March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今年もありがとうございました・こうべくつ家の靴教室

 

先日、今年最後の靴教室が終了しました。

2018年も様々な出会いがあり、たくさんの靴が出来上がりました。

 

生徒さんひとりひとり、それぞれの思いのつまった作品づくりに

きちんと答えることができたかなと、自身に問いながら

引き続き来年も、作ること、教えることに精進して行こうと思います。

 

また、2019年の靴教室のトピックとして

「いちにちで作れる靴教室」のデザインのリニューアルや

今までとは少し変わった形態のワークショップも企画しておりますので

既存の生徒さんも、興味を持っていただいている方々も、楽しみにしておいてください。

 

2018年、こうべくつ家の靴教室に関わってくださった皆様、ありがとうございました。

また来年も、よろしくお願いいたします。

 

以下、本年中に完成した生徒さんの靴の一部となります。

 

IMG_6188.jpg

IMG_5877.jpg

IMG_5524.jpg

IMG_5207.jpg

IMG_5197.jpg

IMG_5031.jpg

 

2019年1月のスケジュールをアップしました。

教室に興味がある方も、以下リンクより詳細ご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

 

http://www.kutsuya-koubou.com/index.html#workshop

 

 

 

 

2年越し・こうべくつ家の靴教室

IMG_6263.jpg

 

製作期間約2年。

 

ハンドソーンウェルテッド製法の

堅牢な、でも暖かな雰囲気を持った、生徒さんの靴が完成しました。

 

この製法の大変なのが、「掬い縫い」という工程。

中底に溝を掘り、吊り込み後、その溝とウェルトを掬い縫いします。

 

糸に結わえた針は、折れたり、曲がったり

掬い針であけた穴に見事に躱され、なかなか先に進みません。

 

 

 

あまりに大変すぎて

 

途中で諦めて

 

半年くらい、部屋の隅に置いておいて・・・笑

 

一念発起して、また始まりまった靴づくり。

 

 

 

作り始めから約2年。

途中休憩をしながら、ながいながい道のりでしたが、とても美しい靴に仕上がりました。

 

諦めないことが、いろいろな、何かを生みます。

途中で手を止めても、また始まるとそれは継続です。

 

約2年間の継続で出来上がった靴。

いろんなところへ連れて行ってあげてください。

 

完成おめでとう!

 

 

 

 

靴教室詳細 http://www.kutsuya-koubou.com/index.html#workshop

工房にて「12月展」

 

12月22日より、本年最後の展示受注会を、神戸の工房で実施いたします。

お時間ございましたら是非お立ち寄りください。

 

2018.12月展_1.タイトル.jpg

 

『 12月展 』

 

日時

2018年12月22日(土)―12月30日(日)

11:00―18:00 *25日は定休日

 

場所

こうべくつ家

神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

078−732−7740

 

いくつかのトピックに加え、

暖かなインソールやシューケア用品も多数ご用意しております。

皆様お誘い合わせの上、ご来店ください。

 

 

 

2018.12月展_3cs.jpg

□足数限定で復活です

 

馬革・コードバン層と肉の間にあるのがコードバンスプリットという革。

かたいコードバン層はあまりの硬さに白いなめし剤が入っていかず、地肌があらわになっている箇所が顔を覗かせます。

 

かたいスムース部分から徐々にスエード部分へ変化していく様はこの革ならでは。

その描かれるコントラストは無骨であり、粗であり、純朴であり、だからこそ美しいのです。

 

昨年惜しくも廃盤となった素材、コードバンスプリット。

今回、タンナーに眠っていた在庫が見つかったため、足数限定で復活します。

 

見つかった革の在庫は10枚足らず。

足数にすると数足(デザインにより変動します)しか作れません。

また、再生産の目処が立っていないため、ご注文の際はお早めに。

本受注会より先着順にてオーダー開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.12月展_5.sq画像.jpg

2018.12月展_6sq文章.jpg

 

□ブランド史上、最も華奢で、最も優美な靴の選び方

 

2018年夏、多くの期待と不安を背に受けながら、

ココチスクイル(以下スクイル)という新しいブランドが立ち上がりました。

 

何世紀も続く昔ながらのスタンダードな革靴を独自に解釈し、

マテリアル、パターンニング、コンストラクションなど、様々な要素を再構築するブランドがスクイル。

 

今までのココチサンサンサン(以下サンサンサン)とは

全くといっていいほど正反対のブランドから、今回は7センチヒールのレディスシューズがリリースとなります。

 

「Rille(リル)」と名付けられたアッパーのデザインソースとなるのはサドルシューズ。

甲の部分が馬の鞍をつけたような構造で、男性用の革靴ではしばしば見かける昔ながらのデザインとなっています。

 

この古典的なデザインを7センチヒールの女性らしい木型に乗せることで、

エレガントでありながらも、マニッシュさをブレンドさせた作品を目指しました。

 

今回作品のトピックとして面白いのは、ヒールの形状を選ぶことができること。

太くボリュームを持たせたいときはコーンヒール。

また華奢に履きこなしたいときはピンヒールといった具合に、

様々なシチュエーションやコーディネートに合わせてカスタマイズが可能です。

 

これは、サンプル製作の最中に試した数種類のヒール形状が2種類に絞られた時、

どうしてもどちらかに決めることができなかったのが始まりでした。

 

決めきれない、だったら両方使えるようにしてしまおうと、

逆転の発想でブランドが面白い方向に向かうのは、テイストは違えどもサンサンサンと同じです。

 

前作同様、新しい技術に挑戦し、知識を重ねつつ完成までこぎつけました。

通編的な美しいの探求と、独自の解釈で自身の中に生きる美しい。

 

それらを施す場所、その割り合いや量など。

いろいろな「何か」をこの1足に詰め込みました。

 

エレガントでありながらも、マニッシュさをブレンドさせた7センチヒールのリルと名付けられた靴。

ココチ史上、最も華奢で、最も優美な靴に、是非、足を通してみてください。

 

 

 

 

 

Rille (kokochi sqir)

オーダーの際、ヒールのかたちを2種類から選択。

太く安定感を持たせたいときにはコーンヒールを。

シルエットをより華奢に見せたいときにはピンヒールを。

 

アッパーやソールの色・素材も自由に選べるため、

様々なシチュエーションやコーディネートに合わせてカスタマイズが可能。

オリジナリティー溢れる1足を。

高いヒールでありながら、履いた時の安定感にも配慮。

 

価格:63000円+tax

納期:約4か月

サイズ:22.0cm-25.0cm

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

先日、ギャラリー・遊気Qでの展示が無事終了いたしました。

今回で3回目となった展示。

趣のある独特な空間に、靴たちも喜んでいるように感じました。

 

ご来場いただきました皆様、ありがとうございます。

オーダーいただきました靴は、約4ヶ月後のお渡しとなります。

手を抜かず精進いたします。

出来上がりまで今しばしお待ちくださいませ。

 

 

 

 

 

【イベントスケジュール】 

 

2018年


8月18日(土)〜8月26日(日)『 路地裏の靴作家 vol.13 』 @ 神楽坂インタレスト(東京都新宿区)終了しました

9月1日(土)〜9月17日(月・祝)『 DELSQIR 〜デルスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)終了しました

10月10日(水)〜21日(日)『 ハンドメイド靴展 』 @ カフェ&ギャラリー 温々(埼玉県さいたま市)終了しました

11月2日(金)〜11月6日(火)『 森田 と 山田 』 @ カーロアンジェロ(滋賀県彦根市)終了しました

11月29日(木)〜12月5日(水)『 ハンドメイド靴展 vol.3 』 @ 遊気Q(大阪府大阪市)終了しました

12月22日(土)〜12月30日(日)『 2019 1st season DETASQIR 〜デタスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)

 

2019年

 

1月5日(土)〜1月14日(月祝)『 kokochiよい靴音 』 @ BLUE NWON・高知県高知市

 

1月23日(水)〜1月27日(日)『 路地裏の靴作家 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

『 ハンドメイド靴展 vol.3 』@ 遊気Q・大阪

遊気Q_DM.jpg

 

2018年11月29日(木)〜12月5日(水)

『 ハンドメイド靴展 vol.3 』@ 遊気Q・大阪

 

大阪市中央区伏見町2−2−6青山ビル1F / 06-6231-7233

12時から19時まで *2日(日)は青山ビル西側出口をご利用ください。

 

 

今回で3度目となる大阪のギャラリーでのオーダー会です。

オーダーいただける日は、作家在廊日の11月29日(木)、12月5日(水)の2日間のみで、納期は約4ヶ月。

現品販売はその他日程も行なっております。

 

大正時代に建てられた、蔦の絡まる趣のあるビルでの展示です。

お時間ございましたら、是非お立ち寄りください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

【イベントスケジュール】 


8月18日(土)〜8月26日(日)『 路地裏の靴作家 vol.13 』 @ 神楽坂インタレスト(東京都新宿区)終了しました

9月1日(土)〜9月17日(月・祝)『 DELSQIR 〜デルスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)終了しました

10月10日(水)〜21日(日)『 ハンドメイド靴展 』 @ カフェ&ギャラリー 温々(埼玉県さいたま市)終了しました

11月2日(金)〜11月6日(火)『 森田 と 山田 』 @ カーロアンジェロ(滋賀県彦根市)終了しました

11月29日(木)〜12月5日(水)『 ハンドメイド靴展 vol.3 』 @ 遊気Q(大阪府大阪市)

12月22日(土)〜12月30日(日)『 2019 1st season DETASQIR 〜デタスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)

 

 

滋賀、「あの」独特の空気感

 

IMG_6384.jpg

 

少し経ってしまいましたが、滋賀カーロアンジェロでのイベントが終了しました。

ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

 

新しい企画が立ち上がり、

新しいブランド(ココチスクイル)のお披露目があり、

そして、何年か経ち成長した、お客様の靴にも会うことができました。

 

約2年ぶりに訪れた店内は、以前にも増して洗練されつつも、

やわらかな「あの」独特の空気感はそのまま。

在廊中、唯一無二の空間で楽しませていただきました。

 

賜りましたお直しは今月中、

ワークショップ企画の靴は12月初旬、

オーダーいただいたココチスクイル、サンサンサンは3月の納品となります。

 

それぞれ、お手元に届くまで、今しばらくお待ちください。

一生懸命作ります。

 

イベントの企画段階からご協力くださった多くの方々。

そしてご来店いただいた全てのお客様。

 

皆様のおかげで、とてもよいイベントとなりました。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【イベントスケジュール】 


8月18日(土)〜8月26日(日)『 路地裏の靴作家 vol.13 』 @ 神楽坂インタレスト(東京都新宿区)終了しました

9月1日(土)〜9月17日(月・祝)『 DELSQIR 〜デルスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)終了しました

10月10日(水)〜21日(日)『 ハンドメイド靴展 』 @ カフェ&ギャラリー 温々(埼玉県さいたま市)終了しました

11月2日(金)〜11月6日(火)『 森田 と 山田 』 @ カーロアンジェロ(滋賀県彦根市)終了しました

11月29日(木)〜12月5日(水)『 ハンドメイド靴展 vol.3 』 @ 遊気Q(大阪府大阪市)

12月22日(土)〜12月30日(日)『 2019 1st season DETASQIR 〜デタスクイル〜 』 @ こうべくつ家(兵庫県神戸市)

 

 

<<back|<12345678>|next>>
pagetop