June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『まだまだ使える!』靴を履きやすく、オシャレにカスタムしてみた

ただいま開催中のシューケア・リペアのイベント。
非常に多くの方々にご来店いただいております。

バタバタとしつつ、きちんと皆さんに対応できたかと、少々不安もありつつですが・・・
ご来店いただいた皆様、ありがとうございます!

そこで本日は、2日間で受けたケアやカスタムのうち、
3件をピックアップしてご紹介させてください。

少々長いですがお付き合いくださいね。
まずはこちら。



カスタム1『ストラップ交換』
DSC08589.jpg
長く履いて来たのだけど、そろそろ雰囲気を変えようかなと、ストラップの交換をさせていただくことに。


DSC08588.jpg
使用したのはホースレザーのワインレッド。
その場で細革になるようカットしていきます。


DSC08592.jpg
そしてお手入れ。
ハリのあるヌメ革を、程よく柔らかな艶に、そしてナチュラルな風合いにしていきます(このクリームについては後述します)。


DSC08595.jpg
DSC08594.jpg
いかがでしょう。

金具(美錠)で留まっていたストラップを、結ぶ革紐に変更しました。
カスタム前より、プリミティブな印象になりましたね。

焼けたヌメ革と、ワインのホースレザーとの相性もバッチリです。
今年の夏は、たくさん履いてあげてくださいね。

この紐なら、色違いですぐ作れますので、いつでもおっしゃってくださいー








カスタム2『履きにくさ解消』
DSC08530.jpg
「歩くとタンが左右にずれてくる・・・」

「羽根の付け根にポッコリと膨らみができる・・・」

とのことで、施術開始。


DSC08531.jpg
まずは羽根の付け根にマーキング。


DSC08533.jpg
穴を開けて・・・


DSC08535.jpg
チクチク縫っていきます。


DSC08537.jpg
片足2箇所、計4箇所を一目づつ縫います。


DSC08543.jpg
お次はタンに切り込みを入れます。


DSC08541.jpg
こんな感じ。


DSC08545.jpg
施術後がこれ。
タンがずれていくのは、タンに紐を通す穴がなかったため。

そして、羽根の付け根がポッコリと膨らんでしまうのは、
つま先のパーツと羽根を縫い合わすミシンステッチが、1センチほど短かったため。

恐らく、パターン作成時に決まっていた、ミシンをかける距離を、うっかり間違えちゃったんじゃないかと思います。
4箇所とも、留まっている距離がバラバラでしたから。

これで大分いい顔になりましたね。
何かあれば、また、いつでもお持ちくださいー








ケア1『革を洗う』
DSC08549.jpg
お客さん:作業場で履いていたら汚れちゃいました。

職人:洗います? 乾くまで時間かかりますけど。

お客さん:すぐに持って帰りたいですー

サドルソープでびちゃびちゃと洗っちゃおうと思っていましたが、それだと丸一日乾かさなきゃいけない。
すぐに持って帰られるとのことで、作戦変更です。



使用するのはこちら。
元々はスニーカー用の洗浄液なのですが、場合によっては、革靴でも十分に対応してくれます。


DSC08557.jpg
まずは濡れた布で革に湿り気を与える。


DSC08559.jpg
蓋を開ければ、シリコンのブラシが出てくるので、洗浄液を出しながら、ゴシゴシと泡立ていきます。


DSC08558.jpg
ゴシゴシ・・・


DSC08557.jpg
それが終わったら、再度濡れたタオルで、つかみとるように泡と汚れを拭っていきます。


DSC08562.jpg
本来なら乾くまで、風通しの良い場所で陰干しをするのですが、
時間がなかったので、遠くからドライヤーで温風を当てて乾かします。

*近すぎると熱で革がカリカリになってしまうのでご注意ください!


DSC08574.jpg
あ、擦り傷発見!


DSC08573.jpg
底付け用の、強い糊で傷口を塞ぎます。


DSC08549.jpg
汚れ取れたかな?
これがケア前です。


DSC08564.jpg
そしてこれがケア後。
つま先あたりの黒い汚れはすっかりなくなりましたね。

あとは栄養を与えて完成です。
使用したのは前述の靴クリーム。

ナチュラル系の革には、ほんと最高のクリームだと思います。


DSC08568.jpg
指で撫でるようにすり込んでいきます。


DSC08575.jpg
いかがでしょう。
潤いのある革になったのがお分かりでしょうか。


DSC08549.jpg
もう一度見てみてください。
これがお客様が持って来られた状態。


DSC08564.jpg
次に、洗浄が終了した画像。
革内の油分も洗い流されて、カサっとなっていますね。


DSC08577.jpg
こちらが、靴クリームを塗った後。
汚れが取れ、革本来の潤いが戻ってきました。

綺麗になった、愛着のある靴に足を通した時って、とてもいい気持ちになるんです。
ケア次第で、いつでも綺麗になりますんで、気にせずどんどん作業場で履いてやってくださいー







ケア用品1『M.モゥブレイ・プレステージ ビーズエイジングオイル
DSC08593.jpg
今回の3足は、こちらでケアしました。
新入荷のこのクリーム、かなり良いです。

ビーズワックス(蜜蝋)が入っており、蓋を開けると蜜の香りがします。
そして手に取ると、さらっとしていてベタベタしないので、使用感がとても良いです。

上記3足の靴のように、ヌメ系のナチュラルな雰囲気の靴がお好きな方は、
このツヤ感、質感を、きっと気に入っていただけると思います。

モリタ、20年ばかし、革や靴をいじってますが、これ、自信を持ってオススメします。

革によっては、向き不向きがありますので、お近くの方は是非、
ケアしたい靴を持ってご来店いただき、試してみていただきたいです。

遠方の方は、こちらでも販売しておりますので、よろしくお願い致します↓↓↓
http://kokochi333.fashionstore.jp/items/1632579








ケア用品2『WOLY / パワークリン

元々はスニーカー用のクリーナーです。
スニーカーの生地の部分だって、ゴムの部分だって、これ1本で洗浄出来てしまいます。

今回は革靴に使用しましたが、全く問題なく使えました。

通常、革靴の洗浄は「サドルソープ」と「水」でバチャバチャと洗うので、乾燥までに時間がかってしまいます。
ですがこちらを使用すると、ものの数十分でケアが完了し、そこそこ汚れを取ることができました。

ただ、革靴に使用する時の注意点が一つあります。

ビジネスシューズのように、銀面(表面)にツヤのある革には使用しない方が良いと思います。
理由は、ブラシになっているシリコン部分が、スポンジなどに比べ固いので、銀面を傷つける恐れがあるからです。

あくまでもスニーカー用。
ただ、カジュアルな(繊維が締まっていない)革には問題なく使えると思いました。

こちらもオンラインショップにて販売開始いたしました↓↓↓
http://kokochi333.fashionstore.jp/items/1632570








【あとがき】
DSC08584.jpg
本日の日記、かなり長くなってしまいました。
すみません・・・

イベント2日を終え感じたことは、靴の選び方のポイントや、
ケアの仕方など、きちんと商品の知識を知らずに購入している方が、以外と多いのではないかと。

・この靴、どうやってケアするんだろう?
・買った時はちょうどだったのに、サイズ大きくなったような・・・

そんな靴があれば、他社製品のものでも構いませんので、期間中、お気軽にお持ちください。
できる限りで対応させていただきます。

そして本日は、ひとこと言わせてください。

「靴、革、それらを取り巻く商品を販売しているショップの店員さんへ」
うわべの売り文句を考える暇があったら、革のこと、靴のこと、足のことをもっと学んでくださいな。


ということで、イベントは6月7日まで続きます。
よろしくお願いしますー!







【リンク】

・イベント詳細 → http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1939

・kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740








【営業日のお知らせ】
イベント以外の期間でも、 kokochi sun3 本店は通常営業しております。
以下、よろしくお願いいたします。

・2015年7月24日までは毎週木曜日以外の9:00〜20:00まで営業。
・ただし、6月26日、27日、28日は臨時休業。



---------------------------------------------------------------------------------
【イベントスケジュール】
5月30日(土)〜6月7日(日)『 シュールケアリズムvol.2 』 @ kokochi sun³直営店・神戸

*スケジュールは予告なく変更する場合がございます。
*6月26日〜6月28日は貸切営業のため、一般のお客様のご入場ができません旨、ご了承ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
pagetop