October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

限定9本『残革バッグ・くるみボタン』

工房での受注会が近づいてきました。

今受注会のトピックは以下。

 

・新作 OTO のリリース

・限定革、黒漆革とコードバンスプリット・白なめし革のオーダー開始

・アウトレットセール

・限定残革バッグの販売開始

 

その中で本日は「残革バッグ」をご紹介させてください。

 

 

 

 

 

_MG_1538.jpg

 

デザインコンセプト

工房で余ってしまい、使い道のなくなってしまった革(残革)を仕様し、

新しいプロダクトを作ろうという企画の第一弾。

 

本来なら処分してしまう革なので、革の価格は商品代金に含まず、価格設定していますので、

比較的手に入れやすい価格帯となっていると思います。

 

そして、このプロジェクトを進めるにあたり、一つのコンセプトを決めました。

それは、「残革(処分する革)だからといって、デザイン・スペックに手を抜かず、とことんこだわる」ということ。

 

上記コンセプトにこだわることで、本当に残革を使用したのかという価格になってしまうこともありますが、

逆にいえば、この価格に革代が含まれれば、もっと高い値がつきます。

 

残革だからと言って、革の質が悪いわけでは決してありません。

安価な価格で、最高の品を手に入れてください。

 

 

 

 

IMG_1557.jpg

 

kokochi sun3 / 残革バッグ・くるみボタン 』24000円+税

 

くたっとした質感が魅力のバッグが完成しました。

 

使用されたのは、もちっとした質感のカウレザー。

カラーは2色、ブラックとブラウン。

 

ブラックはブラックすぎず、ブラウンはブラウンすぎない絶妙なカラーとなっています。

その理由は、各色に染める前、地の色が薄く残っているから。

白く鞣されたベースの色に、うすく染色したため、優しい色の表現が可能になりました。

 

 

 

 

IMG_1548.jpg

IMG_1543.jpg

 

デザインの特徴は、持ち手部分に施されたくるみボタン。

革で包まれたカシメは本体に馴染み、柔らかい雰囲気を持たせてくれています。

 

 

 

 

IMG_1550.jpg

 

さらに特徴的なのはマチ部分。

一般的に均等幅で構成されるマチ部分に変化を加えることで、より立体感のあるデザインに仕立てることができました。

マチのトップにあるハンドステッチもデザインのアクセントとなっています。

 

 

 

 

IMG_1549.jpg

IMG_1552.jpg

 

機能的には、小さい個体ながらも肩でかけられるように持ち手を長くとっていたり、

開口部分に隠しマグネットを細工していたりとスペックにもこだわりました。

 

 

 

 

IMG_1553.jpg

 

また、ライニングはフレンチリネンを使用。

そのしなやかで柔らかな質感をお楽しみいただけます。

もちろん、内ポケットも付いています。

 

さらに両色とも製品加工が施されており、ブラウンに関しては出来上がり後に栗渋で染めが施されています(ブラックは水洗い)。

ですので、経年変化でブラウンは、栗渋が紫外線に当たることでより濃く、ブラックは染料の退色により、

地の白い革が見えてくることで、より薄く(グレーっぽく)育っていってくれることでしょう。

 

このように、余すところなく注ぎ込んだアイデアを形にした「残革バッグ」を、

ぜひ日常生活で楽しんでいただきたいなと思います。

 

 

 

 

IMG_1557.jpg

 

サイズ

本体開口部分:高さ:底面マチ = 400mm x 230mm x 100mm

持ち手長さ = 450mm

内ポケット横:縦 = 230mm x 150mm

*製品染めを施しているため、個体差はあります。

*天然皮革を用いていますので、摩擦、汗などにより色落ちをします。

 

 

 

 

販売方法

9月16日からの工房受注会より販売開始。

なくなり次第、販売終了。

ネットショップにて9月19日より発売開始。

 

 

 

 

 

【 こうべくつ家の靴教室・10月スケジュール 】

IMG_1425.jpg

 

1年越しで完成した靴、

ギリギリ夏、間に合った靴、サンダル・・・

 

こうべくつ家の靴教室は完成ラッシュ。
そして他の生徒たちは秋冬に向けブーツを製作中だったり(頑張りましょうね!)。

 

遅くなりましたが、
10月のスケジュール更新しました。

 

http://www.kutsuya-koubou.com/index.html#workshop

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

IMG_1483.jpg

IMG_1424.jpg

IMG_1422.jpg

IMG_1330.jpg

IMG_1329.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

・いちにちで作れる靴教室についてはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kutsuya.koubou/

『 OTO 〜これまでと、これからと〜 』@こうべくつ家

OTO-DMオモテ.jpg

 

 2017年9月16日(土)〜9月18日(月)

OTO 〜これまでと、これからと〜 』@こうべくつ家

 

 新作の名前は OTO (おと)。

野暮ったい足なりになりになった木型に、一枚の革でできたアッパーとライニング。

そして新しい底縫いの製法。技術、感性、その全てを出し尽くした作品が出来上がりました。

 

 作品のコンセプトは「これまでと、これからと」。

 

長年探求し続けてきた靴の加工技術の集大成の「白=これまで」と、

それに相反するように使用された日本の伝統技法、漆工を施した「黒=これから」。

 

毛色の全く違う二つのマテリアルを、白と黒のコントラストで表現したのが今回の見どころです。

同じデザインにして、表情の異なる靴を楽しんでいただければ幸いです。

 

また、同時開催としてアウトレット品と、残革を使用したバッグ(限定9本)も販売いたします。

お誘い合わせの上ご来店下さい。

 

 

 

 

【新作受注会

本状オモテの黒と白の革は2018年1月末までオーダーいただける、期間限定レザーとなっております。

年内の直営店営業予定日は、本期間中のみの予定ですので、この機会にご注文ください。

 

 

 

残革で作られたバッグ展

工房で余った革で作られたバッグを限定9本販売します。カラーはブラックとブラウンの2色。

価格は24000円(+税)。残革だからと手を抜かず、デザイン、スペックにとことんこだわった逸品となりました。

画像はブログ、SNSにてアップいたします。

 

 

 

アウトレットセール

製作後、一年以上が経過し、色褪せてしまっていたり、履き皺がついてしまった靴を対象にアウトレットセールを開催します。

サイズが合えばお買い得なセールとなっております。

 

 

 

その他

スペースの都合上、掲載しきれなかった情報は

追ってブログ、SNSにてアップしてまいりますので、ご確認いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントスケジュール

9月16日(土)〜9月19日(火) 『 kokochi sun3 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

8月19日(土)〜8月27日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.11 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

6月28日(水)〜7月3日(月) 『 夏の創りびとたち展 』@ 新宿伊勢丹・東京都新宿区

 

6月9日(金)〜6月18日(日) 『 kokochi sun3 受注会 & 1DAY ワークショップ 』 @ sanbi・福岡県北九州市小倉

 

5月27日(土)〜5月28日(日) 『 クラフトフェアまつもと 』 @ あがたの森公園・長野県松本市

 

5月17日(水)〜5月22日(月) 『 日本のものあわせ 』 @ 札幌大丸

 

4月29日(土)〜5月7日(日) 『 10周年 』 @ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

4月8日(土)〜4月16日(日) 『 路地裏の靴作家vol.10 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

3月27日(月)〜4月1日(土) 『 2回目の受注会(仮) 』 @ ブティックプチ・兵庫県川西市

 

2月11日(土)〜2月28日(火) 『 初めまして北九州! (仮)』@ sanbi・福岡県北九州市

 

1月25日(水)〜1月29日(日) 『 路地裏の靴作家 SP(仮) 』@ 神楽坂インタレスト・東京

 

1月7日(土)〜1月15日(日) 『 kokochiよい靴音 vol.4 』 @ BLUE NEON

 

*日程等予告なく変更する場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kutsuya.koubou/

 

 

『 OTO / col:brn / 27.0cm 』

 

IMG_1379.jpg

IMG_1377.jpg

IMG_1374.jpg

IMG_1375.jpg

IMG_1372.jpg

 

【 kokochi sun3 / OTO 】

 

[ 仕様 ]
本体:トーマス・ブラウン
シューレース:蝋引き2mm・#7ブラウン
ソール:ブラウン・ロウ
アッパー三つ編み:#9ホワイト
ミッドソール出し縫い:#9ホワイト
アウトソール出し縫い:ホワイト

 

[ 価格 ]
本体:85000円
ソール・ブラウン・ロウ:3000円
25.5センチ以上:2000円
合計:90000円(97200円 税込)

 

[ その他 ]
サイズ:27.0cm
納期:約3ヶ月

 

新作のもう一つの特徴は、アッパー、ライニング共にタン部分を除き、1枚の革で形成されているということ。

デザインとなるアッパー部分は踵に、そしてライニング部分は内側のくるぶし辺りに1本の縫い目があるだけです。

 

デザイン面(ブラウンの革)はパーツを1枚にすることで、見た目がシンプルになり、より木型のラインを強調させることができます。

いつもよりほんの少し肉厚な甲の形は、絶妙なやぼったさを表現したかったからで、それを強調させるために1枚の革でデザインは形成されています。

 

またアッパー部分のもう一つの特徴は、(木型でなくデザイン面で)踵周りがやや小さめにデザインされていて、

今までの kokochi sun3 とはまた違った見た目や、履き心地を体感していただけると思います。

 

デザイン面を1枚にしたのだからと、1枚にこだわったライニングに関しては、

靴内で足と革の継ぎ目が1箇所しかないのでフィッティングはとても良いですし、履いていて磨耗でステッチが飛んでしまうことは少ないと思います。

 

また、デザイン面とのつなぎ目をずらすことで足当たりはよくなりますし、ステッチのパンク故障の原因を減らします。

そして何より、この靴に使用されたトーマスという革のポテンシャルに驚かされます。

 

このまま自然に履き続ければ、やがて擦れたところからヌメ革がのぞいてきて、毛羽が立ち、

まるで使い古されたワークブーツのようになってくれますし、しっかりとクリームを入れケアしてあげれば、

年季の入ったドレスシューズのような光沢のある表情に育ってくれます。

 

カラーはブラウン、ブラック、キャメル、ターコイズブルーの4色。

トラッドにもカジュアルにも履いていただける OTO という靴にはもってこいのマテリアルじゃないかと、製作をしながら思った次第です。

 

 

 

 

 

 

 

イベントスケジュール

9月16日(土)〜9月19日(火) 『 OTO 〜これまでと、これからと〜 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

8月19日(土)〜8月27日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.11 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

6月28日(水)〜7月3日(月) 『 夏の創りびとたち展 』@ 新宿伊勢丹・東京都新宿区

 

6月9日(金)〜6月18日(日) 『 kokochi sun3 受注会 & 1DAY ワークショップ 』 @ sanbi・福岡県北九州市小倉

 

5月27日(土)〜5月28日(日) 『 クラフトフェアまつもと 』 @ あがたの森公園・長野県松本市

 

5月17日(水)〜5月22日(月) 『 日本のものあわせ 』 @ 札幌大丸

 

4月29日(土)〜5月7日(日) 『 10周年 』 @ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

4月8日(土)〜4月16日(日) 『 路地裏の靴作家vol.10 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

3月27日(月)〜4月1日(土) 『 2回目の受注会(仮) 』 @ ブティックプチ・兵庫県川西市

 

2月11日(土)〜2月28日(火) 『 初めまして北九州! (仮)』@ sanbi・福岡県北九州市

 

1月25日(水)〜1月29日(日) 『 路地裏の靴作家 SP(仮) 』@ 神楽坂インタレスト・東京

 

1月7日(土)〜1月15日(日) 『 kokochiよい靴音 vol.4 』 @ BLUE NEON

 

*日程等予告なく変更する場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kutsuya.koubou/

『 OTO / col:wine / size:25.0cm 』

IMG_1390.jpg

 

【 kokochi sun3 / OTO 】

 

本体:ホースレザー・ワイン
シューレース:蝋引き2mm・ホワイト
ソール:ナチュラル
アッパー三つ編み:#9ホワイト
ミッドソール出し縫い:#9ホワイト
アウトソール出し縫い:ホワイト
オプション:なし

 

サイズ:25.0cm
納期:約3ヶ月
価格:85000円(91800円税込)

 

 

 

東京での受注会ぎりぎりで、ようやく出来上がりました。今回は新しい木型と、新しい製法を取り入れました。

木型は足なりになったオブリークトゥを使用、フィッティングは抜群です。

 

製法はノルウェイジャンウェルト製法にて。吊り込み後のアッパーと中底を掬い縫いながら三つ編みをかけ、

その後張り出たアッパーとミッドソール(アウトソールは3層なのでその1層目)を縫います。

最後に2、3層目のアウトソールをつけ、1〜3層目に出し縫いをかけています。

 

トゥの形や履き心地はコンフォータブル、それに相反するような堅牢な作り。

このアンビバレントな、いわゆる絶妙な佇まいを完成させるには、

ノルウェイジャンというインパクトのある製法が必要だったのです。

 

本品、色・質感ともに立体感のあるホースレザーが、より一層、存在感を引き立たせています。

できたサンプルは合計4足。1点ずつ説明を入れながら、こつこつ上げていきますので、よろしくお付き合いください。

 

森田 圭一

 

 

 

 

IMG_1388.jpg

IMG_1387.jpg

IMG_1381.jpg

IMG_1383.jpg

IMG_1385.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントスケジュール

9月16日(土)〜9月19日(火) 『 kokochi sun3 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

8月19日(土)〜8月27日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.11 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

6月28日(水)〜7月3日(月) 『 夏の創りびとたち展 』@ 新宿伊勢丹・東京都新宿区

 

6月9日(金)〜6月18日(日) 『 kokochi sun3 受注会 & 1DAY ワークショップ 』 @ sanbi・福岡県北九州市小倉

 

5月27日(土)〜5月28日(日) 『 クラフトフェアまつもと 』 @ あがたの森公園・長野県松本市

 

5月17日(水)〜5月22日(月) 『 日本のものあわせ 』 @ 札幌大丸

 

4月29日(土)〜5月7日(日) 『 10周年 』 @ こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

4月8日(土)〜4月16日(日) 『 路地裏の靴作家vol.10 』 @ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

 

3月27日(月)〜4月1日(土) 『 2回目の受注会(仮) 』 @ ブティックプチ・兵庫県川西市

 

2月11日(土)〜2月28日(火) 『 初めまして北九州! (仮)』@ sanbi・福岡県北九州市

 

1月25日(水)〜1月29日(日) 『 路地裏の靴作家 SP(仮) 』@ 神楽坂インタレスト・東京

 

1月7日(土)〜1月15日(日) 『 kokochiよい靴音 vol.4 』 @ BLUE NEON

 

*日程等予告なく変更する場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kutsuya.koubou/

<<back|<123456>|next>>
pagetop