October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

世界でたった一つだけの靴  〜靴のワークショップ〜

 




たとえ、デザインがシンプルな靴だったとしても、革のどのあたりを使うのかで、とても個性的な靴になったりします。

上の画像は、焼印が入っている箇所を使用して、アッパーを制作中の生徒さんの靴。

焼印とは、脱走した牛たちが、どこの牧場の子なのかがわかるよう、生まれた時に、牧場主がお尻に押した印(熱かったろうな〜)。

牛一頭につき、一か所しかないという、レアっちゃあレアな部位ではあります。

固くなっていて加工しにくいというデメリットも多々ありますが、自分の靴を、自分で作るからこそ選べる自由に心躍ります。






他にも、パーツごとにカラーを変えることによって、

より個性が出せるのが、自分で靴を創っていく醍醐味なのかな、とも思います。

ハンドメイドならではの、大変で、気の遠くなるような作業の末に、

そんな苦労を吹き飛ばすくらいの作品が出来上がった時は、本当に嬉しいものです。

私たち教えている側も、自分のことながら、一喜一憂させて頂いております(笑)






8月は他にも、生徒さんの個性的なハンドメイド・シューズが完成しております。

↓↓↓↓↓


*仕上げのコテ入れ作業を、独特な体制でこなすの図(普通は膝の上で作業します 笑)









いろいろなトラブル(←・・・笑)にもめげず、なかなか秀逸な作品が出来上がりました。

グリーンのアッパーに、イエローのハンドステッチが、なかなか心憎いワンポイントですね!











他にも、こちらの2足が完成。

2足とも、これからの季節、たくさん活躍しそうなショート丈のブーツです。

味わいのある、いろんな意味で、深い深い、それぞれの靴たちが愛おしいです。

さて、どんなお洋服と合わせようか・・・




生徒さんが作っているのは

世界でたった一つだけの靴

そんな靴が自分にとって

あるいは

思いを込めて作った相手にとって

かけがえのない一足でありますよう・・・

願っています!









・10月の教室のスケジュールをアップしました http://www.kutsuya-koubou.com/workshop.html

・ワークショップ新規生徒様募集中 http://www.kutsuya-koubou.com/workshop.html

・これまでのワークショップの記事 http://kokochi-333.jugem.jp/?cid=18










【Facebookページ】
kokochi sun3 〜ハンドメイド靴工房こうべくつ家〜




ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.com 

comments

   
pagetop