September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【 200個の工程と思いを込めた贈り物】 〜靴教室ヒトノネ〜




旦那様へのプレゼントにと作り始められたこちらの1足。
Tさんにとっては2足目の手作り靴です。



元々レザークラフトをされていたこともあり、手縫いにこだわった靴となりました。
本来は縫製の工程ではミシンを使いますが、アッパー部、ソール部の縫いまで、
縫いの工程はすべて手縫いで施されています。
もちろん時間も手間もかかりますが、その分作り手の思いが靴の顔となって表れているように思います。

そしてこの日は仕上げの工程。



切り揃えられたレザーソールとヒール部を丁寧にサンディングし、熱されたコテをあて、
あらかじめ塗り付けていたロウをソールに染み込ませて茶色く色付けていきます。



そして、カカトに仕上げの釘を打ち込み、中敷、紐を通して手作り靴の完成です。
凛とした雰囲気と優しい雰囲気を兼ね備えている靴に仕上がっていました。




デザインから始まり、裁断、縫製、つり込み… 
この1足が出来上がるまでに要した工程は約200。
そのすべての工程を「手」で作り、工程の数だけ気持ちの込められたこの1足は最高の贈り物だと思います。

完成おめでとうございました!
また感想聞かせてください^^
次作も楽しみにしております!


ひらかわ



リンク
 

ヒトノネ Facebookページ

靴のワークショップヒトノネ:http://www.kutsuya-koubou.com/workshop.html

これまでのワークショップの記事:http://kokochi-333.jugem.jp/?cid=18



 
pagetop