August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ability


2007年8月7日(日)
旧知の知人が工房を訪れる。旧知と言うからにはバンド仲間。彼の持参して来た何とも軽いレスポールに触発され工房にて南米よろしく、似非サンタナばりのジャム(笑)。対抗する僕はといえば、ギタレレにてバッキング、ポコリポコリ。ビールを傍らにジョンのはなし、ローリーのはなし、音楽のはなし、そして靴を取り巻くいろいろな環境のはなし。いつの間にか部屋に差し込んでいた太陽は、知らない間に姿を消していた。生きている限り、全ての可能性はゼロではない事を今更ながら知る今日一日の終わり。久方ぶりにへべれけにて熟睡(苦笑)。台風と一緒に、病気もどっかへ飛んでいったよう。さてさて。

バリウム・・・

右へ左へ身体をねじりながら、ソーダ味の白い溶液を飲み込む。嘔吐感をこらえながら、もたれかかった壁は上下に回転していく。震える手に、にじみ出る汗。悪寒が背中を流れていく。

飲みすぎでっせ、アンタ、医師の声。

急性胃腸炎やって・・・

ドリンキン、ドリンキン言うて、ご陽気にやりながらぶっ倒れたのが今週はじめ。何とか復調の兆しの週末。今はお酒が怖いです(苦笑)。皆さん、飲みすぎには注意しませう・・・

などと、凝りもせずドリンキン・・・はもうしまへんよって。

ふと・・・


よし、と踏ん張って無心で紡ぐ
次第に指先が汗ばんでくる
僕にとって靴作りとは、世間との潤滑剤
自分にとってのカンフル剤

なんとなく思った(苦笑)
それだけ・・・ヒック

そらのあとで


台風が過ぎた後の空
なんだか波打ち際を映したかのよう
雲は低く、波の色は特撮(笑)

大きな雨雲が、何もかもを連れて行きニュートラル

トリツカレ男?


昨日晴れたと思ったら、今日は雨。
本底のヤスリかけ、伏せ縫いの為の溝掘りなど。
平らな革が靴になる様を、行程を経るごとにいつも感嘆しながら体感。
飽きもせずいまだワクワク。

「つくる」ことに取り憑かれている三十路、「さあさ、作業終了〜。」と言いつつキッチンへ。
ここでもまた、「○○○」ことに取り憑かれるわけだ・・・(苦笑)

<<back|<425426427428429430431432433434>|next>>
pagetop