February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

見る前に飛べ


2007年1月22日(月)
「見る前に飛べ」
奥底に眠っていたコトバがスイッチを切り替える
世論の美しいとされる靴の概念
それとは対極に位置する自らのそれ
責めあぐんでいた手先
批判され萎縮したこころ

「見る前に飛べ」
奥底に眠っていたコトバがスイッチを切り替える
生業という目的的な靴の概念
それとは対極に位置する自らのそれ
世論との相違、葛藤の日々
それに孤立していく事の恐怖

「見る前に飛べ」
物事を決断しあぐね岐路に立った時、いつもこの言葉が頭をよぎる。そして今日という岐路、奥底に眠っていたそれが脳内のスイッチを切り替える。どっかの偉人が放った言葉の意味はよう知らんが、そんな言葉を今の自分のフィルターに通してみれば、底に這う手先は直感的にうごめいていき、紡ぎだされていくでこぼことした様は、とてつもなく野性的な風貌。ええやん!

世の中の美的既成概念を知る前に、先人のコトバを聞くまえに、理論的な己の解釈をたれる前に、とにかく飛べ。見る前に飛べ。いやはや少々啓発的ではあるが、そんな言葉が新たなる道しるべを導きだした本日、誰がなんと言おうと、これがオレやと言い続けるのや〜。と夕刻からのバイトにて、ハナゲモユル・・・

真鍮の焼印


2007年1月21日(日)
焼印を依頼する金がないので自ら作成。真鍮の塊にルーターで掘る、ひたすら掘る、延々掘る(苦笑)。そして完成したのが画像のこれ。がたがたといなたさをかもし出している様はまずまずの出来。身体中熱を帯び、ハナゲモユル本日。眠るるるるる・・・・

真鍮と靴?


2007年1月20日(土)
昼過ぎより行動開始。明日の作業に必要な道具を求め、神戸三宮辺りを徘徊、探索。真鍮の塊に鉄パイプ。こんなもん買いまして、一体何に使うねんと(画像)お思いでしょう?靴のどこかに施します。明日また詳細をアップしますね。
材料購入後、夕刻前より長田MK社にてタニゲと密会。そしてミシン踏む。大分こなれてきましたワイと自画自賛しつつ、ショバ代がわりに吊り込み。数をやる事はホンマに大事です。やればやる程に身体に染み込んでいきますからと、感覚の薄れてきているそれ、再度確認作業できました。
夕刻よりバイトにて耳鳴り。帰途、寒空の下、クリフォード・ブラウンにてクイック・クイックと踊る。疑いもなくドリンキン。

今日はとても冴えている

2007年1月19日(金)
ここ一週間、声がかすれている。このままいけばトムウェイツみたいになれるのかしらと、しゃがれ声でオハヨウサンと塾。今日はとても冴えている。

昨日のスニーカーに底をつけ、ラフサンプル作成(画像)。見た目も履き心地も、かなり良いあんばいですが、底材と履き口に修正が少し必要だろうということで、来週にでも。
底付けにおける製法にも一工夫したろと企んでますネンと。


昼前にスニーカーのラフを終え、午後からは、長田の貼り工さんへありがとうの靴、タカさんの靴のアッパーをやる。今回は内羽根のグッドシングル。いわゆるハンド・ソーン・ウェルテッドっちゅうやつでいきます。タカさん、ヒョロっとスマートなので、なんとなくこんなイメージ(画像)。底材も薄めにして、コバも控えめにしよかなと上がったそれ想像しながらアッパー作成。完成後、ラストと中底の癖付けまで。

Don't warry,be happy


2007年1月18日(木)
とーてむぽうる、とーてむぽうると腕組みをし、寝た振りをしながら心の内で念じてみれば、次第に身体は熱を帯びてきて、いやはや気分は赤道直下。嗚呼、何故にこんなに温かいのねん。等と通塾途中の電車内でこんな阿呆な事ばかりやっておるから今日もまた下車せねばならぬ今宮駅を通り過ぎる。よって、凝りもせずに通勤ダッシュをかましながら、足もつれながら塾へ。

朝からローファーの紙型をやる。紙上にて、開く場所やカットする場所、はたまた付け足す場所。今まで執拗に問うてきた「なぜ?」の意味を再確認する本日、直角ではなく斜め45度くらいの猫背な感じ(苦笑)。そんな合間をぬって一昨日のスニーカータイプの仮吊りをする(画像)。今回はライニングなし、カウンターも先芯もなしのアッパー。それ、吊り込み後に植田さんに試し履きをしてもらったら、カウンターはなくても履き心地に別段違和感はないとのこと。しかし、これに革の本底をつければ足を蹴りだした際に踵が浮きそうな予感。反り返りに負けてしまいそうデスネと危険予測。

これを回避する為には、もう少しゲージのあるアッパー材を使うか、もしくは極端に薄い底材を施すか、ドナイシタロ?といろいろ考えながら夕刻よりバイト。

帰途、i podから流るるは「don't worry be happy」。いえいえボビーさん、心配事などゴザイマセンとご陽気にドリンキン。本日も無事終了。
<<back|<432433434435436437438439440441>|next>>
pagetop