September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

概念からの逸脱

2006.12.17-1
2006年12月17日(日)
早朝、ごく自然に落ちて来た

すとん

ソールトニックで仕上げ、作業を終えたはずの底回り
それにまたロウを擦り込む
いつもとは違う、執拗以上に塗り固める
拭わずそのまま

靴クリームで汚し、ねじったブーツ用革紐を結わえる
チョウチョ結びのヒゲは方々へ向いている

踏みつける
そしてトゥを反らす

革靴とは伝統的で優美、そんな概念が邪魔をしていたのかもしれない
だから尚更、真っ白にして紡いでみたらこうなった

これ、中古か?
それ、キレイか?
皆はそう問うかも知れない

ならば僕はこう答えよう
歪んでいるのはオカシイデスカ?
奇麗じゃなければダメナノデスカ?

誰も通らない道を歩く
何故か無性にワクワクする

これがkokochiという靴なのかもしれない
今はそんな気がしている(苦笑)

comments

   
pagetop