December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

製靴塾日記 2006.10.10~10.13

西成製靴塾、2週目。まだまだ驚きと発見の毎日で、今まで以上に靴の奥深さを知るのであります。

からげ
2006年10月10日(火)
「チャン!」言うてアッパーと中底をからげる。チャン、チャンと執拗に言うても一向に返事なし。長田の貼工さんよろしく、コロのついたダイゴローころころと、チャン違いではあるが少し懐かしくなる今日この頃。朝から夕刻までからげ続けながら、週明けにも関わらず、酸欠にてトリップ・・・。

2006年10月11日(水)
稽古の意味を知る事、師の手さばきをまねる事、失敗の理由を知る事。靴を作る仕事に携わりだした頃からずっと習慣にしてきたそれが今、実を結ぶ。毎日考え、見て、マネる。どんなに体調悪くても、これだけは怠りまへん。本日、アッパー縫い、先週より少し前進。脱線はもう、しまへん(苦笑)。

2006年10月12日(木)
革断ち、アッパー作るも少し気になる事。張り込みの時の手違い?オモテよりウラの方が吊り代多いで・・・。「ヤバイんちゃいます?」と師に問うてみて納得。ウラの吊り込み代が大きくとて、タックスを打ちながらの吊り込み。その後、アッパーは中底とからげるのであってウラが少し大きかろうが、さして問題はないのである。機械吊りやったらドエライコッチャで(笑)。制作段階にて、ハンドメイドであるが故、多くの回避できる道がある事を知る。日々収穫。

2006年10月13日(金)
マッケイ、底とアッパーを糊で付けた後、切り回し。大きめに断った底の側面、切り回し万年。されど悪戦苦闘。包丁片手に目先の角度と手首の回し加減など、などなど・・・。考え悩んだあげくに、見つけた自分なりの正解論。もはや意気衝天(笑)。

comments

はじめまして、こんにちは。

私は、靴作りを習いたいなと思い、自分に合う教室を探していたらコチラのブログを見つけてコメントを書いています。

私は、自分で履く靴を創りたいと思っています。でも、折角創るのなら教室が終わっても自分の履きたい靴が創れる様になりたいと思っています。

他にも教室はありますが、西成製靴塾の塾生になった強い理由はありますか?

  • かえる
  • 2006/10/17 1:25 PM
   

trackback

pagetop