July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

酔どれ靴


2007年2月18日(日)
昨日の夕方から眠りもせず、皆でわいわいと飲み続けている

おとの戯れ言
さけの戯れ言
くつの戯れ言
人生の戯れ言

帰途、右へ左へ身体揺らしながら歩いている

The Shoes Has Been Drinking(Not Me)

よたっているのは僕ではなく、コイツなのだよ・・・

2007年度西成製靴塾塾生募集



2007年度西成製靴塾9期生の募集要項が発表になったようです。

詳細は下記HPで記載されていますので、興味のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

http://seikajuku.hp.infoseek.co.jp/

くつ音


画像左が日本製で、右がイタリア製の革底。
見た目の色身の違いもさることながら、履き比べて気付いた事は靴音の違い。

歩いた時にイタリア製の方がコツコツと高く乾いた音を奏でる。
逆に日本製の場合はコトコトと低く湿った感じの音がする。

繊維の密度や堅さが靴音をかえる。

なんか、ギターみたいやね。

スイマスイマ


2007年2月16日(金)

塾、コクリコクリと底回り作業。

毎週末はスイマとの葛藤やねぇ。

コテをあてども焦点定まらず、遠くなるは皆の声・・・

気がつけばタイムリミット、終塾まじか。

あは、先週から一向に進展なしのタカさんグッド(画像)。

休み中に何とかしたろと道具一式詰め、夕刻よりバイト。

そう、これがスイマのもとデンネン・・・

稽古は裏切らへんのやでぇ〜


2007年2月15日(木)
朝から塾。
今日は生地のくつ、ストレートチップの内羽根アンクルをやる。
一昨日の斜めカットのそれは少し撓みが少ない気がしたので、今回は生地を大きめに裁ち吊り込みまで。

イメージした履き口やつま先のデザイン、線を逃がすべき場所。
出来上がった立体を想像しながら、それを平面(紙型)で、どのように描いていけばいいのかがわかるようになってきた。
数週間前から我に貸した課題、一日一足(1デザイン)計画が実を結びだす。
もう、直角猫背ではありませんぜ(笑)。

怠け者の僕が、信汗不乱に稽古を続けていけているのは、数ヶ月前の入塾時に師から授かった言葉のおかげです。

「稽古したら稽古した分だけ上手になるのやで、稽古は裏切らへんのやでぇ〜」

この人がおらんかったら今の僕はないなと、人生の恩人に感謝してみる今日この頃。
<<back|<435436437438439440441442443444>|next>>
pagetop