September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

延々と吊り込み 其の2


吊り込みが終れば、今度はからげ作業。松ヤニとロウで加工した糸を使い、中底とアッパーを縫っていきます。

ここで力込めしっかりカラゲておかねば、本底をつけた時にボコボコとドエライ結末がまっておるので、掬い針とハンマーで気合い意入れていきます(笑)。
今回のしぼ(皺)のある革は柔らかくて以外にやりやすかった。ムッチャ伸びたけどね・・・。

で、からげ終えたそれが上の画像。前回よりも上手になっていると思うけれど、それ以上に、次回への課題は山の様に積もっていきますね、ホンマ。

作業終了後、今日もようやったと陽気にドリンキン。
流るるは南米あたりのみゅーじっく。

延々と吊り込み 其の1

2006年12月23日(土)

昨夜、帰宅後に仕込んでおいた上の画像。大きめに断った中底とラストを、ちゃりんこのタイヤのチューブでグルグル巻きにしてクセを付ける。
実はラストの底面は平らではない訳で、なるほど、この作業を施す事で履き心地にも影響してくるのですねとマシンメイドの靴の中底(ボール)と比較しながら、勝手に解釈しているボク(笑)。

チューブほどき昼過ぎより作業開始。クセの付いた大きめの中底をラストなりに切り回し、その後、吊り込み。


アッパーと中底を、釘を使い吊り込む。それに平行しながらハンマーでアッパーをラストに馴染ませていく。いやはや不思議なもので、叩けば叩くほど、革はラストなりに馴染んでいくのだなといつもながら感嘆。

叩くというよりコスル?こっちの方が表現としては、ぽいかなぁ・・・。

「ワシこの辺で落としてくれ」と革の居着きたがっている場所へハンマーとわにでホストしながらの作業。キーワードは対角線と言う事で。

夕刻まで。

道具一式カバンに詰めて


2006年12月22日(金)
午前中、M商店にて底材一式断ってもらう。
本底の厚さや材質、また出来上がった時の総重量に対する積み上げヒールの比重など、日を追うごとに試してみたい事はつのる。すれば必然的に、材料にもこだわりが出てくる訳で、今回はかなりの無理をきいてもらいました。

ホンマにありがとうございます。感謝です。

と、昼前より塾へ。
今日も師と二人。互いにハードスケジュールな師走を象徴するかのように、作業や戯れ言の合間にあくびを繰り返す(苦笑)。ふゎぁ〜ふゎぁ〜とこだまする閑散たる教室にてコバさんのくつのアッパー断ちつつ塾終了。

道具一式、カバンに詰めよたつきながらバイト。
帰途、ちゃりんこにて白目。信号機、赤のテンメツ。乱暴なタクシーの運転手にOB宣告。ふゎぁ〜ふゎぁ〜と疑いもなくスイマ・・・。

イダイナ師


2006年12月21日(木)
朝から塾。今日明日と皆、他の場所での授業。途中入塾のボクは別行動で、広い教室で自習。朝から師と二人。

「今日は何すんねん」
「いやアッパーをね、こしらえよかとおもてね〜」
「お〜、やれ。ほでからやな・・・」
と漉き機の前、師と語らう傍らにて作業をする。

靴について、生活について、はたまた人生について。思った事や感じた事をあからさまにぶつけていく僕。しゃべりは上手い方ではない。そんな口べたなひよっこがとんでもない所へ放ったボール、それを師はいとも容易く受け、しっかりと胸元へ投げ返してくれる。これ、疑いもなくストライク。強烈なミットの音(笑)。

僕のフィルターを通せば師はハダカンボな人。嘘がなく、偽りもない。ひよっこが屈託なく身を委ねれる人。そんな人と戯れ合う至福の本日、塾終了。

「稽古は裏切らへんのやで、技と一緒に人生も学ぶのやで」
入塾時の師のことばを思い出しながら、帰途、電車に揺られている。
明日はどんな話したろ、と夕刻よりバイト。


紙型


2006年12月20日(水)
晴れなのに寒い、この季節は苦手。いつの日か冬のない土地へ逃げタロと朝から塾にて紙型の授業。ラストから紙型起こし、平面をいかに効率よく立体に添わしていくか。その為に、紙型にどう細工していくかを学ぶ。

「なぜ?なぜ?」と今日は執拗に問うている。その最中、アンテナ張り巡らし師のことばの隅々まで拾い集め整頓していく。すれば「なぜ?」の答えがうすぼんやりと見えてくる。新しきノウハウを摘み、収穫の本日終了。

「くつとは、芸術である前に履物である。」
帰宅後、それ、痛切に感じながら先日完成したド○エモンを眺めている(画像)。まだ、詰め込むべき隙間は多くある気がする。ぼうずの葛藤の日々は続く。
<<back|<431432433434435436437438439440>|next>>
pagetop