February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

TWO DAYS DRINKER〜その2〜


本日の作業が一段落したので前記事の続きを。

穴を開け溝を掘った本底を、ちゃん(縫い糸)の両端に毛針をつけて縫っていきます。
これで中底と本底が縫い合わさったので、強度は増すわけです。
最近では化学の進歩で強い糊があって、縫っていなくても強度のある靴がよく見られるのですが、僕はどうも不安なので底を縫った靴しか持っていません。

その後、縫った溝に糊をぬり、切って起した革にまた水を付けて伏せます。
これで伏せ縫いが終了。

一体この伏せ縫いだけでいくつの行程を施しているのでしょうか・・・
靴が完成するまでに一体・・・
そんな事を今更ながらに思っているのは、きっと体内のアルコールのせいである。

丈夫でいつまでも履ける、それでいてファンキーで素朴なくつをつくり続けたいぞと酔どれはいつも思っている。

と言う訳できっと明日もTWO DAYS DRINKERです。
枕元には今度こそ水をおいておきます(苦笑)。

comments

   
pagetop