January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

長さんとドングリ?

2006年12月13日(水)
朝から雨。本日もチャリンコにて通勤ダッシュをこます。
車窓、JR塩屋駅を過ぎたあたりから一面に広がる海。とおくの地平線、「今日はみえませんねぇ。」と瞼細め午前8時半ば、ダメだコリャとは言いませんが、長さんのような下唇になりながら塾へ。

外羽根モカ、サイドゴアのアッパーをこしらえる。サイドゴアやりながら何故か無性にドーパミン放出。「アノラストニコレホドコセバ、ソレ・・・」と終わりなき旅路にて疑いもなく脳内ファンタジー、ココチよか〜とボウズ、全くもってチープな面持ち。低気圧に打ち勝ちて本日、塾終了。うなだれたる昨日のそれ、しばし忘却の彼方へ。

夕刻よりバイト。帰途、電柱に下げたるはライブ告知。「ADV.1500yen ワンドングリ付き」ってドイウコト?(苦笑)。

ロウステル決意

2006.12.12
2006年12月12日(火)
小雨降りしきる中、てくてくと駅まで。朝から塾にて、ド○エモン、とりあえず昼までに完成。と、供に漏れたるは溜め息。

ロウを塗り、仕上げたときの底周りのイメージが脳とリンクしないのです。第一作目のベージュの自作靴のときも、降りて来たそれとは相違していました。ロウを塗る量や擦り込んでいく時の温度、熱を帯びたコテを当てる際の圧力。いろんな事を試してみるも、全くを持ってダメ。上がったド○エモン眺めつつ、混沌としたる本日終了。いつものごとし、ブツブツと独り言をたれながら夕刻よりバイト。

そんな最中、見えてきましたぁ、ヒトスジノヒカリ〜。
と、概念捨てる事も大事やねと南米あたりのミュージックにて。

ヒールの積み上げ作業にて

2006.12.11
2006年12月11日(月)
朝から塾。ヒールが高いと苦労しますねぇ、と今回は積み上げる事計5枚。ヒールのトップリフトとトゥ・スプリングのよい加減を想定しつつ、ヒールの顎の部分を一枚一枚少しづつ削っていきます。さらに、トップリフトの面積を両足とも同じ大きさにせねば完成したときのバランスは悪い訳であり、「その原因はどこゾ」と三十路、一人ぶつくさと終了間際まで悶々。
この行程でしっかりとラインを出しておかねば、ドエライコッチャなヤスリかけが待っておる事は前回、また前々回のくつにて痛感しておるので、大ザッパ、柄にもなく慎重にやりました(苦笑)。
その後、完成したヒール周りに木ヤスリ、ガラス、サンドペーパーの順に掛けていき、なんとか本日中に終了。明日は、底回りにロウを塗り、中敷き敷いて完成の予定。

ド○エモン、ド○エモン言うて、わざわざ自宅から赤いボンボリ持参して「しっぽ」つけはった人、明日、あなたのそれにトナカイの角ついてるかもよ、フフフ。と意味不明な犬走り。夕刻よりバイト。

渦中へ

2006.12.10
2006年12月10日(日)
昼前起床、ヒール周りの作業開始。
包丁にて底回り切り回しながら、ふとした気の歪みにて起こりうるミステイクを繰り返す。その瞬間、ごくまれにではあるが飛来してくる新たなるイメージを体感するそれは、あたかも偶然にして必然であったかのように紡ぎだされ、キレイに整頓されたる自らのイメージを凌駕する。すなわち混沌とした渦中へ。

これが実に気持ちよく、心地よい。漂う空気感に浸りながら閉塞的な空間にて夕刻まで。

晩方、神戸三宮の「音屋」へ旧友のライブを観るため足を運ぶ。いやはや、ここにもまた構築的とはほど遠い生身の人間の音が溜まり、漂っている。音の隙間、ステージの傍らではキャンバスに向かう絵描きがおり、線は延々と蜷局を巻いている。リアルタイムで紡ぎだされるイメージ。それら一切合切まるで羊水に浸っておるかのごとし、果てしなくディープな空間。それに酔う事しばし、虚空と現実の狭間を行き来しながら本日終了。

クドちゃん、エゲツないほどカッコエエでな・・・。

煙草の煙りが目にしみる・・・

2006.12.9
2006年12月9日(土)
今日はよう寝ましたと、昼過ぎより長田のMK社へ着くやいなや、「来るの遅いねん、はよ、こっちや〜」とヤットコ(ワニ)持たされ、流れの渦中へ。「ショバ代やショバ代や」と皆に促されながら吊り込み。「あの〜、ボク、まだ上着も脱いでないんですが」と言えども誰も聞く耳持たず、これ、匆々と言う事デスナ・・・(苦笑)。その後、合間を見計らいミシンの練習。その傍ら、デザイン師と紙型について云々、至福。

そんなバタバタとした最中、長田のオカン3人集の一人、ア○ちゃんへ「ありがとうのくつ」をようやく納品。試し履き後、「サイズばっちりやでぇ〜、エエやんか〜」言うてくれました。

「ちゃんと履いてヤ〜」と僕。
「イヤ、履かん!」とア○ちゃん。
「なんでやねん、履かな意味ないやんか〜」と返してみれば、
「アンタが有名になったらな、オークションに出すねや。記念すべき第一号の靴やからな、高う売れる訳やぁ」やってさ。
「・・・・、なんじゃそりゃ〜」

最後の鍵カッコに秘められたる想いは、ボク、一生忘れません。引き出しの中にしまっておくわなア○ちゃん。こちらこそありがとうやでぇ〜。

「真心こめて作ったくつ、プライスレス」と、アホな事ぬかしながら夕刻よりバイト。煙草の煙りが目にしみるワイ・・・(苦笑)。
<<back|<438439440441442443444445446447>|next>>
pagetop