February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

デザインは同じでも、革の色や質感の違いで、ここまで雰囲気が変わるハンドメイド靴



DSC02810.gif

『 kokochi sun³ / CIRCUS 』 65100yen~

ここ1週間のうちに、様々な種類のサーカスを見ました、そして、作りました。

タイトルの通り、デザインは同じでも、革の色や質感の違いで、ここまで雰囲気が変わるんだなと改めて実感。

そんな3種類のサーカスを、本日はご紹介させて下さい。



DSC02819.gif

DSC02818.gif

アッパーに使用されているのは、ヌメ革のブラウン。

履き口の前後に施されたタブは、シボのあるホースレザー。

全体をシックにまとめた仕様となりました。

このヌメ革のブラウンは、初めこそマットな風合いですが、きちんとお手入れをしていくにつれて、

次第に、何とも言えない風合いになってくれます。

↓↓↓↓↓



これは、モリタの私物のザンパノ。

上の靴と同じ革を使用しています。

こんな風に育っていってくれるんです。

T氏、またリペアやお手入れをしに、工房へも来てやってください。

一緒に育てていきましょう!








DSC02866.gif

DSC02867.gif

DSC02813.gif

そしてこちらは「インディー」という、kokochi sun³ オリジナルのレザーを使用したサーカス。

オーダー時、あえてデッド感のある箇所をチョイスしての制作。

「革を一枚広げると、全体が同じ色」な訳がないんです。

だって、元々は生き物なんですから(これ、強く言いたいのです)。

使用していくにつれ、傷のついたところは、靴クリームで濃く染まり、何とも言えない表情になってくれることでしょう。

因みにこれが、モリタ私物の同じ革を使ったサーカス。

↓↓↓↓↓



日に焼けて、かなりの飴色になって来ています。

甲の皺も、なかなかかっこいいでしょ?







DSC02862.gif

そして最後は番外編。

「インディー」「クリープ」と、 kokochi sun³ には、なくてはならない革を作ってくれている男のサーカス。

たしか、違う色で納品したはずだけど・・・

自分で染色しておりました(笑)

黒? グレー? グリーン?

さすが革職人!

DSC02864.gif

革を見たら、なんでも自分色に染め上げてしまう、マニアックなヤツです。

頼りにしてます、これからもヨロシク!






いかがでしたでしょうか。

革の色、質感を変え、自分の好みで靴をオーダーする楽しみ方もあるんです。

こういったオーダーは、工房だけでなく、方々で開催されるイベントや、お取引店舗でも賜っていますので、

お気軽に足を運んでやってください♪




  【今後の受注会スケジュール】

10月13日(土)〜10月20日(日) 『一旦里帰り(笑)kokochi sun3』 @ こうべくつ家 終了しました!

10月23日(水)〜10月29日(火) 『エスプリとセミクチュール』 @ うめだ阪急百貨店・10階スーク next!

11月2日(土)〜11月10日(日) 『熊本受注会(仮)』 @ Attic・熊本 new!

11月23日(土)〜11月24日(日) 『Bodaiju EXPO 2』 @ New Osaka Hotel 心斎橋




ps.
レザーアワードにエントリーしてみました!
「おっ!!」と思われた方は、投票してやってくださいー
http://award.jlia.or.jp/2013/vote/category_detail.php?ctg=p_lshoes




【Facebookページ】
kokochi sun3 〜ハンドメイド靴工房こうべくつ家〜




ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.com
pagetop