September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

髭とづら?


2007年1月29日(月)
「髭面」と書けば顎や鼻の下にそれを蓄えた男らしい様を思い浮かべるが、これが「髭づら」となればドエライ滑稽である事に気付く。なんとも間抜けな面を想像しながら、両肩揺らしヒゲダンスかましながら塾。

タカさんグッドのウェルトを縫いシャンクと中物を中底に施しながら、昨日、薄ぼんやりと滞っていたくつのイメージを絞り出す。

もうちょい、もうちょい。一人ぶつぶつやりながら昼過ぎより「まーさんラスト」のワイズの調整。木型に貼った皮を包丁でなだらかにならして整えていく。

そして終了間際、塾内のアッパー材をあさりながら吟味。組み合わせる皮の質感や色味、ゲージの厚さ等を考慮しながら数点をチョイス。

徐々に脳内でぶれていたピントが合いだしてくる。

帰宅後、デザイン画を描き終える。

明日はまーさんのくつの紙型と仮アッパーまでやっつけるつもり。あわよくばラフまでいけるかしらんと、洗面台にて方々に伸びた髭を剃るということ、すなわちそれ、疑いもなく髭ズラ〜?

どないやねん、自分で書いといてややこいわ(苦笑)・・・。
pagetop