February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

おもちゃ箱

2006.12.4
2006年12月4日(月)
通塾途中、M商店にて頼んでおいた底材を受け取る。社長共々、ホンマエエ人で、小僧の無理も笑顔で聞いてくれます。あったかいなぁ、ありがとう、また頼んますと塾へ。

中底癖付け後、先日MK社にて、あわせした青色ニットを使いアッパー作成。アクセントに白のスエードで、パイピング。いや〜、まだまだ性凝りもせず、ガタガタといびつな曲線を描いておりますねぇ。と、縫製において、課題は積もるばかりです。

しかしながら、今回ばかりはコレが功を奏し、アッパーはまるで、ひっくり返したオモチャ箱から飛び出して来たような風合いに(どんなんやねん・・・)。
「イイじゃないっすか〜っ!」と慰めにも似た言葉を我に吐きつつ、ミシンへと向かう。イメージはト○・ストーリー。まるでそのまんまヤンか、と、飽くまでポジティブな面持ちのぼく(苦笑)。

塾終了間際、「これ、アニメやねん」と周りに言い触れてみれば、口々に「アニメやアニメや」と賞賛のお言葉。ハハ、イメージと技がリンクする、とはこういう事なのですねと、笑み絶えずヘラヘラしておる我に、塾生、口を揃えて言う。

「ドラエ○ンでしょ?スゴイ発想やね〜」

「・・・・・・。」

あは、ボクもうムンクのごとし、やつれコケマシタ・・・(笑)。

たまには映画の戯れ言

2006.12.32006年12月3日(日)
昨夜の「ブロークンフラワーズ」より、延々とDVD見続ける。
スパイク・リー「25時」にて、洗練されたるNYの町並みに潜り込み、デビッド・リンチ「ストレート・ストーリー」では、ざらざらとした質感のもと、フリーウェイを行くトラクターと老人の姿に心奪われる。
その後、10年ぶりくらいにゴダール「パッション」を見るも、これ、難解デスナ…
そして、締めはジャームッシュ。煙草なんて大人のおしゃぶりさ、とトムウェイツの台詞を噛み締めながら煙ひゅうひゅう。傍らには安物のワイン。「コーヒー&シガレッツ」。我が現実の世界では、疑いもなく「アルコール&シガレッツ」っす。

映画と言う虚空の空間に彷徨い込み、それに自らを重ねてみれば、これ、休日のショートトリップ。あ〜、今日はいろんな場所へ生きましたワイと、へべれけ…

ジャームッシュ、じゃぁムッシュ言うて・・・

2006年12月2日(土)
午後よりMK社にて、靴における生地の扱い方について、いろいろな知識を得る。
この生地やったらカウンター周りはコレ、トップラインにはコレと、合わせの材をかえながら理想のカタチを作って行きます。遠きを知りて近きを知らず、誰かの言うてたそれが頭をかすめますねぇ。
合成皮革を靴にする為のノウハウ。エゲツないほど繊細やななどと、感じながら、先週のウワサの乱気流さんと程よく美酒に酔う(笑)。
しかしアツイわ、このひと。ルーキーよ、こんな人にもっとしがみついてけよと、ゲキとばしながらほろ酔いにて本日終了。

帰宅後、ジャームッシュ「ブロークンフラワーズ」みる。僕の心の核心に触れるか触れんかのギリギリの領域にて、ずっと漂う浮遊感に、もう、含み笑い絶えず、「これはそれ、ねろてますやろ?」と挑戦状を受けて立つ2時間程。なんの理由もなくエエ!ドナイやコナイや言う前に、「見てみんかい、やってみんかい。」という事ですワ(笑)。

染色

2006.11.30
2006年12月1日(金)
朝から塾。昨日のロングノーズの型紙の仮アッパー作成後、羽根とトゥを修正。あまりここでとらわれすぎれば、また直角猫背が待っておるので、後は吊り込みで、ミリの調整やったろと、革を断つ作業へ。
その際、裏革の銀面のツヤが少しチープな面持ち。そこに、今週購入した染め液を施してみる。革の銀面に鼻を近づけると、ラッカーのにおいがしていたので、「あぁ、上手い事のらんな」と思ったが、とりあえず試し塗り。
結果、やはりはじきます。
よって、一度、シンナーで銀面を拭き、表面を殺しておいてから染め液を塗布すれば・・・。正解でしたね(笑)。落ち着いた風合いの、古ぼけたようにも見える様になりました。
今回の染色作業のように、ルールに添いながらも、それらに自分のテイストを混ぜて行くことが、オリジナリティーへと繋がって行くのでは。などと思ってみたりもするのだが・・・。

その後、裏革を断ち終え、本日終了。夕刻よりバイト。

さすらいのチャリンコ

2006年11月30日(木)
朝から塾。次の靴はロングノーズの青い内羽根。アッパーはウールを使います。青でこのディティールは、あまり見かけませんよと、頭の中でイメージは完璧なまでに出来上がりました。「ウッヒョー、後はこれをカタチにするだけだゼ〜」と、何故か江戸弁、されど紙型にて、またもや直角猫背なぼく。ココ1ミリ・・、デコレニミリ・・・と狼狽の本日。なんとか紙型、切り終わり、仮縫いまで。明日はもうちょっと詰めてって、イメージに近づけ、来週からつり込みヤリマンネン。これ、ヤツのくつですわ(笑)。

バイト終了後、帰途中の電車内。「エライ混んでますね〜」。あぁ、そろそろ忘年会シーズンやもんネェ。と、ふと考える。忘年会、すなわち年を忘れる会???。なんじゃそりゃ〜、忘れるなよ〜っ、人生を刻めよ〜、このウスラトンカチィ〜、と、我が肩にうなだれる同年代であろうスーツ姿のビジネスマンに、オーラ送るが力不足でしたわ。「ガァ〜」言うてました・・・。クソッ、俺も寝た振りこましたろ(苦笑)。

民生聴きながら寒空の下。さすらいもしないで、このまま死なねぇぞ。と、息弾むチャリンコのペダル。
<<back|<442443444445446447448449450451>|next>>
pagetop