September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

同じデザインでも、革の素材や配色、その他の細かなディテールを変えることで、まるで違う靴のようになる


今年4月に行われていた kokochi sun³ の様々なイベント。

春先にオーダー頂いた方々の靴が、ようやく出来上がって来ております。

DSC01425.gif

『 kokochi sun³ / marco 』 57750yen~

遊び心があり、それでいて凛とした靴を、というお題を頂き作成した靴 (画像↑)

「細かなことは、モリタさんにお任せします」 と、かなりのプレッシャーを頂きましたが・・・

どうですか、とってもよいでしょ? (←自分で言う 笑)

素朴でどこか懐かしい感じの靴、

オーナー様のように柔らかくて、それでいて元気な靴に仕上がったと思います。

DSC01428.gif

そういえば、以前にもこのデザインで、無茶ぶりなオーダーを頂いた事もありました。

『インディージョーンズみたいな靴でー』 って・・・

その時もかなり悩みました。

(笑点やってんじゃないんだから・・・)

「アッパーのコバ処理、やっぱインディーやったらブラウンがいいっすかね?」

「そりゃーインディー言うたらブラウンやろー」

と、あの時はスタッフと、なかなかエキサイティングにインディー論を工房で繰り広げておりました(笑)

DSC01186.gif

こちらはネイビーの鹿革のマルコ。

ソールはホワイトのレザーソールです。

DSC01207.gif 

踵のぴろんと垂れたタブは、鹿革の裏の部分を使用しました。

革の繊維が繊細で、起毛部分が非常にソフト。

kokochi sun³ の靴にも、意外に使われているウラ。

この靴においては、いいアクセントになったと思います。

DSC01212.gif

こちらのお客様は、わざわざ工房に足を運んでくださいました。

気に入っていただけて、ほっとしていたのもつかの間、

「今度は、オレンジ×グレーでスニーカーのようにできますか?」

と、まさにインディーばりのオーダーの打診を頂きつつ・・・

(がんばりまっす! 汗)

DSC01286.gif

タンニン染めの乳白色のマルコ。

こちらは革紐までアッパーと同素材、しかも、ソールもホワイト。

ホワイトと言っても、完全に白ではないところが心憎いですね。

DSC01346.gif

そしてこの、なんとも言えないくたびれた風貌!

履きこんだ後のこの靴に、再会してみたいですね。




同じデザインでも、革の素材や配色、その他もろもろの細かなディテールを変えることで、まるで違う靴のようになります。

一枚の革を広げ、時間をかけて決めていくから、ハンドメイドで一点一点作っていくからこそ、個性的な靴が出来上がります。

決して安くはないですし、出来上がりまで時間はかかりますが、オーダー頂いた皆様の、思いのこもった靴を、ながく履いて頂けるよう日々精進してまいります。

工房は今まさに、新作の創作の最中。

もっともっと楽しんでもらえるような、手作りの靴を作ってまいりますので、見ていてやってくださいね!

さーて、まだまだお見せしたいお客様のオーダーの靴があるんだ。

今日はいっぱい上げるよ、お付き合いくださいー(笑)









【近況】

6月〜7月 『直営店、のんびり営業中ですー』@こうべくつ家

8月17日〜8月25日 『ON THE ROAD(仮)』 @ こうべくつ家













【Facebookページ】
kokochi sun3 〜ハンドメイド靴工房こうべくつ家〜




ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.com
pagetop