October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

kokochi sun3 流・ヌメ革ヌバックの楽しみ方


DSC09962 (1).jpg
インディ・ヌバックというヌメ革を使用し、marco という靴を作りました。

この革の面白いところは、履きこむほどに革に焼け色がつき、飴色に変化していってくれるところ。

更に革が擦れることによって、わずかに毛羽立った表皮が寝て、当たりが出て艶になるところ。

DSC09963 (1).jpg
想像してみてください。

甲に履き皺がつき・・・

つま先あたりに艶が出て・・・

全体的に飴色になっていった様を・・・

インディ・ヌバックとは、履く人の数だけ多様に変化してくれる、

とてつもないポテンシャルを秘めた革なんです。






・・・と、

話はこれだけではないんです。

下の画像をご覧ください↓↓↓

DSC09964 (1).jpg
なんだこの容器は???

こちらはアイアン染めを施す時に使用する染料。

そう、履き込んで例えば数年経ち、そろそろ変化が欲しくなってきたら、こいつで製品染めをしてやるんです。






デザインは違いますが、以下画像はインディ・ヌバックにアイアン染めをした靴。
↓↓↓







DSC09965 (1).jpg
DSC09967 (1).jpg
いかがでしょう。

全くと言っていいほど雰囲気が変わるんです。




・出来立て → 初めは優しい雰囲気の靴。

・数年後 → それがだんだん飴色になり、履き皺がつき、靴に貫禄が出てきて。

・更に数年後 → 「そろそろ雰囲気を変えたいな」って時にはアイアン染めを。

・それからずっと → アイアンで染めた後も、いろんな変化を楽しめます。




・・・と

デザインへのこだわり、経年経過を考えた革の選定や履き心地、

また、それらに伴った様々なアイデアなどを突き詰め続け、9年目の kokochi sun3 の靴があります。

長く長く何十年も履けて、尚且つ、いたずらごころ溢れる、最高に楽しい靴がここにあります。

「履くと気持ちが凛として、心がワクワクする靴を作れるようになってきた。」

そんな言葉が大袈裟ではないなと感じる、今まで感じたことのない感覚に、少し戸惑ってみたりする職人一同。

今まで以上に、最高の作品たちを見にきてやってください。

「接客」なんてできるたちではない、口下手な職人たちが在店しておりますので(笑)

口下手ですが、一生懸命頑張ります!






t.gif
“つなぐ日本のものあわせ”
場所:梅田大丸 東1階 イベントスペース
日時:9月16日(水)〜9月22日(火)、(kokochi sun³の出店は22日まで、イベント自体は29日まで開催しています。)
   10時〜20時半(18,19,20,21,22日は21時まで営業)

イベントURL:http://www.daimaru.co.jp/umedamise/monoawase/



【infomation】

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740
---------------------------------------------------------------------------------

【イベントスケジュール】

つなぐ日本のものあわせ』9月16日(水)〜9月22日(火・祝)@大丸梅田店・1階・東イベントスペース

ザ・フットプリンターズ』 9月26日(土)〜10月25日(日) @ kokochi sun3 直営店

『イベント名未定』 11月4日(水)〜10月25日(火) @ 熊本・鶴屋百貨店1F

『イベント名未定』 11月14日(土)〜11月29日(日) @ kokochi sun3 直営店

『イベント名未定』 12月5日(土)〜12月27日(日) @ kokochi sun3 直営店


------------------------------------------------------------------------------------------------------

 【店休日のお知らせ】

9月:木曜日定休・25日までクローズ






 
pagetop