December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

疲れない靴

最近、左足の疲労が激しい。靴製造業にて長時間労働。ヒール打ち機や圧着機でペダルを右足で踏むものだから、必然的に軸足の左足に負担がかかる。十代の頃に煩った疲労骨折のせいで左足は痺れ、腰の辺りまで疲労感がたまる。「なんとかならんかな〜」と、色々な書物を読みあさり、またネット上で情報収集。その結果たどり着いた私なりの見解。

1:ヒールレス
読んで字のごとく、ヒールがない靴。言うなれば裸足で歩行しているのと同じ。ヒールがある靴の場合、どうしても前傾姿勢になったしまって、指の付け根あたりが地面との支点となってしまう。それにより、一点に体重が乗っかるので疲労がたまってしまうし、膝や腰への負担、更には背中までも前方に曲がった状態になります。そういった各部位への負担を軽減させるのがヒールレスな靴。

2:オブリックトゥー
さまざまな形のトゥ(つま先)をした靴を見かけますが、履いてみるとどうも窮屈で締め付けられているような感じがします。足の指全体が締め付けられ、自由が利きません。ですがオブリックトゥーと呼ばれる人の足なりに形成されたトゥをもつ靴は全くそれを感じさせません。靴の中で足の指がリラックスしていますので、血行もよくなります。

3:アーチサポート・イン・ソールorフラット・インソール
アーチが低くなり、扁平気味になると、足裏にかかる体重分配が崩れ、疲れやすくなるらしい。それを回避する為に2つの選択肢があるようです。まずは疲れにより下がってくるアーチ。それを「サポートするインソールを挿入する」。そして、もうひとつがインソールに、むやみにアーチを作らず「足の裏の筋力を鍛える」フラット・インソール。両者とも理にかなっていて捨てがたいですね。

いろいろ調べていくうちに、どうもこの三つのキーワードが、私の左足の疲労を軽減させるポイントなのではと思うようになってきた。とにかく脚を保護しつつ裸足に近い歩行状態であれば疲れにくいということなのだろうか。

「疲れにくい靴」について調べてみた結果、行き着いた場所はドイツ・コンフォートシューズ。デザインと機能を兼ね備え、私的に満足できそうなブランドを探してみると、ビルケンシュトックとトリッペンに行き着いた。神戸には両ブランドとも専門で取り扱っているお店があったっけ。早速、次の休日にでも・・・

comments

   

trackback

人気ブランドとは

人気ブランドというのは、こんな感じで利用者が高い価値を認めることで広がり、ブランドを作る人も、働いている従業員も、消費者も満足することで、浸透してきます。消費者が満足を得て、欲しいという心を刺激し続け、販売している企業に利益をもたらしているようですね

  • No1 ブランド ブランド 人気の・・ ブランドはどのようにして
  • 2006/09/24 10:31 AM
pagetop