December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

イベントへ向けて

こんばんは、職人のミヤウチです。

只今工房では、7月25日(土)〜8月2日(日)にかけて開催致しますイベント、
「キノウノカタチ」に並べるモノたちをつくっております!

今回は道具にまつわるモノたち。
DSC09094.gif

革、真鍮、ハンドステッチを組み合わせ、
時には加工を施し、
一枚の革が、いろいろな表情に変わっていきます。

DSC09098.gif

DSC09101.gif
こちらも今は製作中ですが、実は革を使っています。

DSC09096.gif
革小物たちは、モリタが製作しています。
どんなイメージで製作しているのか、気になって聞いてみた所、
曲線の柔らかさを表現する時に、その過程の中に、
フンデルトヴァッサーのイメージがあるとのこと。

僕はフンデルトヴァッサーを、工房にある本で初めて知りました。
画家であり建築家でもある人で、その建築物の今まで見たことのない姿に
衝撃を受けたのを覚えています。

イメージを表現する中で、ちゃんと機能的であること、
それが大事、とモリタは言っていました。

イメージが先行しすぎるとやりすぎてしまうし、使いにくくなってしまう。
手に取って下さった方が、面白味を感じてもらえて、それでいて実用的であること。
そのバランスが大事だと。

今日もノートに、一つ言葉が増えたのでありました。


イベントではモリタが製作実演を交えながら、革やデザインの話等もさせて頂きます!
只今製作中の革小物も並び、植物たちもやってきますので、
ぜひ遊びにいらして下さいませ!


イベント「キノウノカタチ」は7月25日(土)〜8月2日(日)に開催。

キノウノカタチ_オモテ.jpg

革にある傷や虫食いの跡は、生きていた証であり、昨日(=過去)の姿を想像させられます。

植物は、自生地の過酷な環境に適応するため、自らが生きていくために、からだのカタチを変えていきます。
それは生きていくための機能であり、生きている証でもあります。
人が人工的に整えた形ではない、自然のカタチの植物たちを、
7月25日(土)〜7月31日(金)までは店内にて少しの種類を販売させて頂き、
8月1日(土)、2日(日)はお店の軒先にてたくさんの種類を販売させて頂きます。
またこの1日、2日の両日は、植物のプロであるHabitatのお二人も在店!

ぜひお楽しみに!






・「いちにちで作れるレザーサンダルの教室」好評開催中!詳しくは、こちらをご覧下さい

・kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

---------------------------------------------------------------------------------

【イベントスケジュール】

『 kokochi sun3 セール 』 6月29日(月)〜7月12日(日) @ kokochi sun3 直営店 now!

『 新作受注会 〜brooklyn〜』 6月29日(月)〜7月12日(日) @ kokochi sun3 直営店

『 いちにちで作れるレザーサンダルの教室 』 6月26日(金)〜8月末までの教室開催日 @ ヒトノネ

『キノウノカタチ』7月25日(土)〜8月2日(日) @ kokochi sun3 直営店
------------------------------------------------------------------------------------------------------

 【店休日のお知らせ】

7月:木曜日定休

8月:木曜日定休・23日から9月下旬までクローズ
pagetop