August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新作YOIN、2週間後の経年変化

 

 

 

 

 

8インチ丈の新作ブーツ。

自分用に作ったそれを、約2週間、作業中も、プライベートもほぼ毎日履き込んでみました。

 

甲には、うっすらですが履き皺ができ

筒の部分はくったりとしてきています。

 

またこれは、この木型の特徴なのですが

履き込むにつれ、つま先の形がまん丸に見えるようになってきます。

 

これがまた、チャップリンの履いている靴を想像させるような形で、たまらないのです。

この靴も、さらに履き込めば、それがより顕著に現れてくることでしょう。

 

そしてフィッティングに関しては

紐も、ジッパーもないブーツにしてはかなり良いです。

 

甲と踵でしっかりとホールドされる設計になっていることと

つま先がゆったりとしている木型の特性が相まって

フィットしているのに、痛くなく、心地よく履いていただけると思います。

 

履き込む前はこちらにてご確認ください。

http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2292

 

 

 

 

 

 

そんな新作・YOINを履いて明日からは東京へ。

 

関東方面のみなさま、20日(土)、21日(日)は

東京・神楽坂インタレストにお越しください。

 

靴について、革について、足について。

しっかりと、できる限りで対応させていただきます。

 

イベント詳細

https://interest-kagurazaka.jp/diary/?p=79503

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

【展示受注会スケジュール】

4月13日(土)〜4月21日(日)「路地裏の靴作家」@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

4月27日(土)〜5月6日(月・祝) 「5月展〜余韻〜」こうべくつ家・兵庫県神戸市

様々なソール形状・色素材で作られた、新作・YOIN

 

 

いよいよ14日(土)より

東京・神楽坂インタレストにて、新作の展示受注会が開催されます。

 

今回、様々なトッピックをご提案させていただいておりますが

本記事では、新作「YOIN」のカスタマイズ・バリエーションをご覧ください。

 

 

 

 

こちらはホースレザーで作られたもの。

ソール形状はハンドソーン・ダブル(*1)、モアフレックス ソール。

 

軽く、耐摩耗性に優れた、ビブラム社製の

モアフレックスソールを装着することで、よりアジュアルに履いていただけると思います。

 

また、ウェルトはトリッカーズなどで有名な

カントリーシューズにも用いられているストームウェルト仕様。

 

こちらもカジュアルな印象を醸し出す要因となっています。

こちらのサンプルサイズは23センチでご用意。

 

*1 ウェルト(コバの部分)が靴を囲むように1周巻かれているもの。

コバの張り出しが踵まであるので、靴のシルエットがより大きく見える。

 

 

 

 

 

 

先日アップした、ステッチダウンのYOINと

アッパーの仕様は同じなのですが、ソールの形状がハンドソーンダブルに変更となっています。

 

コバにウェルトが巻かれていて

そこにウィーリング(コバのギザギザ)が施されているので

ステッチダウンのものよりも端正な顔立ちとなって上がってきました。

 

個人的にはこのソール仕様で作るYOINがお気に入りです。

サンプルサイズは24センチでご用意。

 

 

 

 

 

 

セロという新しくできた革をアイアン染めしてみました。

セロは今までの素材よりも少し硬いので、ごつっとした質感で上がってきました。

 

ソール形状はノルベジェーゼ製法・ダブルソール。アッパーにチェーンステッチをかけ

ミッドソールを縫い、アウトソールを2枚重ねたら、それををさらに縫います。

 

ブランドで現在ご提案させていただいている

製法の中では、一番堅牢な作りとなっています。

 

画像の靴、本当はクラッシュ加工をしたかったのですが

フィッティングに影響があるといけないので断念いたしました。

 

サンプルサイズは25センチでご用意させていただきました。

 

 

 

 

 

 

先日アップした、ステッチダウンのYOINと

アッパーの仕様は同じで、カラーをブラックに。

 

素材はセロというオリジナルレザーのスムース面とスエード面を使用しました。

 

ソール形状はステッチダウン・ダブルソール。

堅牢でありつつも、どこかカジュアルな印象を受けるのは

ソールがステッチダウンだからでしょう。

 

サイズは26センチでご用意。

 

 

 

 

 

 

こちらはセロという革をアトリエで

カーキに染めた革を使用しているステッチダウンのYOIN。

 

先ほどのブラックのステッチダウンの靴と違うのは

ソールがシングルソールとなっているところ。

 

ソール厚は約9ミリとなっており

足元をスッキリさせたい時はこちらの方が良いのかもしれません。

 

サンプルサイズは27センチでご用意しております。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

同じデザインでも、ソールの形状や、アッパーの色・素材の選択の仕方で

雰囲気が全然違って見えてくるのはご理解いただけたかと思います。

 

明日14日からは東京にて、そして4月27日からは神戸のアトリエにて

受注会が開催されますので、ぜひ実物を見て、履いて、ご自身に合った仕様でオーダーください。

 

オーダー後、靴のお渡しは約4ヶ月後となっております。

会場にてお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

【展示受注会スケジュール】

4月13日(土)〜4月21日(日)「路地裏の靴作家」@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

4月27日(土)〜5月6日(月・祝) 「5月展〜余韻〜」こうべくつ家・兵庫県神戸市

新作・8インチ丈の野暮ったいブーツ

 

『 kokochi sun3 / YOIN 』82000yen(+tax)〜

 

ヨインと名付けられた8インチ丈のブーツが完成しました。

 

見た目は堅牢で、ワークブーツのようでありながらも

アッパーには優美なラインが所々に見え隠れします。

 

つま先は、多くの人が好むようなスマートで美しい木型は使用せず

あえて寸詰まりのオブリークトゥを採用しました。

 

この作品の特徴的なところは、ワークブーツのようであり

ドレスシューズの要素も含みつつ、そのどちらでもないところです。

 

そして履いてみて一番しっくりくる言葉は「野暮ったい」です。

 

履いたときに洗練され過ぎていない靴となるよう

木型を選び、デザイン(ライン)を決め、組み立てていきました。

 

今まで創ってきた全ての「何か」を内包しているのが今回のヨインという靴。

 

テーマは「野暮ったい」。

そして裏テーマは「50年後も色褪せない靴であるか」です。

 

*さらなる詳細は追ってアップいたします。

 

そして、以下日程で新作オーダーいただけます。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

【展示受注会スケジュール】

4月13日(土)〜4月21日(日)「 路地裏の靴作家 」@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

4月27日(土)〜5月6日(月・祝) 「 5月展 〜余韻〜 」 こうべくつ家・兵庫県神戸市 

1
pagetop