December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

テキサスあたりのフリーウェイ

2006.11.23
2006年11月23日(木)
昼過ぎより作業開始、さぁ、やったるでと意気揚々。ダシ針と毛針を使い、貼付けられたウェルトと本底を一穴一穴ていねいに縫い付けていくのであるが、これ、如何せんグッドイヤー初挑戦の小生、ダシ針にて穴、なかなか開かず、やっとでた底面のそれはまさに素っ頓狂な場所にて、吹いたるは驚愕の嵐ひゅーひゅーと。更にウェルト上の糸目はピッチ定まらず「なんでやねんっ」とツッコミいれもって三段落ちが故チープなオレ・・・。縫うて行くウェルト上の糸目、坊主が猛スピードで突っ走ったとて15分にわずか5、6目。どこまで続くねんと、最果ての地まで遥か彼方。すなわちテキサスあたりのフリーウェイ・・・。と、こうべをたれながら片足すら完成せぬ事、悶々たる5時間程。明日も砂埃まき散らし、フリーウェイをひた走るのですと、夕刻よりバイト匆々。

けったいな生き物

2006年11月22日(水)
 朝から「電車遅れまして〜」と、あまりにも業務的な車内放送聞きながら、「申し訳ありません、今電車遅れてまして」と、絞り出す声あちらこちら。この人ら、あやまりながら、それやっとるけども、きっと心の中では「ハハハ、ザマーみさらせ。めんどい仕事せんでエエやん、いっそ、このままとまっとけ〜」などと思とるんやろねぇ。これまさに本音とたてまえ、いうやつですか。人などはけったいな生き物、本音だけでエエんちゃうん、なぁ・・・(笑)。
 塾、ファスナーブーツ縫い、内バネアンクル断ち、縫う。時間が余ったので、土曜日の製甲練習用に革断ち、漉きをかけて終了。明日の休日の課題は、昨日のグッドの底回りを時間の限りやると言う事で、道具箱とラストをカバンに詰める。休日前後のカバン、ホンマに重いです、言うてみても、ギターやらエフェクターやら持って走り回っとった時よりかはまだマシやんか、と自らに言い聞かせながら、夕刻よりバイト。
 帰途、レッチリにて、すぱぁくするパンタグラフ。いみなし。

スパイラル延々と

2006.11.20
2006年11月21日(火)
朝から塾、グッドイヤーの底回り作業。つり込み後、ウェルトと中底を縫い、そして本底とウェルトを縫う。これ、大変な作業です。しかしながら、その傍らにてノルベージェ、ノルウェージャンなどと、これよりもっと大変な作業やっとる人もおる訳で「アイヤ〜これ、ややこいですね、しかし」とは言えず、喉元まで出かかったそれ、タブレットと供に飲み込みつつ、凛として達観をかますのです(笑)。

僕にとってくつなどは、もはやファンタジーの至りですねぇ。底周りだけを取ってしても数多くの製法があって、またそれにアッパーの形状、ラストのカタチなどを組み合わせて・・・。すればこれ、延々とスパイラルのごとし無限。際限なく現れるイマジン、カタチにする時間足りず、ノートブックに書きためるネタ帳にて、字、汚過ぎ、これ疑いもなく脳内ファンタジー、無精に生えたヒゲ撫でながらウムウムと。

またもや寝不足の本日、なんとか終了。白目にてシガーロス、床にて。

パズル

2006.11.20
2006年11月20日(月)
 昨夜のジャームッシュ、デッドマンにて週明けから寝不足のぼく。はは、ぼく言うたったと言うてみたりする程の睡魔(苦笑)。そんなこんなで朝から塾。今週も挑んでって、ピンッと指先ではじき飛ばされバンザーイとやりまッセ〜と、西成へ。

 ジャズにおけるインプロビゼーション、野球の試合運び、はたまたコメディアンのアドリブ。そんなものを毎日、靴作りにかぶせてみるのです。さすればそれ、感嘆たる響きの所存。そこに秘めたるは直感?感性?感覚?。理論にとらわれすぎれば机上のアドリブ。ツーファイブにてパパラパパパ〜とやっても、誰もこんなもんみたないワイ、となってしまうのですねぇ。と脳内きりきりまいの本日、机上にてとらわれすぎ、久々の直角猫背のぼく・・・。あきませんヤン。そんなボウズに師、「大丈夫か〜、なんでもやったらエエねんで〜、実験やぁ〜、思とるようにせぇ、はよやれ〜」とおおらかに我がケツ叩くからして、もう、ホンマこの人にはかないません。足りなかったパズルの1ピース、埋めてもらいました。師、偉大過ぎます。カッコエエなぁ〜こういう人、ムッチャ好きですよって〜、と左の胸の奥の方で叫ぶこえが・・・(笑)。ボク、オカシイデスカ?言うてすいま。

塾終了後、夕刻よりバイト。帰途、オールドジャズにて軽快なスイングの腰さばき。閑散たるホームにて踊る。

トリッペンとロードムービー?

アンティーク
酒のあてにはシュークリーム。いえ、もといシューケア言うてみながら、そろそろくたびれかけて良いあんばいになって来たトリッペンにアンティーク風なシューケアをやりました。といっても、別段なんにも難しい事はしてません。

とりあえず、ステインリムーバーで汚れを落とし、靴より濃い色のクリームを塗り込むのです。ただそれだけ。普通、靴の色より一色薄い色のクリームをほどこすのがセオリーのようですが、「自分のもんには自分なりのセオリーでイイんじゃない?」と、アンティーク風にしたいのやねんと、kokochi流にて今回は靴クリームにダスキーブラウンを使用しました。

塗る際のポイントはアウトステッチの施されたコバ周りと、切りっぱなしの履き口やベロ、その他、革の切り口にクリームをしっかり擦り込むという事。さすればホラ、画像の右側にあるように落ち着きをかもしながら、また、ズシリとした質感の靴に・・・。とはいってみても分かりずらいね、この画像では、ハハハ。まあ、これを何度となく繰り返していけば、更に愛着のある相方になっていきます。

愛すべきロードムービー、そんなくつに憧れながら、コイツにそれ、重ねる訳やね(苦笑)。
<<back|<439440441442443444445446447448>|next>>
pagetop