June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

動画「ストレンジピープル」全5作品まとめ

「つづきのつづき展」に出展する5組の作り手の動画のまとめページです。
作品はもちろん、その人柄もフォーカスした動画をお楽しみください。




『 ストレンジピープル 〜職人たちの風変わりな業〜 』
gL-Leather・手縫いのレザーウォレット(愛媛)




『 ストレンジピープル 〜職人たちの風変わりな業〜 』
Mustard・手織りの生地で仕立てられたバッグ(京都)




『ストレンジピープル〜職人たちの風変わりな業〜』
ニワカヤマ工場・藍染のウェアー(和歌山)



『ストレンジピープル〜職人たちの風変わりな業〜』

木ものNAKAYA・生木の器とランプシェード(静岡)


 


『ストレンジピープル〜職人たちの風変わりな業(わざ)〜』
kokochi sun3・ハンドメイドシューズ(兵庫) 





つづきのつづき展 特設サイト http://www.kutsuya-koubou.com/cn6/tsuduki.html








その他リンク

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

『ストレンジピープル〜職人たちの風変わりな業〜』和歌山・ニワカヤマ工場編

11月14日〜11月29日 、kokochi sun3直営店で「つづきのつづき」というイベントの開催にあたり、
取り扱いさせていただく作家さんたちの取材に行ってまいりました。

その時の映像を編集しましたので見てやってください。
そして興味を持っていただけたなら、是非イベントにお越しください。

今回は「 ニワカヤマ工場 」 の藍染のニット製品をご紹介します。








阿吽の呼吸

IMG_9363.jpg
和歌山県の藍染職人・澤口隼人(ニワカヤマ工場)。
工房の周りは山に覆われていて、近くには川が流れ鳥や虫たちが方々で鳴いていた。

同県日高郡の古い2階建ての民家が彼の工房。
藍釜がある納屋の扉を開けると、アンモニアの臭いがツンと鼻に着く。

藍釜の木蓋を開けると、
発酵した濃い紫色の液体が釜の中でぷくぷくと音を立てていた。

 



IMG_9345.jpg
取材にあたり何か染めるものがあればと持参したレザーのパンプス。
染めむらをなくすため、お湯と灰汁(あく)を混ぜたものに漬けた後、いよいよ藍で染める。

数分間藍に浸した後取りだし、空気中の酸素により酸化させ色を定着させる。
1回の染色で得られる色は薄く、これを何度も繰り返すことで理想の色に近づけていくのだとか。

 



IMG_9372.jpg
入れて揉んでるだけなんですけどねと、釜の中でパンプスを静かに揺らす。
藍釜に浸かった指先から手首までの間は藍色に染まっている。

素手で藍や染めるものに触れることで、
その状態と染まり具合を感じることができると澤口氏は言う。





IMG_9364.jpg
毎日異なる藍の状態。

元気がなくなってくれば発酵を促すために日本酒を入れ、
また元気すぎると早く腐敗してしまうので、成長を抑えるため石灰を混ぜる。

阿吽の呼吸。
彼の藍に寄り添う姿を見ていると、そんな言葉が頭を満たして心が温かくなった。
 
 

取材日:2015年10月13日(森田圭一)


 
こちらは11月14日〜11月29日までの kokochi sun3直営店イベント「つづきのつづき」にて販売いたします。
ニワカヤマ工場 http://www.niwakayama.com/
 






「つづきのつづき」というイベント



イベント詳細 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1989








kokochi sun3・直営店



〒654−0055 
神戸市須磨区須磨浦通5−5−24−1F

078−732−7740 / mail@kutsuya-koubou.com
MAP → http://yahoo.jp/SBHql1

*専用駐車場はありませんので、お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。
*最寄駅:JR須磨駅・山陽電鉄須磨駅









リンク

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

『ストレンジピープル〜職人たちの風変わりな業(わざ)〜』 kokochi sun3 シューズ編

11月14日〜11月29日 、kokochi sun3直営店で「つづきのつづき」というイベントの開催にあたり、
取り扱いさせていただく作家さんたちの取材に行ってまいりました。

その時の映像を編集しましたので見てやってください。
そして興味を持っていただけたなら、是非イベントにお越しください。

今回は「 kokochi sun3 」 のハンドメイドシューズをご紹介します。











新しい「美しい」の探求


 IMG_9184.jpg
神戸市須磨区に工房兼ショップを構える kokochi sun3 は
9年目の年を迎えるハンドメイドシューズ・ブランド。

一枚の革が靴になるまでおよそ1ヶ月、靴が出来上がるまでの工程の数は200を超える。
気が遠くなるほどの作業の数、それでもハンドメイドの靴にこだわり続けるのは、

量産の靴にはない素朴で温かみのある靴を作りたいから。
kokochi sun3 の靴は機械には頼らず工程のほとんどを手作業で行っている。
 



IMG_9171.jpg
直営店でのオーダーの仕方はこう。
気に入ったデザインが見つかれば足のサイズを計り、どのサイズがフィットしているかを調べる。

その後、革の色や素材などを決定し約2ヶ月後に納品となる。
足の計測時にもし木型と足があっていない場合は足に合うように木型を修正し、それでも合わなければオーダーを断ることもある。




IMG_9208.jpg
お気に入りの靴を何年も何十年も履き続けるには、
木型と足があっていることと、それに耐えうる革の選定ができていること。
そして修理ができる靴の仕組みになっているかが重要なポイントだ。
 




一枚の革で底面からすっぽりと覆われたデザインの靴。
お椀型に形成された革底。
凸凹とした形状をしたヒールの側面。






様々な形で表現される kokochi sun3 の一見奇抜にも見える靴たちは、
足を守る道具としての機能を守りつつも、新しい「美しい」の探求の証である。


こちらは11月14日〜11月29日までの kokochi sun3直営店イベント「つづきのつづき」にて販売いたします。
kokochi sun3  http://www.kutsuya-koubou.com


撮影:2015年10月6日
監修:こうべくつ家









「つづきのつづき」というイベント



イベント詳細 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1989








kokochi sun3・直営店



〒654−0055 
神戸市須磨区須磨浦通5−5−24−1F

078−732−7740 / mail@kutsuya-koubou.com
MAP → http://yahoo.jp/SBHql1

*専用駐車場はありませんので、お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。
*最寄駅:JR須磨駅・山陽電鉄須磨駅









リンク

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

『ストレンジピープル〜職人たちの風変わりな業〜』木ものNAKAYA編

11月14日〜11月29日 、kokochi sun3直営店で「つづきのつづき」というイベントの開催にあたり、
取り扱いさせていただく作家さんたちの取材に行ってまいりました。

その時の映像を編集しましたので見てやってください。
そして興味を持っていただけたなら、是非イベントにお越しください。

今回は「 木ものNAKAYA 」 の生木のランプシェードと器をご紹介します。








木々の生の証・生木のランプシェード

IMG_9600.jpg
木工職人・中矢嘉貴43歳。
家具を製作していた彼はある時、生木で器を作る技法を知る。

通常木工の一般的な技法は乾燥木を加工する。
しかし彼の場合は樹液を多く含んだ生木を加工後、約2週間乾燥させる。



IMG_9487.jpg
水分が抜ける過程で様々な形に変化するそれらに同じ物は二つとしてなく、
その独特に変化した様はプリミティブで美しい。
 
静岡県富士宮市、富士山の麓にある「木(こ)ものNAKAYA」。
工房に集められてくる木々は建築材にするには細く弱いもの。
湿気を帯びたそれらは乾燥させ薪になるのだそう。



IMG_9471.jpg
「薪になって燃えてしまうより物になって残ってくれたら」 
噂を聞きつけた人々が、中途半端な大きさの建築材になり難い丸太を持ち込むようになり、
たちまち家具を作っている工房のスペースは生木で埋まってしまった。
 


IMG_9516.jpg
「自分には制御ができない、翻弄される」

乾燥させ出来上がった様々な形に変化した作品たちを眺めながら話す彼の口調。
一見ネガティブに感じるその言葉の奥に、彼の作品や生木に対する愛情を感じた。




直立した木、曲がった木、また方々に枝分かれした木。
富士山麓に根を張り生きてきた「生」の証を、銘々に形を変えた器やランプシェードに見たような気がして、大切に使っていきたいと心から思った。
 
 
彼の作る作品たちは11月14日〜11月29日までの kokochi sun3直営店イベント「つづきのつづき」にて販売いたします。
木ものNAKAYA  
http://www.geocities.jp/komono_nakaya/index.html

 
取材日:2015年10月19日
取材:森田圭一









「つづきのつづき」というイベント



イベント詳細 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1989








kokochi sun3・直営店



〒654−0055 
神戸市須磨区須磨浦通5−5−24−1F

078−732−7740 / mail@kutsuya-koubou.com
MAP → http://yahoo.jp/SBHql1

*専用駐車場はありませんので、お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。
*最寄駅:JR須磨駅・山陽電鉄須磨駅









リンク

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

 

『 ストレンジピープル 〜職人たちの風変わりな業〜 』gL-Leather編

11月14日〜11月29日 、kokochi sun3直営店で「つづきのつづき」というイベントの開催にあたり、
取り扱いさせていただく作家さんたちの取材に行ってまいりました。

その時の映像を編集しましたので見てやってください。
そして興味を持っていただけたなら、是非イベントにお越しください。

今回は「 gL-Leather・愛媛 」 の手縫いの革財布をご紹介します。







オールドルーキー・大工から革職人へ

IMG_9868.jpg 
手縫い革職人・兵藤惣太郎48歳、元大工。
40歳の時に立ち寄った、とある革工房に置かれていた鉋や刃物。

まるで大工道具のようなそれに親近感を感じたのが革職人になるきっかけだったという。
大柄ながら物腰は柔らかく、小声ながらよく通る声。そのアンビバレントな様が彼の魅力なのだと思った。
 




IMG_9811.jpg
来年で9年を迎える彼の革職人としてのキャリアは、若い頃から職人として働いている同世代と比べると浅い。
しかしその差を微塵も感じさせることのない業やこだわりの数々は、
実際に長財布を手に取ってみて作品の中に随所にちりばめられていることが分かった。

貼り合わす革に塗るゴム糊の厚み、縫い戻りしないよう糸に塗られた蜜蝋と松ヤニの分量など、
諸々全てが機能と美しさへの探求の堆積であり、またその業の選択が彼のパーソナリティーとなっている。
 




IMG_9860.jpg
ブランドとして今後どうなりたいかの問いに彼はこう答える。
久しぶりに会った友達に作品を見せたときに「お前らしいの」と言ってもらえるブランドでありたいと。





IMG_9886.jpg
愛媛県松山市に工房を構える gL-Leather。
革職人・兵藤惣太郎によって作られた革小物は全て手縫いで仕立てられたもの。

主にイタリアンレザーを使用して作られた財布や鞄たち。
その表情はまるで彼自身を映す鏡のようだと思った。
 
gL-Leather   http://ysgrow.com/



取材日:2015年10月23日(森田圭一)


*彼の作る作品たちは11月14日〜11月29日、
  kokochi sun3直営店イベント「つづきのつづき」にてオーダー販売いたします。

 








「つづきのつづき」というイベント



イベント詳細 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1989








kokochi sun3・直営店



〒654−0055 
神戸市須磨区須磨浦通5−5−24−1F

078−732−7740 / mail@kutsuya-koubou.com
MAP → http://yahoo.jp/SBHql1

*専用駐車場はありませんので、お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。
*最寄駅:JR須磨駅・山陽電鉄須磨駅









リンク

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740









イベントスケジュール

『kokochi sun3 x 熊本』 11月4日(水)〜11月9日(月) @ 熊本・鶴屋百貨店1F

『つづきのつづき』 11月14日(土)〜11月29日(日) @ kokochi sun3 直営店

『デザインオーダーしちゃう市(仮)』 12月5日(土)〜12月27日(日) @ kokochi sun3 直営店

『 kokochi良い靴音 vol.3 』 2016年1月9日(土)〜1月17日(日)@BLUE NEON・高知

【 kokochi sun3 x 熊本 】



きのう熊本へ向け、イベントに並べる靴たちの発送が完了しました。
今回は職人の宮内信輔が在店します。
彼の意気込みとともに、店頭に並ぶ靴たちをご覧くださいー


イベント詳細 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1990








ps.

この動画のためにインタビューした宮内への取材。
1時間半カメラ回して、使えたのが後半30秒ほど・・・。
熊本の皆さん、こんな彼に優しく接してあげてください〜









リンク

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740








イベントスケジュール

『kokochi sun3 x 熊本』 11月4日(水)〜11月9日(月) @ 熊本・鶴屋百貨店1F

『つづきのつづき』 11月14日(土)〜11月29日(日) @ kokochi sun3 直営店

『デザインオーダーしちゃう市(仮)』 12月5日(土)〜12月27日(日) @ kokochi sun3 直営店

『 kokochi良い靴音 vol.3 』 2016年1月9日(土)〜1月17日(日)@BLUE NEON・高知

【とある口下手な男が提案するセレクトのかたち】つづきのつづきに向けて

11月14日〜11月29日 、kokochi sun3直営店で「つづきのつづき」というイベントの開催にあたり、
取り扱いさせていただく作家さんたちの取材に行ってまいりました。

その時の映像を編集しましたので見てやってください。
そして興味を持っていただけたなら、是非イベントにお越しください。

今回は「Mustard・京都」 の手織りのバッグをご紹介します。









とある口下手な男が提案するセレクトのかたち

 IMG_9666 (1).jpg
IMG_9629.jpg
京都市四条烏丸にあるセレクトショップ・Mustard
12年のキャリアを持つ同店は、自らの手で作ったバッグやストールを2010年から製作販売している。



IMG_9739.jpg
IMG_9751.jpg
オーナーの高井氏にその理由を聞いてみると「自作のものは店内により溶け・・・」といったまま言葉に詰まってしまった。
この男、相当の口下手である。

 


IMG_9649.jpg
IMG_9664 (1).jpg
彼のぶっきらぼうにもみえる佇まいとは裏腹に、店内はミニマルかつ美しく、まるでギャラリーに来たような感覚を受ける。
一階と三階の販売スペースに置かれた手織りの生地で仕立てられたバッグは、空気をたくさん孕むよう縮絨ウールを使用した。



IMG_9687 (1).jpg
IMG_9688.jpg
様々な色が織りなすブロックチェックのそれは肌触りがよく暖かい。
そして空間と絶妙な均衡を保っていて思わずうっとりとしてしまった。

 

IMG_9658 (1).jpg

ショップ定員として必要な能力である「接客」を器用にこなすことのできない口下手な男がいる店。
彼は自らの手で作品や空間を作ることで足りない言葉を埋めていた。

 

取材日:2015年10月21日(森田圭一)







京都・Mustard

IMG_9629.jpg
M u s t a r d  -  3 r d  
京都市下京区東洞院通松原上ル燈籠町588  / 075 - 344 -2455
http://www.mustard-3rd.com/top.html

*駐車場は、ご用意出来ておりません。
お車でお越しの方は、恐れ入りますが、近隣のコインパーキングをご利用下さいますようお願い申し上げます。








「つづきのつづき」というイベント



イベント詳細 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=1989








kokochi sun3・直営店



〒654−0055 
神戸市須磨区須磨浦通5−5−24−1F

078−732−7740 / mail@kutsuya-koubou.com
MAP → http://yahoo.jp/SBHql1

*専用駐車場はありませんので、お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。
*最寄駅:JR須磨駅・山陽電鉄須磨駅








リンク

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740








イベントスケジュール

『kokochi sun3 x 熊本』 11月4日(水)〜11月9日(月) @ 熊本・鶴屋百貨店1F

『つづきのつづき』 11月14日(土)〜11月29日(日) @ kokochi sun3 直営店

『デザインオーダーしちゃう市(仮)』 12月5日(土)〜12月27日(日) @ kokochi sun3 直営店

『 kokochi良い靴音 vol.3 』 2016年1月9日(土)〜1月17日(日)@BLUE NEON・高知

 

工房のPVがでけたよう



【挿入歌】 『はにかんだ入道雲』 中村好伸 (mao Records



アトリエのPVができました。



スタッフみんなでまわしたビデオ。

それを編集してくれたますいのおっさん。

楽曲を提供してくれた中村君、mao Records さん。

みんなありがとう!



手づくり感満載の、

みんなでこつこつ持ち寄って出来た感じの、

なんか洗練されていない感じが (褒め言葉ですよー笑)

とってもよくないですか?

ウチっぽいね!







ps.

ますいのおっさん、また今度、メシおごるよ(笑)

ありがとう!





【Facebookページ】
ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.com/

『LIFE~夢のカタチ~』YOU TUBE








昨年放映された動画、ようやくアップできましたー(ほっ)。

思えばこのときの髪型は、後ろで束ねた一本毛 笑。

そして今は、坊主頭。



まるでサムライのようですねと言われ、

意気揚々と過ごしていたあの頃から一転、

丸坊主の今は、和尚と呼ばれています 笑。

あ、当然ナマグサ坊主であります ははは。

なつかしい、なつかしいと再度観てみたりしてます。



ちなみに、kokochiのフェイスブックページでも配信中です。

気が向いたら「いいね!」を押してやってくださいな。

ではでは。




ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.com/


[動画]須磨の靴職人


4月29日(木)19:00〜

朝日放送「ココイロ」にて放映されました。

みてやってくださいー。








ハンドメイド靴工房こうべくつ家http://www.kutsuya-koubou.com/


にほんブログ村 ファッションブログへ

<<back|<123>|next>>
pagetop