April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アンビバレント

2006.12.62006年12月6日(水)
例のド○エモンの吊り込み前の画像がこれ。ラストに中底の付いた状態。土踏まずのあたりが極端にくびれていて、少々デカダンな面持ちになっていますねぇ。

この底周りのアイデア、実はアッパーのイメージが出来る以前からやりたかった試みであって、上がったニット地のそれとは全くもって相違したるイメージ。
「ドナイしたろ・・・?」と悩みもしましたが「えーい、いてまえ〜」とやってみて、当たって砕けるどころかとてつもなき収穫を得ました。

今回のくつは、デカダンな底回りとポップでキャッチーなアッパー。相違するそれらが一足の靴の中で葛藤しています。一見ぎくしゃくとした風にも感じるも、ボクはこのアンビバレントな佇まいに心地よきいなたさを感じるのです。
そう、トムウェイツやポールハーデン、ブゴウスキーなどの「くせ者」に感じるそれによく似ていますねぇ、と(苦笑)。

kokochiと書いてアンビバレントと読む。これから先、くつを紡いでいく上でメチャ大事なキーワードを一つ拾いました。と塾中、ミシンかけながらそんな事ばかり延々と考えてましたぁ〜。先生、スンマセンっ!

ド○エモン

2006.12.5
2006年12月5日(火)
朝から塾。昨日のドラ・・、もとい、ト○・ストーリー風のアッパーの吊り込み作業。
まずは、癖付けしてあった中底を切り回す。ラストから中底を通り本底に至るまでの、なだらかな曲線をイメージしながらラインを丁寧に取っていく。今回はふまずのエッジをかなり大胆にカットしてみました。
その後、吊り込みを開始するも、アッパーが生地だとやはりやりにくい。紙型作成時、はたまた縫製時の誤差が度重なって得意なはずの吊り込み、今日は悪戦苦闘でしたが、なんとかやり終えました、ハイ。

つり込み後、出来上がったそれみて納得。嗚呼、アイレットのあたり、まさにこれ、ド○エモンのひげのようですねぇ、と感服(笑)。こうなったら「黄色の生地でもう一足ヤリマスカ〜」と、机の引き出し開けて問うてみるも浅溝の空間。それ、しばし見つめ閉塞。すなわち本日終了。

夕刻よりバイト。帰途、ボブ・マーリィにてスキップ。首に下げた鈴鳴る(苦笑)。

おもちゃ箱

2006.12.4
2006年12月4日(月)
通塾途中、M商店にて頼んでおいた底材を受け取る。社長共々、ホンマエエ人で、小僧の無理も笑顔で聞いてくれます。あったかいなぁ、ありがとう、また頼んますと塾へ。

中底癖付け後、先日MK社にて、あわせした青色ニットを使いアッパー作成。アクセントに白のスエードで、パイピング。いや〜、まだまだ性凝りもせず、ガタガタといびつな曲線を描いておりますねぇ。と、縫製において、課題は積もるばかりです。

しかしながら、今回ばかりはコレが功を奏し、アッパーはまるで、ひっくり返したオモチャ箱から飛び出して来たような風合いに(どんなんやねん・・・)。
「イイじゃないっすか〜っ!」と慰めにも似た言葉を我に吐きつつ、ミシンへと向かう。イメージはト○・ストーリー。まるでそのまんまヤンか、と、飽くまでポジティブな面持ちのぼく(苦笑)。

塾終了間際、「これ、アニメやねん」と周りに言い触れてみれば、口々に「アニメやアニメや」と賞賛のお言葉。ハハ、イメージと技がリンクする、とはこういう事なのですねと、笑み絶えずヘラヘラしておる我に、塾生、口を揃えて言う。

「ドラエ○ンでしょ?スゴイ発想やね〜」

「・・・・・・。」

あは、ボクもうムンクのごとし、やつれコケマシタ・・・(笑)。

たまには映画の戯れ言

2006.12.32006年12月3日(日)
昨夜の「ブロークンフラワーズ」より、延々とDVD見続ける。
スパイク・リー「25時」にて、洗練されたるNYの町並みに潜り込み、デビッド・リンチ「ストレート・ストーリー」では、ざらざらとした質感のもと、フリーウェイを行くトラクターと老人の姿に心奪われる。
その後、10年ぶりくらいにゴダール「パッション」を見るも、これ、難解デスナ…
そして、締めはジャームッシュ。煙草なんて大人のおしゃぶりさ、とトムウェイツの台詞を噛み締めながら煙ひゅうひゅう。傍らには安物のワイン。「コーヒー&シガレッツ」。我が現実の世界では、疑いもなく「アルコール&シガレッツ」っす。

映画と言う虚空の空間に彷徨い込み、それに自らを重ねてみれば、これ、休日のショートトリップ。あ〜、今日はいろんな場所へ生きましたワイと、へべれけ…

ジャームッシュ、じゃぁムッシュ言うて・・・

2006年12月2日(土)
午後よりMK社にて、靴における生地の扱い方について、いろいろな知識を得る。
この生地やったらカウンター周りはコレ、トップラインにはコレと、合わせの材をかえながら理想のカタチを作って行きます。遠きを知りて近きを知らず、誰かの言うてたそれが頭をかすめますねぇ。
合成皮革を靴にする為のノウハウ。エゲツないほど繊細やななどと、感じながら、先週のウワサの乱気流さんと程よく美酒に酔う(笑)。
しかしアツイわ、このひと。ルーキーよ、こんな人にもっとしがみついてけよと、ゲキとばしながらほろ酔いにて本日終了。

帰宅後、ジャームッシュ「ブロークンフラワーズ」みる。僕の心の核心に触れるか触れんかのギリギリの領域にて、ずっと漂う浮遊感に、もう、含み笑い絶えず、「これはそれ、ねろてますやろ?」と挑戦状を受けて立つ2時間程。なんの理由もなくエエ!ドナイやコナイや言う前に、「見てみんかい、やってみんかい。」という事ですワ(笑)。
<<back|<426427428429430431432433434435>|next>>
pagetop