October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ロウ、ステタレバ・・・

2006.12.15
2006年12月15日(金)
思い立ったが吉日。これ僕のモットーと、アフターダークの夢中にて自らが導きだした底回り、はたまたサンダルのデザインを形にすべく、朝から材料調達の為、方々へ出向く。収穫物、革紐数色にソールトニック、さらにサドルソープにマスキングテープ等々。イマジン張り巡らせながら、いろいろと吟味。購入後、昼前に塾へ。早速作業開始。

ド○エモン、唯一満足できなかったロウにて艶の出た底回りをキヤスリで削り落とす。そこに、塾に常備されたソールトニックと、本日購入したそれを塗布。
結果、完璧なる理想の底回りにはならぬも、まずまずの満足度65パーセントといったところか。後の35パーセントは、おそらく底材の問題と、ヤスリ掛けの程度やろと推測。次回までにソレ、また実験のヒビ・オア・ムチュウを繰り返すのデス。

画像の奥はロウを施したヒール、手前はソールトニックを塗布したヒール。ダーティーな風合いに仕上げたかったので、今回はキヤスリまでにとどめました(後のガラス、サンドペーパー掛けは省く)。

机上の空論

2006.12.14
2006年12月14日(木)
朝から塾、今日も雨。サンダル作成の作業を開始。ラストはコレ、製法はコレともう粗方決まっておりまして、少々困惑の面持ちのボク。

マイ・フェイバリットなサンダルのトゥはラウンド。しかし手渡されたラストはスクエア。底付けがセメントなら丸いトゥの中底を無理矢理つくるのだが、それをしてしまうと伏せ縫い時にドエライ事になるので自粛。
自粛とはハハ、ボクも大人になりましたねぇ、などと意うてる暇もなく、「ドナイシタロ・・・。」と塾内のあらゆる資料を我が机上に持ち寄り、眺める事延々。

きょうそれだけでおわってもうた・・・あは。
今からネタ集めにネット上を徘徊しますワイとモン。

長さんとドングリ?

2006年12月13日(水)
朝から雨。本日もチャリンコにて通勤ダッシュをこます。
車窓、JR塩屋駅を過ぎたあたりから一面に広がる海。とおくの地平線、「今日はみえませんねぇ。」と瞼細め午前8時半ば、ダメだコリャとは言いませんが、長さんのような下唇になりながら塾へ。

外羽根モカ、サイドゴアのアッパーをこしらえる。サイドゴアやりながら何故か無性にドーパミン放出。「アノラストニコレホドコセバ、ソレ・・・」と終わりなき旅路にて疑いもなく脳内ファンタジー、ココチよか〜とボウズ、全くもってチープな面持ち。低気圧に打ち勝ちて本日、塾終了。うなだれたる昨日のそれ、しばし忘却の彼方へ。

夕刻よりバイト。帰途、電柱に下げたるはライブ告知。「ADV.1500yen ワンドングリ付き」ってドイウコト?(苦笑)。

ロウステル決意

2006.12.12
2006年12月12日(火)
小雨降りしきる中、てくてくと駅まで。朝から塾にて、ド○エモン、とりあえず昼までに完成。と、供に漏れたるは溜め息。

ロウを塗り、仕上げたときの底周りのイメージが脳とリンクしないのです。第一作目のベージュの自作靴のときも、降りて来たそれとは相違していました。ロウを塗る量や擦り込んでいく時の温度、熱を帯びたコテを当てる際の圧力。いろんな事を試してみるも、全くを持ってダメ。上がったド○エモン眺めつつ、混沌としたる本日終了。いつものごとし、ブツブツと独り言をたれながら夕刻よりバイト。

そんな最中、見えてきましたぁ、ヒトスジノヒカリ〜。
と、概念捨てる事も大事やねと南米あたりのミュージックにて。

ヒールの積み上げ作業にて

2006.12.11
2006年12月11日(月)
朝から塾。ヒールが高いと苦労しますねぇ、と今回は積み上げる事計5枚。ヒールのトップリフトとトゥ・スプリングのよい加減を想定しつつ、ヒールの顎の部分を一枚一枚少しづつ削っていきます。さらに、トップリフトの面積を両足とも同じ大きさにせねば完成したときのバランスは悪い訳であり、「その原因はどこゾ」と三十路、一人ぶつくさと終了間際まで悶々。
この行程でしっかりとラインを出しておかねば、ドエライコッチャなヤスリかけが待っておる事は前回、また前々回のくつにて痛感しておるので、大ザッパ、柄にもなく慎重にやりました(苦笑)。
その後、完成したヒール周りに木ヤスリ、ガラス、サンドペーパーの順に掛けていき、なんとか本日中に終了。明日は、底回りにロウを塗り、中敷き敷いて完成の予定。

ド○エモン、ド○エモン言うて、わざわざ自宅から赤いボンボリ持参して「しっぽ」つけはった人、明日、あなたのそれにトナカイの角ついてるかもよ、フフフ。と意味不明な犬走り。夕刻よりバイト。
<<back|<433434435436437438439440441442>|next>>
pagetop