December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

とある週末の靴教室

とある週末の靴教室。

だんだん靴らしくなってきましたねと、

貼り付けたソールを、クラフト包丁で切り回す人ひとり。

 

 

 

 

とある週末の靴教室。

もうあと少し、こまごまと作業は続きながら、

誰かのための靴を一生懸命作る人ひとり。

 

 

 

 

とある週末の靴教室。

あれ?

木型が抜けてる・・・

 

 

 

 

記念すべき1足目の靴を作り終えたと思ったら、

すかさず2足目の靴を作り出した人ひとり。

 

 

 

 

みなさんそれぞれに、

大なり小なり何かの理由があって、

 

そんな理由も共に軽く共有しながら、

ゆるく流れていく時間がとても穏やかで心地いいです。

 

生徒の皆さんありがとう。

今日も小さな工房から、皆の思いが響きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報

7月16日(土)〜8月14日(日)『 革にまつわるエトセトラ 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸

 

8月6日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ エトワスペース・兵庫県姫路

 

8月7日(日)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ カーロアンジェロ・滋賀県彦根

 

8月20日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ グリーンヒル・奈良県生駒

 

8月27日(土)〜 9月4日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.9 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿

 

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫神戸

 









こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

夏・まだ間に合います! 〜いちにちで作れるサンダルの教室開講中〜

 

この夏履くサンダルは自分で作る!

ということで教室に訪れたとある女子。

 

デザイン(ミュール or トング)を決めきれず、

トングのデザインにミュールのバックバンドをつけることになりました。

 

 

 

 

 

型紙を革に写し、

手縫いでアッパーと底をひたすらに縫う。

 

 

 

 

 

 

最後にクレープソールを貼り合わせて完成。

 

次回は寒くなる頃にブーツを作りに来ますとのこと。

それまで、自作のサンダルをたくさん履いてくださいね〜

 

ソールが減ったら、ご自身で直してみてもいいかもしれません。

その時は通常の靴教室でご予約ください。

 

 

 

 

 

靴ってどうやって出来ているのかが

垣間見れる「いちにちで作れるシリーズ」。

 

遠方の方は以下にて出張いたしますし、

お近くの方は須磨の工房で随時開催しています。

 

 

 

 

 

出張・いちにちシリーズについて

出張場所など詳細はこちら → http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2145

 

 

随時開催・工房でのいちにちシリーズについて

ご予約はこちらから → http://www.kutsuya-koubou.com/index.html#workshop

詳細はこちらから → http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2145

お問い合わせはこちらから → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

 

 

ご質問、お問い合わせはお気軽に!

よろしくお願いしますー!

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報

7月16日(土)〜8月14日(日)『 革にまつわるエトセトラ 』@ こうべくつ家・兵庫県神戸

 

8月6日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ エトワスペース・兵庫県姫路

 

8月7日(日)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ カーロアンジェロ・滋賀県彦根

 

8月20日(土)『 出張・いちにちで作れる革靴の教室 』@ グリーンヒル・奈良県生駒

 

8月27日(土)〜 9月4日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.9 』@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿

 

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫神戸

 









こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

新規生徒募集 〜こうべくつ家の靴教室〜

 

ようやくあげれました、新規募集のブログ。

6月に教室の場所が移転し、ようやく、ようやく落ち着きました。

 

新生こうべくつ家の靴教室、めちゃくちゃ楽しくなりますよ。

これからブログもいっぱいあげますので、ぜひ読んでくださいー

 

それでは受講生募集の記事を↓↓↓

 

 

 

 

【受講項目】

・1足をじっくり作り上げるシリーズ

・いちにちで作れる革靴シリーズ

 

 

 

 

1足をじっくり作り上げるシリーズ

 

【 概要 】

足のサイズを測り、お気に入りの木型を選ぶところから靴作りが始まります。

 

自分の作りたい靴のデザインを型紙におこし、革をカットし、ミシンで縫う。

それを今度は木型に沿わせ吊り込み、底をつけ、切り、縫い・・・。

次第に平面が立体に、そして頭の中のイメージが形になっていく様はとてもワクワクします。

 

施す工程の多さにもよりますが、出来上がりまでの生徒さんの平均時間は30〜40時間ほど。

じっくり作り込んでいきながら、同時に足のこと、靴のこと、革のことを、楽しく学んでいただければと思います。

まずは見学ください(要予約)。

 

 

 

 

【 受講内容 】

受講料:1時間1200円

開講日時:直営店の営業日時に準ずる(リンク)

決済方法:受講した時間+その日に使用した革代を受講当日に現金にてお支払いください。

初期材料費:10000円(木型、クラフト包丁をご購入いただきます。お持ちの方は初期材料代が不要です)

 

 

 

 

【 受講までの流れ 】

まずは見学をしていただき、受講を決められる場合は初期材料代をお支払いいただきます。

そして、最初の受講日時を決定します。

 

受講当日は汚れても良い格好でお越しください。

特に持参いただくものはありませんが、作りたい靴の画像や絵などがあれば作業は進めやすいです。

受講初日に木型とクラフト包丁をお渡しします。

 

 

 

 

【 受講予約・見学について 】

ご予約はホームページ上の予約フォーム、E-Mail、お電話にて。

 

予約フォーム:http://www.kutsuya-koubou.com

E-Mail:mail@kutsuya-koubou.com Tel:078-732-7740

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問

 

Q1. 毎週通わなくてはいけませんか?

A1. いいえ、営業日内で通える日時でご予約ください。

 

Q2. 1回の受講時間は決まっていますか?

A2. いいえ、お好きな時間にご予約いただき、営業時間ないで好きな時間だけ受講ください。

 

Q3. 途中休憩はありますか?

Q4. はい、30分ごとに時間をカウントしますので、昼食や休憩などの時はおっしゃってください。休憩中は時間はカウントされません。

 

Q4. 月に一度しか通えません。

A4. 大丈夫です。ゆっくり、焦らず作っていきましょう。

 

Q5. 工具は買わなければいけませんか?

A5. いいえ、最初にご購入いただく包丁と木型以外はお貸しします。

 

Q6. 木型と包丁はすでに持っていますが、初回に買わなければいけませんか?

A6. いいえ、その場合は持っていないものだけご購入いただければ。

 

Q7. 靴作り経験者です。1つの工程のみ教わることはできますか?

A7. もちろんです。お気軽にお問い合わせください。

 

Q8. 自分の力だけで1足作れるようになりますか?

A8. はい、とは言い切れませんが、そのお手伝いはさせていただきます。

 

Q9. とても不器用ですが、靴が作りたいです。

A9. できる限りのお力添えはします。ちゃんと履ける靴を一緒に作っていきましょう!

 

Q10. バッグや革小物は作れますか?

A10. 難しくないものなら作れます。あくまで僕たちは靴職人ですので 笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いちにちで作れる革靴シリーズ

 

木型を使用せず、主に手縫いで仕立てる、いちにちで完成する革靴の教室です。

作れる靴はサンダル、短靴、ブーツの3種類。

 

遠方すぎて通えない方、靴作りの入り口を覗いてみたい方へ、いかがでしょうか。

また、こちらのシリーズは出張もやっておりますので、近くで実施しておりましたらそちらにも足をお運びください

(出張先の場所を提供してくださる施設・店舗さんも募集中ですー!)。

 

詳細はこちらにて→http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2145

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

靴作家・職人・靴教室講師:森田圭一

 

ざっと読んでいただければわかっていただけると思うのですが、

こうべくつ家の靴教室はとても自由度が高いのです。

 

というのも僕(森田)自身が、あまり決まりごとの多い習い事が嫌いなのでこうなりました。

教室内の作業においては経験者、未経験者問わず、好きな靴を、好きなデザインや製法で作ればいいと思っています。

 

ただ、未経験者の皆さんが難しい製法に挑戦するときは

「それむずい(難しい)で〜、知らんで〜」とは言わせていただきますが 笑。

 

 

 

奇抜なデザインを持っていくと、どこの教室の先生もあんまりいい顔はしないと思います。

そりゃそうです、やったことないデザインは形にしにくいですから。

 

やったことのないデザインをものにしようと思ったら、

僕たちプロでもなんども何度もそのデザインと対峙します

時間がかかるんです。

 

そういうのを形にするのは難しいし、失敗するかもしれない。

でも僕は、やめときなさいとは言いません。

 

「やりましょう」と言います。

だけどもう一言、言わせてもらいます。

「それむずいで〜、知らんで〜」と 笑。

 

 

 

失敗って悪いことでしょうか。

僕はそう思いません。

 

なぜなら失敗は、次に成功する礎になってくれるからです。

だからいっぱい失敗しましょう。

それでもちゃんと履ける靴になるように、僕たちが精一杯サポートします。

 

長々と書きましたが、要は「楽しみましょう!」ということなのです。

これを読んで興味を持っていただけましたら、ぜひ見学にいらしてください。

よろしくお願いしますー!

 

 

 

・靴のワークショップについて : http://www.kutsuya-koubou.com

 

 

文:森田圭一

 

 

 

 

 

 

 

 

【 kokochi sun3 のイベント 】

 

8月27日(土)〜 9月4日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.9 』@ 神楽坂インタレスト・東京

 

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫

 









こうべくつ家 
 
所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24 

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740 

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com 

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/ 

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

発想の転換。 頭の中のデザインをより忠実に形にするときに、 必要な技の引き出しは、たくさん持っていた方がいい。〜こうべくつ家・靴のワークショップ〜

IMG_2547.jpg

 

靴を作るために最初にすることは型紙作り。

自分の理想となるデザインを紙に設計図として記していく。

 

基本はこうだ。

 

 

 

・木型にテープを貼り、それを剥がし紙に貼ると立体が平面になる。

・平面になった木型(紙)の上にデザインを描き、それをデザインの原型とする。

・デザインの原型を各パーツの型紙に分ける。

 

これうをもとに革をカットし、

平面はまた立体となっていくのが、

靴作りの基本っちゃ基本なわけで・・・

 

ただ、

こんなルールに従ってばかりじゃ、

思うような靴が作れなかったりするわけで・・・

 

というわけで、急遽ルール変更!

 

 

 

・木型に革を貼り付ける。

・そこに理想のデザインを描く。

・その通りカットしたら・・・

・型紙の出来上がり。

 

発想の転換。

頭の中のデザインをより忠実に形にするときに、

必要な技の引き出しは、たくさん持っていた方がいい。

 

そんな荒業も、

ときに教えちゃったりする、

こうべくつ家の靴のワークショップ。

 

いい靴を作るために必要な技術や知恵は、

教科書の中だけじゃないかもしれませんよ。

 

必要なのは想像力。

 

先人もそうであったからこそ、

今の靴作りにおける基礎ができたんだと思います。

 

楽しみましょう!

 

 

 

 

 

・靴のワークショップについて : http://www.kutsuya-koubou.com

 

・7月、8月の直営店・営業日について : http://www.kutsuya-koubou.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

【 kokochi sun3 のイベント 】

 

8月27日(土)〜 9月4日(日) 『 路地裏の靴作家 vol.9 』@ 神楽坂インタレスト・東京

 

9月10日(土)〜 10月10日(月・祝) 『 新作受注会 』@ こうべくつ家・兵庫

 









こうべくつ家

所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

ヒトノネから受け継がれた靴教室

こうべくつ家の旧工房にて行われていた靴教室・ヒトノネ。

6月からは場所を移し、「こうべくつ家・靴のワークショップ」として実施しております。

 

靴作りに精を出す生徒さんたち。

その中で早くも、出来上がった靴も何足かあり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2703.jpg

 

自分でパイソンの革を調達し、

仕立てられたボタンシューズ。

 

2度と同じようには作れないわと、

左右見事に合わせた蛇の鱗は流石の一言。

 

裁断をするときに、

吊り込みをするときに、

よほど気を使いながら作業したのだなと、見ただけでわかります。

 

その気持ちに脱帽です。

 

 

 

 

 

IMG_2706.jpg

 

友人へのプレゼントと、

約1年がかりで出来上がった靴。

 

もっと、もっと、もっと。

 

最後は履き手の気持ちになって、

相手の好きそうな加工や紐の選定などに気を配りました。

 

出来上がりが本人もいたく気に入った模様で、

完成後、自ら履こうとしていたのですが、

プレゼントした後で履かせてもらえと、一応止めておきました 笑。

 

というくらいの逸品。

きっと気に入ってもらえると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2568.jpg

 

靴教室ヒトノネがまだ、

こうべくつ家のワークショップだった頃から来られていて、

 

靴教室ヒトノネが、

こうべくつ家のワークショップに戻った時に完成した、とある生徒さんの靴です。

 

???

 

・こうべくつ家の靴のワークショップ(〜2013 講師・森田)

・靴教室ヒトノネ(2013〜2016 講師・平川)

・こうべくつ家の靴のワークショップ(2016〜 講師・森田)

 

1年に数回ほど通われて、

こつこつ根気よく作り続け、

ようやく出来上がった1足です。

 

数年間で革の色味も随分と変わったりしましたが、ようやく完成。

これには僕も、感慨深く完成を見届けておりました。

 

だって、

教え始めは僕(森田)で、

途中で平川になって、

最後はまた僕が教えて完成に至るわけですから。

 

兎にも角にも、完成おめでとうございますー!

 

 

 

 

 

 

 

 

【さいごに】

 

革が好きなひと、靴が好きなひと、

何かに没頭したいひと、ただただ人が好きなひと、

職人になりたいひと・・・

 

ここに集う人それぞれに、

いろんな物語があって、

 

そのいろんな物語が、

交錯しあって、紡がれていく1日が終わって。

 

6月からは場所を移しはじまった、こうべくつ家のワークショップ。

かけがえのない人々と共に、続けていけていれることに感謝です。

 

関わってくださっている全ての皆様へ感謝。

ありがとうございます!

 

ヒトの音

ヒトの根

ヒトノネ・・・

 

ヒトノネから繋いだ灯火は消えてはおりませんよー!

 

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】

6月の直営店・定休日:毎週木曜日と第2・第4水曜日

7月の直営店・定休日:毎週月・火曜日と第2・第4水曜日








こうべくつ家

所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

『やるからには、やっぱり、いい靴を作りたいわけで』 〜靴のワークショップ〜

 

本日、靴作りワークショップにて、

ミシンの苦手な女子3人が、靴作りに精を出しておりました。

 

 

 

IMG_2679.jpg

工業用ミシンの早さに着いていけず、

もっぱら手回しで針を落とす女子一人。

かけ終わる頃にはハンドルを回しすぎ、二の腕は筋肉痛だったり。。。

 

 

 

 

IMG_2682.jpg

踏めば踏むほど上手くなると、

とうとう工業用ミシンを購入。

日々、練習に勤しむ女子一人。。。

 

 

 

 

IMG_2683.jpg

押してダメなら引いてみな、

ミシンはどうも好きになれないと、

アッパー全て、手縫いで仕立てた女子一人。。。

 

 

 

 

嫌いだー

苦手だー

 

といいながら、

彼女たちの思いは同じなわけで。

 

やるからには

いい靴を作りたいわけで。

 

だからそれぞれに、

やり方を模索するわけで。

 

とある週末の靴作りワークショップにて、

ミシンの苦手な女子3人は、靴作りに精を出すのでした。

 

 

 

 

 

IMG_2686.jpg

 

 

 

 

IMG_2688.jpg

 

 

 

 

IMG_2684.jpg

 

そして本日、

お父さまへのプレゼントが完成しました。

 

言わずもがなの逸品。

きっと喜んでくださると思います。

 

完成おめでとうございました!

 

 

文:森田圭一

 

 

 

 

【靴のワークショップについて】http://www.kutsuya-koubou.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】

6月の直営店・定休日:毎週木曜日と第2・第4水曜日

7月の直営店・定休日:毎週月・火曜日と第2・第4水曜日








こうべくつ家

所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

【 嫁の靴を作る男 】靴のワークショップ


 
嫁の誕生日に自作の靴を贈りたいんですと
靴教室にやってきたのは、奈良県在住のT氏。
 
慣れない作業をこなしながら、
それでも楽しいと、奥様のための靴作りが始まりました。
 
彼のすごいなと思うところは、
作業工程をしっかりとノートに記録しているところ。
 
「どのように靴が出来上がっていくのか」
「あそこで失敗した」
「あの工程は難しかった」
 
このように、初めての靴づくりで、
結局ノートには失敗談しか記せなかったりするのですが・・・
 
そして、事もあろうかそれを、
奥さんに見られちゃったりするのですが・・・(苦笑)

そんなこんな、
冗談めかしにいろんなお話を挟みつつ、
ふと下ろしたシャッターにこんな彼が写っていました。









 
 
完成まで頑張ってまいりましょう!
 






靴のワークショップについて:http://www.kutsuya-koubou.com/









こうべくつ家

所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333
 

途方にくれていたひと・靴のワークショップ

ヒトノネ改め、
こうべくつ家 の靴のワークショップ。

今月4日から、
ゆるりと始まっています。

画像は教室中のとある一コマ。
 
 



IMG_2558.jpg
 
朝からずっとヒールを削る作業。
右、左、右、左・・・
まるでお母さんの散髪のように。
 
そんなこんな、
削りすぎて、迷ってしまって、
どれが正解かわからなくなってきた夕刻。

机に両足置いた後、
途方にくれるひと発見(画像)。
 
その後黙って、僕に差し出された靴。
それを黙って削る僕、数分。
それから黙ってそれを返す。
 
さあ、削った片足は見本になった。
この片足と同じ形になるように頑張って。
そうしないと左右で違う靴になっちまうよ。
 
片足、プロの作ったヒール。
もう片足、素人さんが作ったヒール。
 
自分でハードル上げちゃった彼女。
左右で同じにしないとねと僕。
 
頑張らなきゃいけなくなっちゃった、
途方にくれていたひと発見。
 
見本を真似て削り出す。
途方にくれていたひと、頑張ってた。
 
あくまでゆるりと、
時間は流れながら・・・
 
 

教室について:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2096



文:森田圭一












こうべくつ家

所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

靴の木型を削る

IMG_2392.jpg

6月4日から直営店で始まる、こうべくつ家の靴教室。
先日、とある生徒さんのための木型を調整していました。


木型は CIRCUS や MUKU などで
使用されている形と同じもので、比較的横幅が広く作られています。


一方それに比べ生徒さんの足は横幅が狭く、薄い足をしていました。
だから足のサイズに合うように木型を削ることに。


あとは作るときに、上手く木型にアッパーを沿わすことができれば、
最高な履き心地の靴になってくれると思います(頑張りましょうね!)。



そして森田、生徒さんの木型を削りながら、
ふと思ったりしました。




木型を削ったり、また、そこに革を盛り大きくしたり。
生徒さん自らが木型に改良を加えたそれは、唯一無二。


オンリーワンな木型で
靴作りに臨むのもありかもしれないなと。


興味のある方はやってみましょう。
何事もチャレンジです。


 

教室についてのご質問・お問い合わせはこちらまで
mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740










こうべくつ家

所在地:神戸市須磨区須磨浦通5−5−24

お問い合わせ:mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740

ウェブサイト:http://www.kutsuya-koubou.com

オンラインショップ:http://kokochi333.fashionstore.jp/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kokochi333

靴教室で kokochi sun3 のギャートル・サンダルを作る

6月4日(土)から、
こうべくつ家・直営店で靴教室が始まります。
 
旧工房で実施されていたヒトノネという靴教室が、
こうべくつ家の靴教室として生まれ変わります。
 
今までヒトノネでは、
生徒さん自らがデザインをした靴を完成させるコースと、
1日で簡易的な革靴を作るコースがありました。
 
6月からはそれに加え、
kokochi sun3 の靴も作れるようになります。
 
そこで今回は、比較的簡単に作れるであろう
ギャートルサンダルの作り方をご説明します。
 
やってみようかなと思われる方は、
お気軽にご予約・お問い合わせいただければと思います。
*教室詳細はこのブログ記事最後に記載しております。
 
それではスタート。






IMG_2121.jpg
まずはミッドソールとなる革をカットします。
 




IMG_2242.jpg
IMG_2243.jpg
そしてそれを手縫いします。
画像がないのですが、この時にアッパーも作っておきます。
 




IMG_2244.jpg
IMG_2247.jpg
次にミッドソールを木型に沿わせるのですが、
水で革を柔らかくして形成させます。
 
水が乾かないと次の工程に行けないので、
1日目にできることはここまで。
 
恐らくここまでで3〜4時間くらいかなー。
個人差があるのでなんとも言えませんが。。。
 





3時間では物足りない、もっと作業がしたいという方は、
余った力で、同ブランドの革小物など作ってみても良いかもしれません。
 




IMG_2249.jpg
2日目は吊り込みから。
アッパーを木型に沿わせます。
 




IMG_2251.jpg
吊り込みが終わればアッパーを挟むように
ミッドソールの外側を貼り合わせます。
 




IMG_2253.jpg
その後ミッドソールに再び水をつけこの状態に。
 
自転車のチューブで巻いて固定することにより、
水気の飛んだ革は木型にビシッとそってくれます。
 
2日目はここまで。
これで2〜3時間くらいでしょうか。





IMG_2133.jpg 
3日目の作業は少なく、
ゴム底とミッドソールを貼り合わせれば完成です。
これで1〜2時間ほどの作業になると思います。





IMG_2134.jpg 
20150630_648978.jpg
20150727_658802.gif
20150530_636133.jpg
作れるデザインはこの4つですが、このデザインをもとに
デザインをカスタムしてみたり、クラッシュ加工してみたり、
革を染めてみたりするのもありだと思います。
 
時間は通常よりかかりますが、
オンリーワンな1足を作ることが可能です。
 




IMG_2246.jpg
材料代は選ぶ革やデザインにもよりますが、
約7000円ほどだとお考えください。
 



IMG_2132.jpg
受講料は1時間1200円+税となります。
仮にここに記した最長時間で計算すると9時間なので10800円+税。
材料代が7000円とすると、合計17800円+税で1足作れてしまいますね。





 
ギャートルサンダルの定価が約30000円なので、
あのクオリティーで出来上がるのなら、かなりお得だと思います。
 





申し込みはどなたでも可能です。
ご予約は、店休日を除く11時から18時までの営業時間で、
来られる日時をメールかお電話でご指定いただき、当日ご来店下さい。
 
*6月店休日:1、2、3、8、9、16、22、23、30日
 
特に持参いただくものはありませんが、
作業しやすい格好をしてきてください。
 





このギャートル・サンダルについては木型をお貸ししますので、
既存の生徒さんも作業の合間に、お気軽にご参加ください。
 
受講に際し、
工房の見学もしていただけますので、営業時間内にご来店下さい。

5月店休日:26、30、31日
 
その際、見学のご予約は必要ありませんので、
お気軽にお越しください。
 





ということで長くなりましたが、
ご予約・お問い合わせは下記までお願い致します。
 
TEL 078-732-7740
Mail mail@kutsuya-koubou.com

楽しみましょう ^^
森田でした〜


ギャートルサンダルについてのリンク:http://kokochi-333.jugem.jp/?cid=59













5月22日までイベントです。ぜひお立ち寄りください



『 周年祭 〜10年目にして0歳になりまし展〜 』@ こうべくつ家
 

2016年4月29日(金)〜5月22日(日)
11:00 – 20:00 木曜定休 *5月5日は営業

神戸市須磨区須磨浦通5-5-24 / 078-732-7740
www:kutsuya-koubou.com / mail@kutsuya-koubou.com

イベント詳細:http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2094








リンク

・  kokochi sun3オンラインショップ → http://kokochi333.fashionstore.jp/

・  kokochi sun³ フェイスブックページ → https://www.facebook.com/kokochi333

・  kokochi sun³ ウェブサイト → http://www.kutsuya-koubou.com

・  お問い合わせ → mail@kutsuya-koubou.com / 078-732-7740
 
<<back|<1234
pagetop