December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『 kokochi sun3 / OTO / 手揉み黒漆革 』

IMG_1495.jpg

 

kokochi sun3 / OTO / 手揉み黒漆革

 

仕様

アッパー:手揉み黒漆革

紐:蜜蝋編み込みブラック

ソール:ブラック

三つ編み:#11ブラック

ミッドソール出縫い:#11ブラック

アウトソール出縫:#11ブラック

 

価格

本体:85000円

手揉み黒漆革:10000円

合計:95000円(102600円税込)

 

その他

サンプルで作成したサイズ:26.0センチ

納期:約3ヶ月

 

 

どちらかというとカジュアルな印象のあるオブリークトゥの木型を、

一枚甲のアッパー、ノルウェイジャンという堅牢なソール周りで固め、

比較的クラッシックな革靴の作りで表現したのが新作の特長です。

 

それだけでも面白い靴に仕上がったと思うのですが、

今回はもう一つトピックが欲しかったんです。

 

そこで思いついたのが白と黒の対比。

昨日記事になったコードバンスプリットの白と、漆革の黒の対比。

 

そう、この黒漆革こそが kokochi sun3 の「これから」を象徴する革なのです。

 

 

 

 

_MG_1571.jpg

 

国産の原皮を仕様し、手で揉んで皺を出す。

そしてそこに漆を重ねて塗る。

 

革の凸部分に幾重にも塗り重ねられた漆の色はまさに漆黒。

暗闇になんとも美しく輝きます。

 

そして、その美しさもさることながら、使用感にも驚かされます。

例えば革の状態で握ると、革はぎゅっと収縮します。

そこでたいていの革(特にフルタン革)は、丸めた紙のような形状で止まることが多いのですが、

手揉みの漆革は握ったあと反発があり、革がもとの形に戻っていってくれます。

 

 

 

 

IMG_1575.jpg

IMG_1577.jpg

 

ぎゅっと握って、、、

 

放すと、、、

 

ふわっと戻ってくる。

 

 

 

 

IMG_1480.jpg

 

要は力が加わると、凹部分で革を伸ばし、漆の塗られた硬くなった凸部分で革を反発させ戻すんです。

だから大袈裟にいうと、まるでゴムマリを握った感じ。

 

それが靴になると、程よく張りがあり、包み込まれている感じがします。

初めてこの革を握った時は、そのポテンシャルの高さに身震いを覚えたと同時に、

何故シボ革の凸部分だけに漆を塗るのかを理解し感嘆の声を漏らしたのを覚えています。

 

 

 

 

_MG_1558.jpg

 

美しさと、使いやすさ、革に漆を塗るという面白さ。

決して安価なものではないですが、どの側面からみても、これ以上のものを僕はみたことがありません。

現時点で、あくまで僕(森田)目線で、最高の革だと断言できます。

是非、実物を見にいらしてください。

 

 

 

そう、今回のスペシャルレザー(コードバンスプリット・白なめしと、黒漆革)は

1月末までオーダー賜われる、限定レザーとなっておりますので、この機会をお見逃しなく。

 

もう一点、実はこの2種類の革、新作「OTO」以外のデザインでもお作りいただけます。

zanpanoや、brooklynや、ブギウギ5eyeや、corneなどで作って見てはいかがでしょう。

このあたり、また次回にでも記事に致しますので、どうぞお付き合いくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

OTO-DMオモテ.jpg

イベント詳細は画像をクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントスケジュール

9月16日(土)〜9月19日(火) 『 kokochi sun3 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

8月19日(土)〜8月27日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.11 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

6月28日(水)〜7月3日(月) 『 夏の創りびとたち展 』@ 新宿伊勢丹・東京都新宿区

 

6月9日(金)〜6月18日(日) 『 kokochi sun3 受注会 & 1DAY ワークショップ 』 @ sanbi・福岡県北九州市小倉

 

5月27日(土)〜5月28日(日) 『 クラフトフェアまつもと 』 @ あがたの森公園・長野県松本市

 

5月17日(水)〜5月22日(月) 『 日本のものあわせ 』 @ 札幌大丸

 

4月29日(土)〜5月7日(日) 『 10周年 』 @ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

4月8日(土)〜4月16日(日) 『 路地裏の靴作家vol.10 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

3月27日(月)〜4月1日(土) 『 2回目の受注会(仮) 』 @ ブティックプチ・兵庫県川西市

 

2月11日(土)〜2月28日(火) 『 初めまして北九州! (仮)』@ sanbi・福岡県北九州市

 

1月25日(水)〜1月29日(日) 『 路地裏の靴作家 SP(仮) 』@ 神楽坂インタレスト・東京

 

1月7日(土)〜1月15日(日) 『 kokochiよい靴音 vol.4 』 @ BLUE NEON

 

*日程等予告なく変更する場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kutsuya.koubou/

pagetop