August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ミシンと架けてナントトク

腕ミシン
2006年11月11日(土)
土日祝は塾が無い。なので毎週、長田の我が前勤務先であるMK社にてミシンの練習をさせてもらっている。この場を借り、ホンマにホンマにありがとうです。

昼過ぎ、社に入るや否や「なんや、もう出戻りかいな」「あっ、エエとこおった、この底剥がしといて〜」「はよタイムカード押さな、遅刻やエ〜」などと長田流、粋な(?)こんにちわ攻撃に、いつも里帰りした気分やねぇ、と腕ミシンに向かう。ウムウムと足さばき、先週より少しですが身体に染み付いてきましたね。「急な曲がり角はジャジーに4ビートですな」と自分なりの解釈。わけわからんと言われながら、クルクルと縫い続け、まだまだステッチの幅定まらぬ数時間。これ、課題ですねと来週の我に着せ終了。帰り際、側におったデザイン師、机上にてしかめっ面しておったが、まあエエわ思て「だいぶよーなってきたでしょ?」と問うてみるのっけから「ワシはトランクス嫌いなんじゃっ」と意味不明・・・。恐るべしトミー・ナガオ、マイウェイにて遥か彼方(苦笑)。夕刻よりバイト。

週末のグッド

2006年11月10日(金)
塾、中底切り回し、グッドイヤー・ダブルの底周り整える事、延々と。フルブローグにてトリッカーズ、ダブル、浅はかな知識。ビニ板の上、硬質なるかたまりにて「ガリッ」と鈍いおと。これがまた、そうとうなものであって、研いでも研いでも刃先はままならず悲しきかな曇天。それでもなんとか作業やり終えれましたので、よかったよかったと塾終了後砥石と格闘。アバンギャルドなギャランドゥ、恐るべし独創・・・・・つわもの・・・。

D難度にてカオス

つまみ2006年11月9日(木)
塾、久々にミシンミシン言うてポスト。いやはや、実に良く出来たミシンですねぇ。感度良好、タッチもソフトにて繊細。「あぁ、高級ティッシュペーパーのようやね」と一人、戯れ言を抜かすのです(笑)。アッパー、今回はパイピングではなく、少しつまみでD難度くらい。裏をすき、芯を入れカタチ作り、つまんで縫う。これ、面白いですねと、新たな技に舌鼓を打ち、収穫の本日終了。昼食のさなか心理テストにて、「あなたは黒ヒゲ危機一髪を傍ら方に、赤色の滑り台をジャージ姿にて、ワーイ、ワーイ、言いながら滑り落ちることが今の夢です。」と、あまりにもチープが故、残酷。夢と言うてもこんなもの、明日にでもかなうではないかと思いながらカオス・・・。

紙上の至上

2006年11月8日(水)
塾、本日も机上、悶々と直角猫背にて眉間に皺。紙型、緻密であり理論的な方法を学び、驚き、そして感服。師の紙上にて繊細にうごめく線に至上。ペン先は戻るくせに線は戻らんよってにマジックなのにトリックなく、これ、疑いも無く技。生まれてから今日に至るまで、こんなきれいな線を描く人は見た事ありませんよ言うて、「あーーーーーぁ」と心の中で感慨無量の限りに浸る三十路。午後、なんとかかんとか紙型切り終えて、雲形定規、マストアイテム言いながら本日終了。帰途、ループラインにてホリゾンタルとぞうご。

例えて2

2006年11月7日(火)
紙型の作成にて、仮に答えは「2」。それに向かうべくして考えられる計算式は1+1、2×1、4÷2、はたまたと無限にあるのであるからして、方法はいろいろ。自分にあったやり方を探すべく、終日、机上にて葛藤の嵐ひゅうひゅう。眉間に皺寄せながら、フムフムとぼむ。帰途、キューバミュージックにてサルーな今宵よアディオス言うてみてもなんの意味もなく、床にて。
<<back|<436437438439440441442443444445>|next>>
pagetop