October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

素材が変われば、靴はこうも変わる

お取り扱い店舗である、山梨県の cobaco さん。

数ヶ月前、同店で行われた受注会でオーダーをいただいた靴を、

先日納品させていただきました。

 

その中の靴に「ジャンゴ」という靴があり、

お客様それぞれにオーダーいただいた仕様に、

素材遣いの面白さを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホースレザーのジャンゴ

DSC05467.jpg

DSC05469.jpg

DSC05470.jpg

 

全体がホースレザーで覆われたジャンゴ。

履き口に見えるベージュのヌバックがいいアクセントになってくれています。

こちらはクレープソール仕様となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

柿渋染めベージュのジャンゴ

DSC05471.jpg

DSC05472.jpg

DSC05474.jpg

 

こちらは前述の履き口に使われていた、ベージュのヌバックを全面に使い、

出来上がりに柿渋で染め、ユーズド感を出したもの。

 

履きこむうちに、陽に焼けて、

革はどんどん飴色に変化してくれると思います。

 

こちらもクレープソールでのお作りとなっております。

 

 

 

 

 

 

 

黒×白・凛とした佇まいのレザーソール仕様のジャンゴ

DSC05476.jpg

DSC05477.jpg

DSC05479.jpg

DSC05480.jpg

 

程よくツヤのあるブラックのレザーと、

履き口と紐に施されたホワイトレザーのコントラストが、一際目を引きます。

 

どことなく凛とした佇まいとなっているのは、レザーソール仕様となっているからでしょう。

クレープソールより薄く、質感が硬いので、革靴感(?)が出ていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

アイアン染めのジャンゴ

DSC05489.jpg

DSC05491.jpg

DSC05492.jpg

 

最後は後工程でアイアン染めを施したジャンゴ。

ベージュの革で完成までいき、製品になった後で染めを施します。

 

黒でもなく、茶でもなく、グレーにも見えて、そうでもないようにも・・・

この絶妙な色味を楽しめるのは、アイアン染めならでは。

 

経年変化で黒が退色し、茶系の色が際立ってくるのも特長です。

今後の成長に期待です。

 

 

 

 

 

 

まとめ

DSC05470.jpg

 

このように、同じデザインの靴でも、

選ぶ革によって見え方が全然変わってきます。

 

あーでもない、こーでもない。

 

革を靴に当て、悩みながら、

誰ともかぶらない、唯一無二の靴をオーダーしてみてはいかがでしょう。

 

ブログ内・ジャンゴのページ:http://kokochi-333.jugem.jp/?cid=69

 

 

 

 

 

 

 

 

あと3日で終了!

 

ただいま直営店にて、

「新作受注会&セール」を開催中です。

 

神戸は須磨海岸の近くの小さな工房へ、ぜひご来店下さい。

お待ちしております!

 

イベント詳細:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2177

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫神戸

 

10月29日(土)〜11月5日(土) 『 kokochi sun3 受注会 』@ ブティックプチ・兵庫 川西

 

11月11日(金)〜11月20日(日) 『 お久しぶり京都(仮) 』@ Mustard・京都

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kutsuya.koubou/

 

comments

   
pagetop