September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

リペアとケアについて・経年変化を楽しむためのスニーカー

リペアとケアについて・経年変化を楽しむためのスニーカー



リペアをしながら履き込んで、クタクタになっていくスニーカー。

破れたり、底に穴が空いたからといって捨てずに修理ができるように、そして長く履くことで革の経年変化を楽しめるようなスニーカーがあればいいなと出来上がった kokochi sun3 のハンドメイドスニーカー。
 
では実際のリペアはどのようにすれば良いのか。

また靴のお手入れの方法は?


 

ハンドメイドスニーカーについて http://kokochi-333.jugem.jp/?cid=70

オンラインショップ http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

 






リペアについて

 

踵ソール張り替えの目安など

IMG_0910.jpg

一番先に減ってくるのは踵。

ソールの底面から約6ミリはクレープソールと呼ばれる天然のゴムが貼られていて、踵あたりのクレープソールの上にはクッション性と軽さを保つための発泡ゴムが入っています。

履いていてそのゴムが見えてきたらリペアのサインですので、お近くの修理屋さんにお問い合わせいただくか、 kokochi sun3直営店 へお持ちください。

もしお近くに対応してくれるお店がないときは kokochi sun3直営店 へお送りいただければ、送料はかかりますが対応させていただきます。

ちなみに3日に1回のペースで1日中履いたとして、約半年は持ってくれるのではないかと思います(個人差はあります)。
 
 






オールソール張り替えの目安

IMG_0909.jpg

爪先あたりのクレープソールが薄くなってくると地面に足が近くなりますので、地面を掴む感覚がして疲れやすくなったりする場合があります。

そうなってくるとオールソール交換をお勧めします。

爪先の減り方は、踵の減りより格段に少ないと思いますので、3日に1回、1日中履いたとしても3年はもつのではないかと思います(これも個人差はあります)。
 
 
 





リペア料金 *本スニーカーに限り

IMG_0912.jpg

踵ソール張り替え 1000円+税
オールソール張り替え 5000円+税

 
遠方から工房へ修理靴を発送の場合は別途、往復発送費がかかります(以下、送料記載)。

関西、中国、北陸、東海 1200円
関東、信越、四国、九州 1400円
南東北 1600円
北東北 1800円

*全て税抜き価格表記です。
*その他地方につきましてはお問い合わせください
 
発送方法や入金方法に関しまして、その他詳しくはお気軽にお問い合わせください。
078-732-7740 / mail@kutsuya-koubou.com

 
 






お手入れについて



 
最初の1年ほどは1ヶ月に1回程度、汚れた箇所を消しゴムなどで消したあと、ブラシで汚れを落とし、栄養スプレーを吹き付けます。

揮発性の高いスプレーは淡い色の革にも色染みになりにくく、革の表面のツヤ感も新品時の状態に近く保ってくれるでしょう。
 
 






ヌメ革をしみにしたくない時に使うシューケアスプレー

55cc1482b0e85b169e26fa09749e89b4.jpg
 
『 WOLY / ナッパオイル 』 1500円+税

使い方は簡単。

まずはブラシで汚れをはらい、スプレーするだけ。

上の動画の通り素早く水分が飛んでくれるのでシミになりにくく、ケア開始から1分くらいでお手入れが完了します。

これで、栄養はもちろん、防水効果もありますので、少々の雨の日でも大丈夫ですね。
 
この商品に関して詳しくはこちら → http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1940
 
 
 
 




一生使えるシューケアブラシ

0e74ae4adbb184a6a682d52ba8cefc58.gif
 
『 HIRANO x M.Mowbray / 馬毛・汚れ落とし 』 4200円+税

“平野ブラシ”はとにかく強い。

とんでもなく長持ちをする。

今まで僕たちの工房で使用していたのは1000円ほどのブラシ。

1日数足を半年ほど使用したブラシは次第にへたってきて、次第に汚れをかき出したり艶を出したりする能力が劣ってくる。

こうなったら買い替えないといけないわけです。

反対に同じペースで1年程使用し続けている“平野ブラシ”は、まったくへたらない。

所々木製の部分には使用感が出てきてはいるものの、毛部分はほぼ新品のときと変わらない状態を保っています。
 
この商品に関して詳しくはこちら http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1921
 
 
 





1年ほど履き込んだら・・・


IMG_0494.jpg

1年ほど履きこむと経年変化で徐々に革が焼けて飴色になってきてくれたり、履き皺が出てきてくれると思いますので、

そうなってきたら以下のケア用品でエイジングのよりかかった感じに育てていくのも楽しいと思います。
 
 以下、ケア用品となります。








ヴィンテージ好きにはたまらないホースオイル

54aecf0e8ca3a3103537de27dd760bcc.jpg

『 ボンバーオイル・ハード 』 3500円+税

馬油+ミンク配合の製法で作り上げられた極上のメンテオイル商品(仕上げ用)です。

動物性のオイルで、メンテナンスすると植物性のモノより陽の光で革が焼けやすくなり、飴色になりやすくなります。

動物性オイル100%のこのオイルは、ヌメ革や淡い色の革を早く日焼けさすにはもってこいのオイルです。

また仕上がりが通常の乳化性のクリームよりマットです。

使い続けるうちに、次第に古着屋でよく見かける軍モノの靴のように、ヴィンテージ感のある風合にしてくれるシューケアオイルだと思います。

この商品に関して詳しくはこちら http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1786
 






 
蜜の香りのシューケアクリーム

1ba63cd297b2d8e7794606bd24f347f7.jpg

『 M.モゥブレィ / ビーズエイジングオイル 』 1500円+税

ビーズワックス(蜜蝋)が入っており蓋を開けると蜜の香りがします。

そして手に取ると、さらっとしていてベタベタしないので使用感がとても良いです。

ヌメ系のナチュラルな雰囲気の靴がお好きな方は、このツヤ感、質感をきっと気に入っていただけると思います。

作家・森田、20年ばかし革や靴をいじってますが、これ、自信を持ってオススメします。

革によっては、向き不向きがありますので、お近くの方は是非、ケアしたい靴を持ってご来店いただき、試してみていただきたいです。
 
この商品に関して詳しくはこちら → http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1944
 
 
 
 
 
 


あまりにも汚れが気になりだしたら、こんなのも使ってみると如何でしょう?

85478d1726c84cffb01d0786640ce76f.jpg
 
『 WOLY / パワークリーン 』1300円+税

元々はスニーカー用のクリーナーです。

スニーカーの生地の部分だってゴムの部分だって、これ1本で洗浄出来てしまいます。

以前、革靴に使用しましたが、全く問題なく使えました。

通常の革靴の洗浄は「サドルソープ」と「水」でバチャバチャと洗うので、乾燥までに時間がかってしまいます。

ですがこちらを使用すると、ものの数十分でケアが完了し、そこそこ汚れを取ることができました。

ただ革靴に使用する時の注意点が一つあります。

ビジネスシューズのように銀面(表面)にツヤのある革には使用しない方が良いと思います。

理由はブラシになっているシリコン部分がスポンジなどに比べ固いので、銀面を傷つける恐れがあるからです。

あくまでもスニーカー用。

ただ、カジュアルな(繊維が締まっていない)革には問題なく使えると思いました。
 
この商品に関して詳しくはこちら → http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1940
 
 
 





さいごに


IMG_0650.jpg

kokochi sun3 のメインラインと同じクオリティーの革を使用し出来上がったハンドメイドスニーカーは決して安い値段とは言えません。

ですがそこには「長く履き、育てていくためのスニーカー」という目的があったからこそ、革の選定と作りは妥協しませんでした。

だからこそ、リペアをしながら長く履き、経年変化を楽しんでいただけるスニーカーとなったと思います。

革の経年変化にわくわくとしながら、長く長く履いてやっていただければ嬉しいです。

商品について詳しくは以下リンクをご参照ください。

よろしくお願いします!
 
ハンドメイドスニーカー http://kokochi-333.jugem.jp/?cid=70

オンラインショップ http://kokochi333.fashionstore.jp/ 









ただいま直営店にて開催中!


スニーカー展web.jpg

2015年12月5日(土)〜12月27日(日)10時から20時・木曜定休(5日のみ18時閉店)

『 例えばそれが革でできていて リペアをしながら長く履けてしまって

おまけになかなかの経年変化を遂げてくれたら最高だなと思って作ったスニーカー展 』



路地裏に工房を構えてもうじき9年を迎える kokochi sun3。

当時独身だったお客様は結婚してお母さんになっていたり、お孫さんが産まれたお父さんはお爺ちゃんになっていたり。

生活環境が変わり子供中心の生活になってくると、さっと履けて走れる靴が必要になってくる。

革靴だと不自由に感じることがある…。皆さんの仰っていること、わかる、わかる。

ということで、今回はスニーカーを作りました。

価格は30000円(税抜)。

カラーはブラック、ブラウン、ナチュラル、アイアン染め*、ブロークン・ブラウン*の5色(*は35000円・税抜)。

限定50足の販売となります。12月5日より kokochi sun3 直営店及び kokochi sun3オンラインショップにて販売します。
 
イベント詳細:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2005
 








kokochi sun3・直営店



〒654−0055  神戸市須磨区須磨浦通5−5−24−1F

078−732−7740 / mail@kutsuya-koubou.com

MAP → http://yahoo.jp/SBHql1

*専用駐車場はありませんので、お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。

*最寄駅:JR須磨駅・山陽電鉄須磨駅









リンク

・  kokochi sun3 オンラインショップ → http://kokochi333.fashionstore.jp/

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740









イベントスケジュール


『長い名前のスニーカー展』 12月5日(土)〜12月27日(日) @ kokochi sun3 直営店

『 kokochi良い靴音 vol.3 』 2016年1月9日(土)〜1月17日(日)@BLUE NEON・高知

『 museum museum pop up shop 』1月27日(水)〜2月2日(火) @ うめだ阪急百貨店スーク内・大阪

『 一枚の革が靴になって。その靴を長く長く履いて 』 1月27日(水)〜1月31日(日) @ 神楽坂インタレスト・東京

 
 
pagetop