July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

1ミリィ〜!


2007年2月5日(月)
朝からなんか腹減った。
コンビニでカプリコ買ってパリパリと塾へ。

そうそう、まだ続いている。
「あっ、レジ袋いいっすわ」計画(笑)。

エ〜、たかさんグッドのウェルトと本底を縫う。
だいぶんスピード付きました。
この縫い目(画像)、職人としての究極は1ミリピッチだそうだ。
1ミリィ〜、1ミリィ〜、1ミリ〜!と、とりあえず大袈裟にやる。

そこにいなたさを感じた時に挑戦してみますワイ。
当分は自粛します(苦笑)。

今日はトムじいの「orphans」二枚目ヘビーローテーションです。
なんか、「Down There By The Train」のピアノの部屋鳴りがイイッス!

せつないね〜。

立ち止まって一服しよう

2007年2月4日(日)
神戸から電車にコトコト揺られながら京都へ。
そこからバスで40分程、今日は金閣寺まで。

参拝料400円と引き換えにお札をもらいなかに足を踏み入れれば、たちまち時の流れが緩やかになった感じ。
鏡湖池に佇む金閣を左手に眺め、白蛇の塚、夕佳亭を経て不動堂でお賽銭入れ鐘を3つばかし。
なんかようわからんけどもおねがいしますと手を合わしてみる。

途中の茶所で柄にもなく抹茶を頂く。
結構なおてまえでと一人ごち、その後で生姜入りの甘酒を頂くもアルコールド低し、まあよろし(苦笑)。

みやげやでコースターや手ぬぐいに用いられている染めに靴の可能性を感じながら、金閣寺を後に。
このまま駅まで真っすぐ帰るのもなんなので、ふらふらと界隈を散策。

知らない街のなんの変哲もない路地裏。
ひなたぼっこのねこや室外機のファンの音。
山の裾根に佇む古風な民家。

そう、砂利道を革底で踏みしめる音ってのはすてきやね。
今日はこいつでジャッ、ジャッって歩いている。

ざらざらとした街の喧騒からしばし抜け出した今日、気がつけば肩の力がすとんと落ちていた。

誰かの言葉を思い出した

立ち止まって一服しよう

逃避癖


2007年2月3日(土)

半日間眠り続け、夕方起床。
インターネットと世界地図を広げ、行ってみたい国リストをつくる。

キューバ、メキシコ、チリ、タイ、ジャマイカ・・・。

ここ最近の閉塞的な生活からの逃避行を計画しつつ、酒飲みつつ、お香炊きつつ、革のにおいを嗅ぎつつ、明日は京都へでも行こうかと。

今日はくつ、履いてないな。

なんだか緩い日



2007年2月2日(金)

電車が遅れていて神戸駅でしばし待ちぼうけをくう。西の方で信号機が故障したらしい。上着のポケットに手を突っ込み、首を縮める。

朝の空気は冷たくて重い。

数十分遅れで到着した電車は徐行と停止を繰り返しながら目的地へ向かう。外気を遮断された車内は、詰め込まれた人々の体温で生温かく、まるでビニールハウスのようだ。もう少しすればスプリンクラーが上方から降りてきて水が撒かれる。陳腐なSF映画のような光景が頭の中をかすめ、思わずはなで笑った。今朝食べた酸味だけのトマトを思い出して唾液が出た。

今日は朝からゆっくりと時間が流れている。

開始時刻より一時間近く遅れて到着した教室の空気は、なんだかピンと張りつめているよう。というよりかは今日の僕が緩いせい。タカさんの靴に本底を付けてカタチを整えていく。途中、材料がなくなったので作業を中断し型紙を作成。

夕刻、西日が教室内をオレンジ色に染め、子供らの声が廊下にこだまする。

今日一日、何かがすっぽり抜けている感じがする。
それがなんだかは分からないけれど、悪い心地ではなかったりする。

ぼくじゅくつ



2007年2月1日(木)

一日一足計画、今日はつま先に「ぼくじゅ」をたらしたようなくつを2パターンやる。

午前中までに紙型やり終え、昼休みコクさんと電話でやり取り。
音信不通の数年感を数十分の会話で埋めるのはとても無理な話で、名残惜しげに電話を切る。「わ〜、久々に酒でも呑みたいですね〜」といえども、僕は関西、コクさんは関東。時間見つけてまた東へ御邪魔しますのでそのときはよろしくです。

午後、感慨に浸りながら悶々と製甲&吊り込み。タイムリミットぎりぎりでなんとかカタチになりましたワイ。これ、アンクル丈のもやったろと夕刻よりバイト。

あは、就業時間延長デスカ・・・。
身体もつやろか・・・。
<<back|<438439440441442443444445446447>|next>>
pagetop