February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

まーさんのくつ


昨日の一枚甲をカタチにすべく、昼過ぎより長田MK社へつくやいなや、待っておったのは慟哭の嵐ひゅうひゅう。アホかいなオマエとの一喝で夢破れまして、うなだれながら溺れるは街の喧騒の渦中にて。

夕刻よりフラサブのライブを観るため一路大阪クラブジャングルへ。ボスオブのクドチャンと合流し、紙パックワインちゅうちゅうとストローにて吸飲しながら心斎橋界隈を徘徊。開演前にへべれけなボクら、会場で更に追い打ちドリンキンやりながら、心地よき音のかたまりに酔う。

そんな最中「どんな色?どんなカタチ?どんな素材?」とvocalのマーさん(画像左)とくつの打ち合わせ。ぼんやりとしたイメージを頭の中で組み立てながら、おもろいことになりそうな予感。ラフ上がったら送るわねと会話途中、傍らよりクドちゃん、俺ラスタカラーのAC/DCでと煩悩のへべれけ明け方まで。

八月の路上に捨てる


2007年1月26日(金)
塾、朝から数人で昨日の一枚甲を形にすべく共存的競争をやる。完成した暁には特許取りマンネンと万年。すなわち延々と悶々の本日。

「ヤリマッセ〜」の午前中から、「ヤレマスカ〜?」の正午過ぎ、「あは、ムリカモネ〜」とタイイムリミット、終塾まじか(苦笑)。
今日中に片付かんかったわぁ、お疲れ。塾を後にするウエダさんの背中がいつもより少し小さく見えた。彷徨い込んだ袋小路は以外に奥深く、週明けまでにはなんとかしたろとスパイラルの渦中、夕刻よりバイト。

帰宅後、「八月の路上に捨てる」という小説を読みふける。日常のひょんな出来事の積み重ねで離婚に至る事となった敦と知恵子の生活を覗きながら、自らの数年前の出来事を思い返しそれに重ね映しながら、過去の憂いに少しだけ締め付けられる。容易な言葉で敦の感情がズンズンとせまっって来る。これ、経験した人はムッチャ分かるんやろな〜などとマル一つバツ一つの僕、唸る。

明日は、大阪にてフラサブのライブ。久々に音のカタマリを浴びに、パワーもらいにいってきますと床にて。

久方ぶりのワクワク


2007年1月25日(木)
朝から塾、本日は底周りの授業。長い事手をつけていなかったサンダルを完成まで。前にも言った通り底はボコボコとしています。心を制御せず、思うままにやったらこうなるんです。これが僕なのですと昼過ぎよりタカさんのくつの吊り込み。紙型、縫製がちゃんと出来ていると、吊り込みがむっちゃやりやすい。サ〜ッとやり終えました。
その後数人で一枚甲でミシンなしという条件のもと、いかに撓みをなくしスムーズに吊り込めるアッパーを作るか、試行錯誤を繰り返す。大盛り上がりの夕刻。これや〜、こんなワクワク久方ぶりでハイテンション。明日はこれ、やったるでとウッヒョ〜と小粋に踊るるる。

紙型にてバタ足


2007年1月24日(水)
「レディ〜ス・アン・ゼニトルマン〜」とシュールな韻を踏みながら、ヨタヨタと塾。

先週あたりから執拗に机上に向かっているのは僕が直角猫背だから(苦笑)。すなわちウィークポイントは紙型。とにかくスムーズに作業できるようになるまで、納得がいくまでやったろと。

紙型を作成し、アッパーをこしらえる。そして仮吊りをし、気になった所は修正する。目標1日1足。そんな一連の作業をしながら、オープンしなければ吊り込み時に苦戦する場所や、平面に描いた理想のイメージのトップラインと、それを立体にしたときの相違する線等、まだまだなんとなくやけれども理論を身体で体感出来る瞬間がポツポツと現れる。

紙型作成したら、とにかく吊り込みまでやる。
料理作ったら味見するのと一緒や、とデザイン画の授業の傍らにて。

夕刻よりバイト。終了後、スイマスイマと寒空の許、バタ足の本日終了。

ケロッパ、ケロッパ


2007年1月23日(火)
車中、朝から立ち寝しながら塾。タカさんのグッドの中底を切り回し、その後、赤のスニーカーのライニングを付け足す。スベリと履き口にベロアで施せば、足を蹴りだしたときの踵の浮きを防げる事に気付く。時間が余ったので、調子こいて画像のケロッパをやる。これもライニングなし、カウンターなし、先芯なし。体育館シューズみたいですねと、今日はよう動きましたぁ。

年があけてから数週間、生まれてから今まで培ってきた様々な経験や体験が、くつに繋がっていってるなと実感する機会に度々出会う。今までのそれは、あながち間違いではなかったのだと、弱っちい自分の殻が少しずつではあるが剥がれていってる感じかも?等と、一人感慨にふけながら夕刻よりバイト。

帰途、マイ・ゴット・ファーザー・JBにて弾むチャリンコのペダル。意気揚々とケロッパ、ケロッパと疑いもなくドリンキン。相変わらずアホウナボク・・・
<<back|<431432433434435436437438439440>|next>>
pagetop