枚の革の中にも、しぼの多い部位とそうでない部位があり、
今回のこの靴は、それらをうまく利用しながら製作させていただきました。

遠くから見ると、一色のブラウンの靴。
近くで見ると、質感に違いを見せた、こだわりの靴。

ホースレザーを使用すると、こんなこともできるんです。
ポテンシャル、高いです。






DSC06289.gif
DSC06290.gif
DSC06292.gif
DSC06293.gif
DSC06291.gif

『 kokochi sun³ / ブギウギ・パンプス 』 37000yen (w/o tax)

男っぽいっちゃ男っぽい、シボのあるホースレザーも、
パンプスになればこんな感じになります。

女性っぽいデザインの靴に、ワイルドなシボ感のある革。
この何とも言えない佇まい、ありそうでなかったパンプスとなったのではないでしょうか。

他にもご紹介したい革がたくさんあります。
そのあたり、また後日、ご紹介させてください。

モリタでしたー。




--------------------------------------------------------------------------------

・直営店でのセールが残すところあと2日となりました
 詳細:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1902

・2月11日より、梅田阪急百貨店にてイベントに参加します。
 詳細:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1904

・下記日程の直営店の営業をお休みさせていただけます(上記イベント参加の為)。
 店休日:2月9日〜2月20日
 
---------------------------------------------------------------------------------

【イベントスケジュール】
2月2日(月)〜2月8日(日) 『 SALE! 〜冬のシュビドゥバ大作戦〜 』 @ kokochi sun³ 直営店・神戸
2月11日(水)〜2月17日(火)『 MADE IN HAPPY + kokochi sun3 』@ 梅田阪急百貨店内スーク
2月21日(土)〜3月1日(日) 『 kokochi sun³・新作受注会 〜 Jose and Rosa ・やわらかさとクラフトについて 〜 』 @ kokochi sun³直営店・神戸

*スケジュールは予告なく変更する場合がございます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

・kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333
・kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com
・お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

kokochi sun³ の靴は、各パーツごとに、色や革の種類などを選んで頂ける。それらの選び方で、シンプルにも前衛的にもなってくれる。

昨年10月に行われた、彦根・Caro Angelo さんでのイベント。
その時に頂いたオーダー靴たちの、ぶっ飛び具合がすごいんです。

kokochi sun³ の靴は、各パーツごとに、色や革の種類などを選んで頂ける。
ですので、それらの選び方で、シンプルにも前衛的にもなってくれる。

本日のブログは、昨年末に Caro Angelo さんに納品させて頂いた、CIRCUS という靴にフォーカス。
遊び心溢れる色使いや、素材使いをご紹介させて下さい。




DSC06750.gif
DSC06751.gif
DSC06752.gif

『 kokochi sun³ / CIRCUS 』64000yen~(w/o tax)

ヌメ革のネイビーのアッパーにグレーのゴム。
そして、履き口のタブとレザーソールがレッド。

この赤のソール、時間が経つと、少しブラウンっぽくなってくるんです。
染色した赤が紫外線に当たることにより退色し、同時に地の色であるナチュラルな革が、これまた紫外線によってアメ色に育っていってくれる。
アッパーに履き皺がつき、ソールが変色していった様を想像すると・・・

経年経過がとても楽しみな靴!






DSC06753.gif
DSC06754.gif
DSC06757.gif

アッパーはスエードの毛を寝かし、まるで表革のように見せた革。
履いていくと寝ていた毛が、擦れることで起きてきて、独特の表情になってくれます。

お手入れは様々な方法があり、表革用の靴クリームからスエード用のスプレーまで、
どう育てていきたいかによって、選択肢は様々。

アッパーは 「赤×ネイビー」
そしてソールは蝋で加工された、クラッシックな雰囲気の漂うブラウン。

さて、どんな風に育ってくれるのでしょう、楽しみです!






DSC06758.gif
DSC06759.gif
DSC06761.gif

クリープという、kokochi sun³ オリジナルのレザーを使用した CIRCUS 。
アッパー・パーツの内側、所々に見える斑点は、実は虫食いの跡。

皮が動物から接がれ、鞣される前までは、腐ってしまわないよう塩漬けされて保管されます。
次に革になる工程で、脱毛をしたり、タンニンを入れたり、様々な工程を経て革になっていくわけですが・・・

そのどこかしらで、虫に激しく食われた後の残る革を使用させて頂きました。
画像でお伝えしきれていないですが、実物はかなりの凹凸がありインパクトがあります。






DSC06763.gif
DSC06764.gif
DSC06765.gif

「えーと、えーと、えーと・・・」と、
作っている職人を、さんざん悩ませた靴(笑)

ゴムと履き口のタブ以外、左右で同じ個所はありません。
オーダー表を眺めながら、しばし固まっていた職人の顔がとても印象的でした(笑)

この靴はカーロさんの、オーナーさんがオーダー下さった靴。
「どうせならド派手で、誰も履いていない配色で」とお作りになられました。

これを見て、ドイツの靴ブランド 「kickers」 のキッズ・シューズを思い出した30〜40代は、僕だけではないはずです。






名称未設定-1.gif

少々長くなってしまいました。

とにかく冒頭でもお伝えしましたが、kokochi sun³ の靴は、各パーツごとに、色や革の種類などを選んで頂ける。
ですので、それらの選び方で、シンプルにも前衛的にもなってくれるんですね。

靴をコーディネイトの主役にするもよし、脇役にするもよし。
オーダーの仕方で、様々なテイストに合った靴になってくれると思います。

今年も様々な場所へ赴きますので、いろんなデザインと、たくさんの革を見に来てやって下さい。
よろしくお願いします!



Caro Angelo ウェブサイト:http://caro-angelo.seesaa.net/






--------------------------------------------------------------------------------------------------
【 1月・直営店の営業日について 】
只今、各地イベント出展のため、直営店はお休みをいただいております。
次回の営業再開日は、2月2日からを予定しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。


--------------------------------------------------------------------------------------------------
【イベントスケジュール】
1月10日(土)〜1月18日(日)『 kokochi よい靴音 vol.2 』@ BLUE NEON・高知県 只今開催中!
1月21日(水)〜1月25日(日) 『  路地裏の靴作家 EXTRA ver. " A "  』 @ 神楽坂インタレスト・東京
2月11日(水)〜2月17日(火)『 MADE IN HAPPY + kokochi sun3 』@ 梅田阪急百貨店内スーク

*スケジュールは予告なく変更する場合がございます。


------------------------------------------------------------------------------------------------------
・kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333
・kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com
・お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

 

脱ぎ履きの容易にできる 「CIRCUS」 と名付けられたレザーシューズ

昨日から直営店にて、ゆるーいイベントが、ゆーっくり始まっております 笑。
*イベント詳細 → http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1882

走らないと決めた12月、だからといって何もしないわけではございませんよ。
当ブログでは、撮りだめたお客さんの靴たちを、年末までにどどっとアップしてまいります。

よろしくお付き合いください ^^
本日はこちら ↓↓↓

DSC06599.gif
DSC06600.gif
DSC06601.gif

『 kokochi sun³ / CIRCUS 』 64000yen~(w/o tax)

つま先の反り上がりや、そのコミカルなデザインから、サーカスと名付けられた靴。
大きく取られたサイドのゴム部分のせいで、脱着がしやすく、気軽に履いて頂ける革靴となっています。

アッパーに使用されているのは、インディと呼ばれる、kokochi sun³ の中でも定番の革。
ここのところ、新しい革(ハンコック)でこれを作る機会が多かったので、なんだか新鮮な気持ちで作らせて頂きました。

お客様のご要望で、少しくたびれた感じの出るよう加工。
とてもいいカオになってくれたと思います。

オーダー頂いたS様、ありがとうございました。
たくさん履いてやってください。
くたくたになった靴と共に、
またお会いできるのを楽しみにしておりますー!









 【イベントスケジュール】

1月2日(金)〜1月4日(日)『 ひつじ年だよ全員集合! 』 @ kokochi sun³ 直営店







・kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333
・kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com/

スエードなのにスムースレザーのような革を使用して作られた靴


お店の展示用サンプルが、「ハンコック」という新しい革で上がってまいりました。
独特の革の表情が、既存のデザインを、また違った側面から表現してくれています。
今回は、その「ハンコック」を使用した、2足をご紹介させて下さい。




DSC06226.gif
DSC06228.gif
DSC06230.gif
DSC06233.gif
DSC06236.gif
DSC06231.gif

『 kokochi sun³ / CIRCUS 』 64000yen~(w/o tax)

「ハンコック」という革は、毛足の長いスエードにワックスとオイルを染み込ませています。
十分にそれらを染み込ませた後、そこに高温のプレスをかけます。
そうすると、毛羽立っていた毛が圧縮され、まるで表革のようになってくれるんです。

履き続けると寝ていた毛が擦れ、毛羽立ち、やがて元のスエードに戻っていきます。
ですが、毛羽立った毛に表革用の靴クリームを施せば、また元の表革のようなつるっとした表情に戻ってくれるんです。

何とも不思議な表情の革。
ブラックで作った CIRCUS 、しんとしたカオになりました。






DSC06220.gif
DSC06221.gif
DSC06222.gif
DSC06223.gif
DSC06225.gif

『 kokochi sun³ / たいこのおと 』 64000yen~(w/o tax)

こちらはワインのハンコックを使用した靴。
いつもより少し大人びた「 たいこのおと 」になりました。

赤みを抑え、かといって茶系により過ぎない、雑妙な色味を表現できたと思います。
ナチュラルのヌメ革との相性もバッチリですね。

このハンコックと名付けられた革。
この2点以外のデザインでも、もちろん使用できますので、ご来店の際はお気軽にご相談ください。






DSC06224.gif

<最後に>
いよいよ9月の直営店の営業が、本日を合わせあと3日となってしまいました。
その後はタイ、大阪、滋賀と各地での受注会を経、直営店での営業開始が10月25日になってしまいます。

須磨の直営店で営業できないのは、なんだかさみしい気分ですが、
各地で待っていて下さる方々の顔を想像すると、とてもワクワクします。

どんな出会いが待っているのだろう。
そんなことを思いながら、あと3日、ゆるり営業してまいります。

秋の日差し、お店の近くの須磨海岸は、柔らかい風が体を撫で、とても気持ち良いです。
ご来店の際は、そんなロケーションも楽しんでくださいー






須磨の直営店、多方面のイベント出展の為、以下日程でお休みをいただきます。

直営店・店休日:9月24日〜10月24日 
(今月は、9月23日(火・祝)まで営業しております。)


ご迷惑をおかけいたしますが、日程お間違いなきようご来店下さい。
宜しくお願い致します。








【 kokochi sun³ 受注会のスケジュール 】

9月13日(土)〜9月23日(火・祝)『 帰ってきたブギウギ 』 @ 神戸・kokochi sun³ 直営店 now!

9月26日(金)〜9月28日(日) 『 ken nakamura x kokochi sun³ 』 @ タイ・バンコク伊勢丹

10月8日(水)〜10月13日(月) 『 日本のものあわせ 』 @ 大阪・大丸梅田店15F

10月17日(金)〜10月21日(火) 『 マイウェイ(仮) 』 @ 滋賀・Caro Angelo






*10月24日までの直営店・営業日は、9月13日(土)〜9月23日(火・祝)のみですのでご注意ください。


















・Facebookページkokochi sun3 〜ハンドメイド靴工房こうべくつ家〜



ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.co
m

生き物の生きてきた証を感じることのできる、レザーシューズ



DSC06167.gif
DSC06169.gif
DSC06170.gif

『 kokochi sun³ / CIRCUS 』64000yen~(w/o tax)

その名のとおり、コミカルで滑稽なさまが愛おしい,kokochi sun³ らしいレザーシューズです。

・反り上がったつま先
・カップ状に加工されたレザーソール
・履き口のフロント部から踵にかけてのカーブ
・まるで積み木のように積み上げられたヒール・・・

どの方向から見ても隙のなないサイドゴアブーツ。




DSC06171.gif

今回オーダー頂いたお客様は、「インディ」と呼ばれる革を使用。
こちらは、たまたまタンナーさんで見つかった、デッドストックレザーを再現して作られた革。

ですので、所々ピンホールや虫食いのあとが残ります。
生き物が生きてきた証が愛おしいとのこと、あえてその傷を使用させて頂きました。

「このあたりの傷を、フロント部に使いましょうか」
工房の裁断台、ご来店頂いたお客様と革を広げ、対話しながら、お好みの質感のアッパーを選んでいきました。




DSC06172.gif

そして出来上がったのが写真右の CIRCUS 。
因みに左は、現行の革を使用したそれ。

違いがお分かりでしょうか。
わずかですが、右の方が濃く、そしてオイリーなんです。

実はこれ、直営店にしかない「インディ」
タンナーさんから、なぜかイレギュラーでやってきた1枚なんです。

通常、あらかじめ用意させて頂いている革の見本にはない、イレギュラーな革。
こんなのが、直営店にはかなりあるんです。

工房併設の直営店だからこそ起こりうる、お客様との化学反応が、見事に靴に宿った1足となりました。




DSC06176.gif
DSC06180.gif

履き続けると、このようになってくれると思います。
画像はモリタが長年愛用している CIRCUS 。

・革に皺が入り、
・少しくたびれた風合いに変化し、
・革が日に焼けて、更に濃くなっていきます。 

kokochi sun³ の靴は、修理を施せば、何十年も履いて頂ける靴だと思います。
そのために製法や、素材の選定を怠らない努力を心がけています。

今回オーダー頂いたFさま、いいものを作らせて頂きました。
たくさん履いてやってください。

また、なにか気になることがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。
ありがとうございました!



PS.
須磨の直営店、多方面のイベント出展の為、以下日程でお休みをいただきます。

直営店・店休日:9月24日〜10月24日 
(今月は、9月23日(火・祝)まで営業しております。)

ご迷惑をおかけいたしますが、日程お間違いなきようご来店下さい。
宜しくお願い致します。








【 kokochi sun³ 受注会のスケジュール 】

9月13日(土)〜9月23日(火・祝)『 帰ってきたブギウギ 』 @ 神戸・kokochi sun³ 直営店 now!

9月26日(金)〜9月28日(日) 『 ken nakamura x kokochi sun³ 』 @ タイ・バンコク伊勢丹

10月8日(水)〜10月13日(月) 『 日本のものあわせ 』 @ 大阪・大丸梅田店15F

10月17日(金)〜10月21日(火) 『 マイウェイ(仮) 』 @ 滋賀・Caro Angelo






*10月24日までの直営店・営業日は、9月13日(土)〜9月23日(火・祝)のみですのでご注意ください。


















・Facebookページkokochi sun3 〜ハンドメイド靴工房こうべくつ家〜



ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.co
m

ほぼ全て、90%以上が革でできている靴〜kokochi sun³ が、ほぼすべてのパーツに革を使用する理由〜


DSC03868.gif

『 kokochi sun³ / CIRCUS 』 62000yen~(税抜き)

kokochi sun³ の靴は、ほとんど革しか使用していません。
革でないパーツと言えば・・・

・アッパーや底縫いに使用している糸やゴムなどの副資材
・ヒールを打ち付けている釘
・体重を支えてくれている底の中の鉄製のシャンク

後はほぼ全て革、90%以上が革でできています。
ではなぜ、革しか使用しないのか・・・




それは、以下の画像をご覧ください ↓↓↓

DSC04298.gif

これは僕(モリタ)の使用している CIRCUS 。
約1年、3日に1回の頻度で履いている靴です。

実はこれ、この記事のトップの靴と全く同じ革を使用しているんです。

DSC04299.gif

オイルを塗り込んで、陽の光で飴色に変色したアッパー。
始めはつんと立っていた履き口も、足首の可動域まで広がり、何とも言えない愛おしい表情になってくれています。

また、履き始めは少しきつかった横幅も、少しづつ足に馴染んできます。
もうこうなれば、「自分の足」のように機能してくれます。

DSC04301.gif

特にタンニン(植物の渋)を含んだ革は、水分(汗)によって繊維が膨張し柔らかくなり、足なりに変化してくれます。
ですのでライニングや中底、中敷など、足に直に触れる部分にタンニンを含んだ革を、kokochi sun³ の靴は使用しています。

・経年経過によって、革の表情により深味が増すこと
・履きこむほどに、自分の足のようになってくれること
・リペアを施しながら、何十年も履けること

kokochi sun³ が、ほぼすべてのパーツに革を使用する理由がここにあります。

履き捨てるものが悪いわけじゃない。
ただ、何十年もつるんできた相棒のように、足元に鎮座する靴だって悪くないんじゃないかな・・・と(笑)




DSC04306.gif

CIRCUS 、モリタはこんな感じで履いています。




DSC04124.jpg

にこちらは2年ほど前から履いて頂いている、お客さんの CIRCUS 。
この靴の特徴は、ソールのサイドが沈んで、トゥーが反り上がってくるのです。

履きこむほどに表情が変化する靴!




DSC04316.gif

ちなみに、モリタが愛用しているクリームがこれ(直営店にて絶賛販売中!)
馬脂を抽出した、熊本産のオイルです。

また、改めてご紹介いたします!







 【イベントスケジュール】

4月12日(金)〜4月20日(日) 『路地裏の靴作家 vol.4』 @ 神楽坂インタレスト now!

4月26日(土)〜4月29日(火・祝) 『ハンドメイド靴展』 @ THE LOCAL(ルビー商会) next!

5月1日(木)〜6月30日(月)の間は、須磨の直営店オープン!




Facebookページkokochi sun3 〜ハンドメイド靴工房こうべくつ家〜

ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.com
1234>|next>>
pagetop