February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

TWO DAYS DRINKER


2007年2月24日(土)
昼起床のTWO DAYS DRINKER。
喉が渇く・・・。
枕元にあった水をガブ呑み。
ってか、これ酒やのねん。

だから、やはり今日も酔っぱらっている(苦笑)。

今日は伏せ縫い。
包丁で底のふちを切って、水を付けて起していく。
その後ちゃん(縫い糸)の通る溝をほる。
打ち込み用のきりと底付け用ハンマーを使って穴を開けていきます。
この穴(画像)を開けるときの角度がかなり大切。

とにかく今(いつも?)酔どれなので、忘れないうちにアップしてみました。
途中経過でした〜、ひっく。

ストレート・ノー・チェイサー


2007年2月23日(金)
塾、朝からスロースターター。
久々の底回り作業に困惑の面持ち。

しかしそれ、午後から戻ってくる。
革を切る音が凛と鳴り、革くずが繊細だ。

今日は包丁で両足の本底のバランスを整え、キヤスリ、ガラス、サンドペーパ−まで(画像)。

底の付いたこれ、エエでしょ?
ウム、理想どおりやと画像眺めながら凝りもせずドリンキン。
ストレート・ノー・チェイサーにてスイマ・・・
» read more

まさにライブ


2007年2月22日(木)
昨日、予告先発のごとき予告休日を報告したので、今日は塾へ行かず昼まで眠っていた。
起床後、その辺にあったバナナをほおばりながら作業。

昨日のくつ、チャンという松ヤニとロウで加工した糸でアッパーと中底を縫う事2時間足らず(画像)。

今回は、からげた(縫った)後で、さらに生地をいせこむ行程を施す。

別段、生地とその下の革を一緒にからげても全くもって支障はないのだが、その時のリアルな気持ちを大切に、おもむくままにシワを出したかったので今回はあえて手間をかけてやっているのだよ、うむ。

まさにライブ

やね!

なんか、ちょっとずつ見えてきましたね〜
僕の言うてた素朴、垣間見えてきたでしょ?

明日はこれに底が付きます。
早よ明日よ来い〜

わかりにくい?


2007年2月21日(水)
西成製靴塾、朝から紙型の授業。
紙上にて、なんでここを2ミリ開くのかを知る。
「知る」というのはこういうこと。

腹が減ったからメシを喰う
眠いから眠る
欲しいから買う

そういうこと。
わかりにくい?

午後から吊り込み(画像)。
soul diverになる。

わかりにくい?

最近こんな感じ(笑)。

ティッシュにまるめてポイ


2007年2月20日(火)
朝からウルフルズのバカサバイバーという曲を聴き、勇み足で歩きながらなんだか笑いが止まらない。新今宮の駅前のテーマパークに左脳をおいてきましたと塾。

紙型修正後、アッパー断ち縫製。完成後のそれは、まるでアニメに出てくる幽霊のようですな(画像)。しかしコイツを吊り込み、底を付ければ、なんとも素朴なくつになるのですよ。出来上がりが今から想像できてますねぇ。そう、今日は左脳、どっかに忘れてきましたから(苦笑)。
で、時間が余ったのでこいつの中底をラストにクセ付け後、塾終了。

今日は無性に踊りたい気分なの。
よってバイト先、シアターブルック唄いながらダンスこましました。
嗚呼、左脳なんていりません、ティッシュにまるめてポイですわぁ〜。
と、アホなボク戻ってきましたぁ・・・
<<back|<425426427428429430431432433434>|next>>
pagetop