September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ヒト と モノ

真新しい靴に足を通すとき

体の中に「異物」が入ってきたかのような錯覚を受ける

 

それからしばらくは、その「異物」を受け入れるべく

靴下を薄くしてみたり、絆創膏を貼ってみたり、履く時間を増やしていったりする

 

そうこうしているうちにその「異物」は、「異物」であることをあきらめたのか

履き手の甲に添い、指の付け根で起こる屈曲を許すようになる。

 

ヒト と モノ

 

私たちが使いやすいようにと、モノを馴染ませていくように

モノもまた、使われやすいように変化を続けてくれているような気がして、そう思うと、心が優しく締め付けられます

 

日用品として、長く使える靴づくりを

 

 

 

 

 

 

 

 

2月18日より、期間限定で直営店オープンいたします。 

詳細はこちら

 

 

 

JUGEMテーマ:handmad

pagetop