December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

シューケア〜トリッペンをカスタマイズ?〜

トリッペン用クリーム
私は靴を購入後、まずシューケアをします。「新品やのに?」って思われる方もいらっしゃるでしょう。でもよく考えてみてください。製造工程を経て完成された靴にはもちろんシューケアが施されます。その後、工場を出て問屋さんへ。そこからショップ。店頭から私たち消費者の手元に届くまで約数週間、いえ、数ヶ月などというものもざらではないでしょう。その間に革の潤いは失われていきます。なので購入後にはすぐシューケアです。

それでは、この間購入したトリッペンにお化粧です。今回使用したシューケア用品は、「モゥブレィ/ステインリムーバー(汚れ落とし)」と「モゥブレィ/デリケートクリーム」。
アッパーの質感はマットなブラウンで、クリームがよく染み込んでいきそうな革です。普通ならアッパーと同色かそれより少し薄い色のクリームを使うのですが、それだと今よりも艶が出てきそうだったので、今回はあえてソフトレザー用の無色を塗って、マットな感じに仕上げてみようかと。履き込んでいって、使い古した感じになってきてから、同色かそれより少し濃い色で仕上げるとアンティークっぽい風合いになるかなと。

今回はまず軽く埃を落としてから、ステインリムーバー(画像左)を布に取り、古いクリームや汚れを落とします。その後、今回はデリケートクリーム(画像右)を使い、靴に塗り込んでいきます。そして最後は空拭き。デリケートクリームは乳化性の靴クリームよりも、つやのもとであるロウ分が少ないため(水分が多いため)、自然な風合いを出すのにはもってこいです。私はかなりの頻度でこれを使います。

持論になりますが、靴クリームのチョイスは好みの問題で、購入した靴を自分のスタイルに合わせてどうカスタマイズするかって事だと思ってます。なので、今回のトリッペンのカスタマイズ計画は、マットな風合いをしばらく楽しんで、クタクタになってきたらダスキーブラウンあたりの色でツヤをだしてアンティーク調に(笑)。簡単な事なのですが、これで靴の表情が変わってくるのですから不思議で楽しくて。

いやいや、革や靴。
のめり込むと抜け出せません。

comments

   

trackback

靴でおしゃれするための基礎知識

TB失礼します。靴と一言いってもその種類はたくさんありますね。スニーカーにブーツ、ビジネスシューズに、その用途や目的からもファションや作業、スポーツ、運動や登山、レジャーなど様々です。靴をおしゃれに履きこなすためのコツと選び方について基礎知識を集めま

  • 無料でおいしい情報局
  • 2006/10/10 11:32 PM
pagetop