February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

じゃーきーいっぽん!!!


我輩はパグである、名前はラッキー。
日中はくつ家工房の番人をしてやっている。
最近日増しに熱くなり、番も大変なので、ここいらあたりで昇級の要望を主人に掛け合ってみようと思う。

主人はご陽気に呑んだくれている。
そう今や、今このときやのネン!!

「・・・おっさん、じゃーきーいっぽん!」

ははは・・・
とうとう言うたったワイ〜


ゆるりゆるりとやっている
気負いもなく、誰の為でも、何の為でもなく

ゆるりゆるり
ゆらゆら

風にたなびくカーテンのように
海辺に打ち寄せる波の様に

ゆるりゆるり
ゆらゆら

いつかしら、匆々の風も吹くだろう
いつかしら、喧騒の波も立つだろう

それもまた過ぎて行く

ゆるりゆるり
ゆらゆらと・・・

いささか大袈裟であるのかもしれないが
僕らが生きているこの瞬間は
大きな流れの渦中の、ほんのわずかな点でしかないのである

まだまだ・・・


吊り込んだアッパーをからげ。

紙型の修正箇所発見。
ヌメの取り扱い方発見。

まだまだ、まだまだ。。。なのでである。

手吊り


出来上がったアッパーと、切り回した中底を吊り込み。
カウンターにピンクボンドを塗り、タックスで手吊り。
何故にこんなにニヤニヤしているのだろう。
ウム、好きだからである、この行程が。

疑いもなく。

太陽のくつ


昨日とは打って変わって晴天。方々のベランダで洗濯物が風にたなびいている、というより踊っている。弾む息とちゃりんこのペダル、犬が駆けていき、電信柱にひっかける。

工房内は少し蒸している。冬につくったチャンが暑さに負けて溶けかけている。糸にロウを塗る。カウンターと先芯の床材を漉く。中底を切り回す。首筋を伝う汗がどことなくここちよい。

世の中の難しいことなどはよくわからないが、照りつける太陽とくつのことはよくわかっているつもり(苦笑)

明日からは吊り込みにはいろう
<<back|<416417418419420421422423424425>|next>>
pagetop