April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

染色

2006.11.30
2006年12月1日(金)
朝から塾。昨日のロングノーズの型紙の仮アッパー作成後、羽根とトゥを修正。あまりここでとらわれすぎれば、また直角猫背が待っておるので、後は吊り込みで、ミリの調整やったろと、革を断つ作業へ。
その際、裏革の銀面のツヤが少しチープな面持ち。そこに、今週購入した染め液を施してみる。革の銀面に鼻を近づけると、ラッカーのにおいがしていたので、「あぁ、上手い事のらんな」と思ったが、とりあえず試し塗り。
結果、やはりはじきます。
よって、一度、シンナーで銀面を拭き、表面を殺しておいてから染め液を塗布すれば・・・。正解でしたね(笑)。落ち着いた風合いの、古ぼけたようにも見える様になりました。
今回の染色作業のように、ルールに添いながらも、それらに自分のテイストを混ぜて行くことが、オリジナリティーへと繋がって行くのでは。などと思ってみたりもするのだが・・・。

その後、裏革を断ち終え、本日終了。夕刻よりバイト。

さすらいのチャリンコ

2006年11月30日(木)
朝から塾。次の靴はロングノーズの青い内羽根。アッパーはウールを使います。青でこのディティールは、あまり見かけませんよと、頭の中でイメージは完璧なまでに出来上がりました。「ウッヒョー、後はこれをカタチにするだけだゼ〜」と、何故か江戸弁、されど紙型にて、またもや直角猫背なぼく。ココ1ミリ・・、デコレニミリ・・・と狼狽の本日。なんとか紙型、切り終わり、仮縫いまで。明日はもうちょっと詰めてって、イメージに近づけ、来週からつり込みヤリマンネン。これ、ヤツのくつですわ(笑)。

バイト終了後、帰途中の電車内。「エライ混んでますね〜」。あぁ、そろそろ忘年会シーズンやもんネェ。と、ふと考える。忘年会、すなわち年を忘れる会???。なんじゃそりゃ〜、忘れるなよ〜っ、人生を刻めよ〜、このウスラトンカチィ〜、と、我が肩にうなだれる同年代であろうスーツ姿のビジネスマンに、オーラ送るが力不足でしたわ。「ガァ〜」言うてました・・・。クソッ、俺も寝た振りこましたろ(苦笑)。

民生聴きながら寒空の下。さすらいもしないで、このまま死なねぇぞ。と、息弾むチャリンコのペダル。

先芯に注意

2006.11.292006年11月29日(水)
朝から塾。「後はクリーム塗るだけやねぇ」と、なんとか完成した、例のくつのラストを抜くのだけれど・・・。
大ザッパ、ここにきて縫製の浅はかな様に気付きましたと、嗚呼。羽根の管抜き、プチッと子気味よい音立てて切れてしまいました。ハハハ。などと笑っておる暇もなくパンクしたそれ、刺繍糸でこうべ垂れ、縫いながら、「作るよりも修理の方が手間はかかるし作業は困難なのやぞ。」と長田で散々ルーキーに言うてたワタシ・・・。穴がないから今から掘りますと赤面の嵐デス。修繕小一時間、格闘の末、なんとかやり終え、本日終了。夕刻よりバイト。

話は変わりますが、第一作目の自作靴履き続けていて、気付いた事が一つ。先芯(つま先の固い部分)が小指にかかってしまっていて、足を蹴りだしたときに違和感があります。オーダー靴を作る時は、先芯が小指にかからないように配慮するとの事。既成靴を購入の際は、試し履きの時に気をつけてみてください。ちなみに、親指にかかっていても問題はないようです。と、たまには、エエこと言うたりして、ボク。

くつとは架け橋

2006.11.28
2006年11月28日(火)
 通学途中の大阪梅田駅、環状線内回り。ラッシュアワーを少し過ぎた車中、扉付近にて発車までしばしホームを眺める毎日。ホームの向かい合うサラリーマン、時刻表見ながら学生さん、猫背の老婆に、トップライン笑ったパンプス引きずるOL。
「あぁ、この辺で坂田利夫でも横切らんかな・・・」とか思う俺も俺やけど、「ヨイコラセ〜と動き出す君も君やで、ホンマ。」言うて電車に講釈垂れつつ、これ、音読みにしたらリオですねと、心中。笛吹きながら、朝から塾。

 完成した底回りに、コバインキ塗り、更にその上にロウを塗る。底に黒を施す事で、表情は一段と重厚になりましたね。個人的には、素上げの自然な感じが好きなのですが、今回は、僕の靴ではなく、長田の貼工さんへ「お世話になってありがとうの靴、第一弾」という事で、ア○ちゃんやったらコバは黒かなぁとイマジン。自分なりに解釈したア○ちゃんを想像しながら、今回は行程の随所にそれ、靴に映し込んで行きました。

 そんな「ありがとうの靴」も完成間近に思った事一つ。履いてくれる人が居ればの靴やなと。気持ち込め創る靴は「僕と履き手を結ぶ架け橋なのですねぇ」等と言うと「なにエエ格好ぬかしとんねん」と、どこからともなく飛んできそうなのですが・・・(苦笑)。 

こんな日もあるよな・・・

2006.11.27
2006年11月27日(月)
塾、朝からラストに皮を貼り、削る。
脳内の鮮明なイメージは、瞬発的な判断力と、スムーズな作業を生む。僕の場合、創るときには絶対的に必要なそれ、本日はカケラすら姿見せず、終日、散々たる有様。すなわちイメージはカラっぽ。

いつも何となく紡いでいる時にでも、瞬間的に来る感じは、幾度となくあるのですがネエ、今日は降りて来マセンネェ、と、うなだれながらシェイクするはナウ、言いながらロングノーズ。散々たる原因、模索すれども、解けぬ謎にて、さすればこれ、散々、午後のてーきあつ言う事で・・・

「ア〜、今日はもうこの辺で許しといてください〜」と、なんとも曖昧なイメージのまま、床にて。

ま、こんな日もあるよな…(苦笑)。
<<back|<427428429430431432433434435436>|next>>
pagetop