June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「恋するブギウギ」というテーマのもと、昭和の時代のキャバレーをイメージ。艶っぽく躍動的な時代の背景と、kokochi sun³ のクラフト感をミックスさせたパンプス。


DSC06709.gif
DSC06710.gif
DSC06711.gif

『 kokochi sun³ / ブギウギパンプス 』 37000yen(w/o tax)

全体をマットなブラックで統一させたパンプス。
アッパー、ソールともに、工房で染色を施し、少しムラを出させた革を使用しています。

イメージは、日本の墨。
少しグレー味がかった、いわゆる「スミクロ」というやつです。

アッパーとソールをこの仕様で作ると、どうしても尖がった印象の靴になりがちですが、
この靴に関しては、デザインに甘いニュアンスが出ているので、尖りすぎないものになったと思います。

踵の赤いタブも、特徴的な一足となりました。






DSC06705.gif
DSC06706.gif
DSC06708.gif
DSC06707.gif

『 kokochi sun³ / ブギウギパンプス 』37000yen(w/o tax)

同じ黒でも、こちらは艶のある革を使用した黒のパンプス。
ソールもアッパーに合わせ、艶のある黒に。

使用している革の色や質感だけ見れば、巷の靴と何ら変わらないと思うのですが、
木型のカタチや、ソールの独特の形状が、そうさせていないんです。

ソールを底面(ていめん)まで黒に塗らなかったのも良かったと思います(画像3枚目)。
好みはわかれますが、こちらの方が、よりクラッシックで、クラフト感が出ているので僕は好きなんです。




DSC05883_edited-1.gif

2014年夏、「恋するブギウギ」というテーマのもと、昭和の時代のキャバレーをイメージ。
艶っぽく躍動的な時代の背景と、kokochi sun³ のクラフト感をミックスさせたパンプス。

デザインこそ変わらずも、使用する革や色、ソールの質感など。
リリース以来、様々なお客様のご要望で、靴の表情がここまで変わるのかと驚いております。

kokochi sun³ のデザインと、お客様の感性。
そこから生まれる化学反応が、靴をより一層きらきらさせているのではないかと思います。

皆さん、いつもありがとう!
てなわけで、そろそろ開店準備でございます。





【只今絶賛開催中!】now
『師走らない展〜シワスラナイテン〜』 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1882


 【その他・イベントスケジュール】
1月2日(金)〜1月4日(日)『 ひつじ年だよ全員集合! 』 @ kokochi sun³ 直営店
1月10日(土)〜1月18日(日)『 kokochi よい靴音 vol.2 』@ BLUE NEON・高知県
2月11日(水)〜2月17日(火)『 MADE IN HAPPY + kokochi sun3 』@ 梅田阪急百貨店内スーク



【お問い合わせ】
mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740





・kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333
・kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com
pagetop