August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

靴を毎日履かなくてはいけない時はこれ

 

2月末からブルックリンを1ヶ月かけて履きこみ・・・

 

 

 

その後、新作・ヨインを2週間履きこみました。

 

どちらも新しく開発した革なので

どんな経年変化が起こるのか見ておきたかったんです。

 

そして先日、お客様に言われました。

「靴は3日に1回のペースで履くようにって仰ってましたよね?」と。

 

その通りです。

毎日履くと靴内の汗が排出できず、溜まっていきます。

するとその水分がカビの温床となったり、匂いの原因となってしまいます。

 

そこで僕が使ったのが、ヒノキドライという商品。

 

 

 

 

 

『 Mモゥブレイ / ヒノキドライ 』1700yen + tax

 

1日履いた靴の中に、ヒノキドライを入れておきます。

そうすると、中のヒノキのチップが水分(汗)を吸収してくれるので、次の朝には靴の中はサラサラです。

 

ヒノキドライに吸収された水分は、放っておくと排出されるので、半永久的に使用できます。

またヒノキの成分は消臭効果もあります。

 

出張時などはとても重宝します。

革靴好きは、1つ持っていればとても役立ってくれますよ。

 

6日までの工房でのイベントでも販売しております。

この機会に是非。

 

 

 

 

 

 

【展示受注会スケジュール】

4月13日(土)〜4月21日(日)「路地裏の靴作家」@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

4月27日(土)〜5月6日(月・祝) 「5月展〜余韻〜」こうべくつ家・兵庫県神戸市

 

 

 

 

 

 

 

ご試着いただきました・BUILD x こうべくつ家の靴教室

 

ただいま開催中のアトリエ受注会にて。

5月11日からのイベント「BUILD x こうべくつ家の靴教室」の靴のご試着をいただけます。

お気に留めていただいている方は、この機会にぜひお試しください。

 

アトリエでのイベントの詳細 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2296

BUILD x こうべくつ家の靴教室の詳細 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2291

 

5月、6月の靴教室スケジュール

 

ご自身でお気に入りの革を探し、調達してきて

デザインをして、仮アッパーを作って、たくさんトライアンドエラーを繰り返し・・・

 

唯一無二、秀逸な靴が出来上がりました。

継続は力なり。

 

S氏、完成おめでとう!

作るたび、どんどんハードルは高くなりますねー

 

次回作も期待しております!

 

 

5月、6月の教室スケジュール更新しました。

以下フォームより予約ください。

 

新規生徒、随時募集中です。

靴教室の詳細は以下より。

http://www.kutsuya-koubou.com/index.html#workshop

 

5月展・トピックまとめ

いよいよ明日(27日・土)に迫った5月展。

雑然としていた工房も、なんとか店っぽくなりました。

 

いつもバタバタとしてしまって

イベントのトピックを、ウェブ上できちんと説明しきれず

後悔ばかりが残ったここ数回の工房イベント。

 

ですので、今回は何があろうと

しっかりとお伝えしようと心に決め、文章と画像を作りました。

 

そして最後に、点在している記事たちを

ここに集め、インデックスを作成しておきます。

 

 

 

 

 

新作・YOIN

 

・8インチ丈の野暮ったいブーツ http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2292

様々なソール形状・色素材で作られた、新作・YOIN http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2295

新作YOIN、2週間後の経年変化 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2299

 

 

 

 

コードバンスプリットのバッグ

 

・そのスペックと抽選フォーム http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2300

 

 

 

 

 

新しい革・セロ

 

50年後も当たり前にそこにあるような革づくりを。 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2293

 

 

 

 

 

復刻ギャートルサンダル

 

履くほどに風合いが増す、あのレザーサンダルが再リリース http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2297

デザインと革の選定・ギャートルサンダル http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2298

フィッティングとスペック「ギャートルサンダル」 http://kokochi-333.jugem.jp/?eid=2303

 

 

 

 

 

《 まとめ 》

作家にとって作品とは、自分を写す鏡ようなものだと、僕は思っています。

 

13年目のこうべくつ家・森田が

今まさに考えていること、感じていることがこの「5月展」に集約されています。

 

空間、匂い、音・・・

 

お時間ございましたら、是非ご来店いただき

お目当ての品々の中に潜む、作家のその思いを、少しでも感じていただければ幸いです。

 

それでは5月展、始まります。

よろしくお願いいたします。

フィッティングとスペック「ギャートルサンダル」

 

前回の記事ではデザインについての「見た目」な部分を記事にさせていただきました。

今回はサイズとソールのスペックについて書かせていただきます。

 

 

 

 

 

□通常のサイズ展開に、甲の高さ設定が可能になりました。

画像のサイズ表示にご注目ください。

左に数字、右にアルファベットが刻印されているのがお分かりいただけると思います。

 

実はこれ

左の数字は、縦(つま先から踵まで)のサイズを表していて

右のアルファベットは甲の高さを表しているんです。

 

今までのギャートルサンダルのサイズ展開は1センチ刻みです。

1→22.5cm~23.0cm

2→23.5cm~24.0cm

3→24.5cm~25.0cm

4→25.5cm~26.0cm

5→26.5cm~27.0cm

6→27.5cm~28.0cm

 

そこに甲の高さを選べるようになるとこうなります。

 

1H→22.5cm~23.0cm甲高め

1L→22.5cm~23.0cm甲低め

2H→23.5cm~24.0cm甲高め

2L→23.5cm~24.0cm甲低め

3H→24.5cm~25.0cm甲高め

3L→24.5cm~25.0cm甲低め

4H→25.5cm~26.0cm甲高め

4L→25.5cm~26.0cm甲低め

5H→26.5cm~27.0cm甲高め

5L→26.5cm~27.0cm甲低め

6H→27.5cm~28.0cm甲高め

6L→27.5cm~28.0cm甲低め

 

全12サイズ。

 

こうすることによって

例えば、縦のサイズが26センチなのに甲の低い男性にも

23センチの甲高の女性にも対応することが可能になりました。

 

足入れ用サンプルを様々なサイズでご用意しております。

是非、ジャストフィットなサイズを探しにいらしてください。

 

 

 

 

 

□昨年より強度のあるソール

2019年春より、ソールの仕様が変更になりました。

 

昨年まではビルケンシュトック社製のソールを使用していましたが

今年よりビブラム社製のモアフレックス素材のものに変更しております。

 

見た目はほぼ変わらず、こちらの方が耐摩耗性に優れる素材となっており

ソールの寿命が以前より長くなるのではと期待しております。

 

色は白、黒、茶の中からお選びいただけます。

また、ソール交換は4000円+税となります。

 

昨年より強度のあるソール。

個人的にはモアフレックス という素材を、とても信頼しているので

これを使ったサンダルを作れるのが、とても嬉しかったりします。

 

以前にご購入のお客様のソール替えも賜ります。

サンダル持参の上、ご来店くださいませ。

 

 

 

 

 

□まとめ

『 kokochi sun3 / ギャートルサンダル 』33000yen~ +tax

 

コンセプトは「足を守り、履き心地がよいこと」。

肌の露出が多いサンダルの弱点を攻略しようとデザインしていくと

ミッドソールの形状がカップ状になりました。

 

また足裏が当たる部分には約7ミリ厚もの革が敷かれていて

履き込むほどにそれが沈み、履き手の足なりに変化していってくれます。

ソールはラバーソールで、減ってくればソール交換が可能です(4000円+税)。

 

履き込むにつれ、経年変化を長く楽しめるサンダルとなっているので

ソールを交換しながら、長く履いていただくことをお勧めします。

 

kokochi sun3 の靴(サンダル)の概念、その順序は以下です。

1:道具としてきちんと機能すること

2:1を保ちながらもデザインがユニークであること

3:履き込むにつれ、靴の表情が変化していく様を楽しめること

4:リペアを施しながら、長く履いて行けること

 

長く、愛着を持って履いていただける道具となるよう

今までの経験をもとに、再リリースとなったギャートルサンダル。

 

イベント期間中

是非、足を通してみてください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

過去ギャートルサンダルの記事

履くほどに風合いが増す、あのレザーサンダルが再リリース

デザインと革の選択

 

 

 

 

 

 

 

 

【展示受注会スケジュール】

4月13日(土)〜4月21日(日)「路地裏の靴作家」@ 神楽坂インタレスト・東京都新宿区

4月27日(土)〜5月6日(月・祝) 「5月展〜余韻〜」こうべくつ家・兵庫県神戸市

<<back|<123456789>|next>>
pagetop