June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

しずくのかたち、手織りの生地で仕立てられたバッグ・京都 Mustard

IMG_9666 (1).jpg

昨日に引き続き、第3回目は京都でセレクトショップを営んでいる Mustard の鞄を届けします。

記事の最後には 同点の今後のお店の情報を掲載していますので、「つづきのつづき展」に遠くて来れないって方はそちらで実物をご覧ください。

また、そこにも遠くて行けないって方は、当オンラインショップにてお買い求めください。
 
本日は商品についてご紹介しますので、ブランドの詳細についてはこちらをご覧ください。

オンラインショップ:
http://kokochi333.fashionstore.jp/

Mustard について:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1997








手織りの生地で仕立てられたバッグ

IMG_0375.jpg
IMG_0372.jpg

『 手織りの生地で仕立てられたバッグ / Mustard 』

手織りのウールを仕立てたバッグです。

生地となったブロックチェックのウールを縮絨させることによって優しくやわらかな質感となりました。

またフワフワとした繊維の中に空気を多く孕むので暖かく、これからの季節に使用するにはぴったりではないでしょうか。

ライニングに当てられた生地のマチ部分にはポケットが付いています。

持ち手部分のレザーのアクセントも素敵です。

使用時は持ち手がながいので、ショルダーバッグとしてお使いいただけるかと思います。

また持ち手幅が広いので、重いものを持ち運ぶときもストレスは少なくてすみそうです。

見た目の美しさに機能性を合わせた作りとなっています。

 
・Drop Lサイズ / Mustard  http://kokochi333.fashionstore.jp/items/2309633

・Drop Mサイズ / Mustard http://kokochi333.fashionstore.jp/items/2309717
 
 
 






しずくのかたち・パッチワークバッグ

IMG_0344.jpg
IMG_0387.jpg

『 しずくのかたち・パッチワークバッグ / Mustard 』 13000yen (+tax)

さまざまな生地を使いパッチワークされているにもかかわらず、雑多な感じがせず、シンプルでいてやわらかい印象のウールのバッグ。

ライニングに当てられた生地のマチ部分にはポケットが付いています。

持ち手部分のレザーのアクセントも素敵です。

使用時は持ち手がながいので、ショルダーバッグとしてお使いいただけるかと思います。

また持ち手幅が広いので、重いものを持ち運ぶときもストレスは少なくてすみそうです。

見た目の美しさに機能性を合わせた作りとなっています。

 
オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/items/2309703










ポータブルバッグ 

IMG_0395.jpg
IMG_0396.jpg

『 ポータブルバッグ / Mustard  』5500yen (+tax)

カラフルな生地を使用した、ポータブルバッグ。使用しないときは折りたたんで持ち運べます。

ふいに荷物が増えたときにあれば重宝しそう。

ポータブルバッグといえどもライニングはきちんと付いていますので、少々の荷物の重さにも耐えてくれそう。

バッグ内側にはポケットも一つ付いています。

携帯用にするには勿体無い逸品です。

 
オンラインショップ http://kokochi333.fashionstore.jp/items/2309760
 
 
 







Mustard 店舗情報

IMG_9629.jpg 

Mustard
京都市下京区東洞院通松原上ル燈籠町588  / 075 - 344 -2455
http://www.mustard-3rd.com/top.html
 
駐車場は、ご用意出来ておりません。
お車でお越しの方は、恐れ入りますが、近隣のコインパーキングをご利用下さいますようお願い申し上げます。
 
 








さいごに



セレクトショップとして12年のキャリアを持つ 京都・Mustard 。

オーナーの高井氏自らの手で作り上げた店内は、随所に彼独自のこだわりがあり、まるでその場自体が作品のよう。

それに呼応するように作られたバッグは店内に溶け、無機的に存在しながらも見る者に語りかけているようにも思えます。

いわば Mustardというお店と彼の作品は一心同体なのですが、それを引き離すと、見る人の印象はどう変わるのだろう?

そんな化学反応を求めた今回の「つづきのつづき展」での展示販売も終盤を迎えました。

例えば一つの作品を kokochi sun3直営店 で感じ Mustard で再度感じることで、「もの」の在り方を楽しむというのも楽しいかもしれません。
 
イベント「つづきのつづき展は」29日(日)まで開催しております。









「つづきのつづき」というイベント



「つづきのつづき展」特設サイト http://www.kutsuya-koubou.com/cn6/tsuduki.html








kokochi sun3・直営店



〒654−0055  神戸市須磨区須磨浦通5−5−24−1F

078−732−7740 / mail@kutsuya-koubou.com

MAP → http://yahoo.jp/SBHql1

*専用駐車場はありませんので、お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。

*最寄駅:JR須磨駅・山陽電鉄須磨駅









リンク

・  kokochi sun3 オンラインショップ → http://kokochi333.fashionstore.jp/

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740









イベントスケジュール

『つづきのつづき』 11月14日(土)〜11月29日(日) @ kokochi sun3 直営店

『長い名前のスニーカー展』 12月5日(土)〜12月27日(日) @ kokochi sun3 直営店

『 kokochi良い靴音 vol.3 』 2016年1月9日(土)〜1月17日(日)@BLUE NEON・高知

『 museum museum pop up shop 』1月27日(水)〜2月2日(火) @ うめだ阪急百貨店スーク内・大阪

『 一枚の革が靴になって。その靴を長く長く履いて 』 1月27日(水)〜1月31日(日) @ 神楽坂インタレスト・東京
pagetop